== ぐるっと森吉山ポータルサイト ==
※ 四季の絶景をセレクトしました。フォトモーションでお楽しみください ※
ガイドの申込みトレッキング募集花のパノラマ トレッキングプラン トレッキングガイド
北東北の百名山アクセスと登山道ホテル・旅館・民宿
四季彩をめぐる山旅にようこそ
森吉山は「花の百名山」として親しまれ、冬は日本三大樹氷群をめぐる銀嶺の世界が誘います。
・奥森吉は太平湖遊覧と小又峡散策、クマゲラの森を逍遥し桃洞渓谷へ、
そして赤水渓谷は[天国の散歩道]と称するウォータートレックの別天地。
・奥阿仁は中ノ又渓谷の安滝、立又渓谷は一ノ滝〜二ノ滝〜幸兵衛滝の名瀑めぐり。
ぐるっと森吉山は、どの季節も、どの瞬間も、見所いっぱいのフィールドが自慢です。


ネイチャーガイドがぐるっと森吉山を中心に
北東北の百名山・2百名山をご案内いたします。
ぐるっと森吉山フィールド
Photo Gallery
@ 森吉山遠景
A 森吉山の四季
 ・春の足音
 ・新 緑
 ・春〜初夏
 ・夏〜盛夏
 ・夕焼けの造形
 ・錦 秋
 ・晩 秋
 ・厳 冬(日本3大樹氷群)
 ・森吉山の花図鑑
 ・森吉山からのパノラマ
 ・森吉山頂部のパノラマ
 ・花のパノラマ
B 小又川の四季
C 太平湖 遊覧
D 小又峡 (三階滝〜縦走路)
E 山麓高原 (奥森吉散策拠点)
F クマゲラの森の四季
  (国指定鳥獣保護区)
G 桃洞渓谷 (女滝と上流部)
H 赤水渓谷 (天国の散歩道)
I 桃洞〜赤水渓谷周回ルート
J 桃 洞 杉 (国天然記念物)
K 様ノ沢渓谷 (九階滝)
L 中ノ又渓谷 (安滝と上流部)
M 立又渓谷
  (一ノ滝〜二ノ滝〜幸兵衛滝)
N ぐるっと森吉山フォトシアター
O 里山と路傍の花たち
トレッキングガイド(マップ)
森吉山の形成史
★森吉山の出版物

北東北の百名山・2百名山
Photo Gallery
@ 岩手山(100名山) 
A 裏岩手連峰縦走コース
B 八幡平(100名山)
C 焼 山(200名山)
D 秋田駒ヶ岳(200名山)
E 乳頭山(200名山)
F 白神山地(世界自然遺産)
G 岩木山(100名山)
H 八甲田山(100名山)
I 鳥海山(100名山)
J 栗駒山(200名山)


※このサイトの画像/内容についての著作権は
全て管理者にあります。<無断使用禁止>

ぐるっと森吉山フィールド
フォトモーションをお楽しみください
@ 森吉山遠景 A 森吉山の四季   B 小又川の四季(奥森吉)  
 C 太平糊遊覧(奥森吉)  D 小又峡(奥森吉:三階滝) E 山麓高原(奥森吉)
F クマゲラの森の四季(奥森吉) G 桃洞渓谷(奥森吉:桃洞横滝) H 赤水渓谷(奥森吉:天国の散歩道) 
I 桃洞〜赤水周回コース(奥森吉)   J 桃洞杉(奥森吉) K 様ノ沢渓谷(奥森吉:九階滝) 
  L 中ノ又渓谷 (奥阿仁:安滝) M 立又渓谷(奥阿仁:一ノ滝)
 N ぐるっと森吉山フォトシアター

ネイチャーガイドの申込み
 2022 トレッキング募集要綱

<新着情報>5月20日更新
●森吉山は残雪の春山に変身しました。
●奥森吉の小又川流域は春紅葉が真っ盛り。
●奥森吉環境省野生鳥獣センター方面は通行可能
・法面や路面上の落石要注意。
クマゲラの森の芽吹きが鮮やかになりました。
・残雪に芽吹くクマゲラの森トレックに出かけましょう。
・ノロ川歩道は風倒木処理中。
桃洞渓谷の横滝は水量が圧巻。
桃洞滝(女滝)までは歩道に雪渓があり。
渡渉用飛び丸太が未修理のため水量が多くて渡れません。
・長靴を履いて入渓してください。飛び丸太の修理は5月下旬に完了予定。
●奥阿仁の安滝林道は通行可能
渓谷の芽吹き今が見頃。
・法面や路面上の落石要注意。
・安滝歩道は大きなスノーブリッジが1カ所あり、要注意。
安滝の瀑布と芽吹きのコラボが圧巻です。
●県道比内森吉線は路肩損傷により開通時期未定。

私たちは、ぐるっと森吉山の自然を「知り・守り・伝える」活動をしています。
組織概要 活動概要 活動日誌 寄付のお礼

NPO森吉山ネイチャー協会
<事務所> 〒018-4302 秋田県北秋田市浦田字浦田65
携帯:090-2366-8201 電話:0186-73-2510(10秒で携帯に転送) FAX:0186-84-8084
Eメール