ガイドの申込みトレッキング募集花のパノラマ トレッキングプラン トレッキングガイド
北東北の百名山アクセスと登山道ホテル・旅館・民宿
四季彩をめぐる山旅にようこそ
森吉山は「花の百名山」として親しまれ、冬は樹氷群をめぐる銀嶺の世界が誘います。
奥森吉は太平湖遊覧と小又峡散策、クマゲラの森を逍遥し桃洞渓谷へ、
そして天国の散歩道を遡行する赤水渓谷のウォータートレック。
奥阿仁は中ノ又渓谷の安滝、立又渓谷は一ノ滝〜二ノ滝〜幸兵衛滝の名瀑めぐり。
ぐるっと森吉山は、どの季節も、どの瞬間も、見所いっぱいのフィールドが自慢です。

<HPの写真は、フィールド別に歩道をトレースするように配置しています>

ネイチャーガイドがぐるっと森吉山を中心に
北東北の百名山・2百名山をご案内いたします。
ぐるっと森吉山のメニュー
Photo Gallery
●森吉山遠景
●森吉山の四季
 ・春の足音
 ・新緑
 ・春〜初夏
 ・夏〜盛夏
 ・夕焼けの造形
 ・錦秋
 ・晩秋
 ・厳冬
 ・森吉山の花図鑑
 ・森吉山からのパノラマ
 ・森吉山頂部のパノラマ
 ・花のパノラマ
●小又川の四季
●太 平 湖
●小 又 峡(三階滝)
●山麓高原(奥森吉散策拠点)
●クマゲラの森の四季
●桃洞渓谷(女滝)
●赤水渓谷(天国の散歩道)
●桃洞〜赤水渓谷周回
●桃 洞 杉(天然記念物)
●様ノ沢渓谷(九階滝)
●中ノ又渓谷(安滝)
●立又渓谷(幸兵衛滝)
トレッキングガイド(マップ)
●壁紙(ディスクトップ用)
森吉山の形成史
●森吉山の出版物

 北東北の名山メニュー
Photo Gallery
●岩手山(100名山) 
●裏岩手連峰縦走コース
●八幡平(100名山)
●焼 山(200名山)
●秋田駒ヶ岳(200名山)
●乳頭山(200名山)
●白神山地(世界自然遺産)
●八甲田山(100名山)
●鳥海山(100名山)
●栗駒山(200名山)


※このサイトの画像/内容についての著作権は
全て管理者にあります。<無断使用禁止>


ぐるっと森吉山ダイジェスト
フォトモーションをお楽しみください
森吉山の四季(冠岩) 森吉山遠景
クマゲラの森の四季(奥森吉)  桃洞渓谷:横滝(奥森吉)
赤水渓谷:天国の散歩道(奥森吉) 様ノ沢渓谷:九階滝(奥森吉) 
太平糊(奥森吉) 小又峡:化ノ堰(奥森吉)
中ノ又渓谷 :安滝(奥阿仁) 立又渓谷:二ノ滝(奥阿仁)

ネイチャーガイドの申込み
2020 トレッキング募集の申し込み 

             <10月22日現在>
@フィールド情報

●森吉山頂部一帯の紅葉はお開きになりました。
・ゴンドラ展望のブナ林の黄葉が見頃です。
・森吉山も初冠雪を迎えようとしています。
●奥森吉のクマゲラの森のブナ林は林床まで紅葉が降りてきました。
  黄葉の見頃は下旬まで。
●桃洞・赤水渓谷は、ウォータートレッカーの別天地。
  深山幽谷の錦が山のサンゴ礁のようになりました。
  今がフライマックスです。
●太平糊湖畔と小又川の紅葉は下旬まで楽しめそうです
●安滝ホールの岩稜の紅葉が見頃になりました。
  渓谷全体の紅葉は10月20日以降です。
●立又渓谷の一ノ滝、二ノ滝、幸兵衛滝が見頃です。
A森吉山ゴンドラ運行
●11月1日まで毎日運行されます。
B太平糊遊覧船の運航
●9時30分から1時間おきに運航。帰りは小又峡4時が最終です。
●11月3日まで毎日運航されます。
Cアクセス、登山道
●奥阿仁の安滝林道(2.5/5q)と歩道2qすべてが整備されました。
・安滝は滝壺まで足を運ばれたい。
・立又渓谷歩道は渡渉2ヵ所有り。
Dバリエーションルート
●奥森吉
・赤水渓谷の兎滝までは全て沢歩き。要沢シューズ、要ガイド。
・桃洞〜赤水渓谷上流部周回コースは遡行装備、要ガイド。
・安滝上流部周回コースは
遡行装備、要ガイド。

私たちは、ぐるっと森吉山の自然を「知り・護り・伝える」活動をしています。
組織概要 活動概要 活動日誌 寄付のお礼

NPO森吉山ネイチャー協会
<事務所> 〒018-4302 秋田県北秋田市浦田字浦田65
携帯:090-2366-8201 電話:0186-73-2510(10秒で携帯に転送) FAX:0186-84-8084
Eメール