<奥森吉>
   渓谷
Photo Gallery
天国の散歩道へようこそ
〜 山のサンゴ礁を巡るウォータートレック 〜

<まだ、人間が壊したことがない、神秘が手招きする箱庭の造形美>
奥森吉は、巨木の森と渓谷遊び。
赤水渓谷は、太平湖・小又峡上流部のブナ原生林を流れるノロ川源流部の一つだ。
野生鳥獣センターから立川歩道とノロ川歩道を経由し、
「クマゲラの森」を3q歩む森林浴を楽しむと、桃洞・赤水分岐に出る。
ここから桃洞渓谷の一枚岩盤の河床を対岸に渡り、赤水渓谷の渓畔に沿って約300m進む。
やがて森は開け、渓谷の出会い(砂場のプール)に出ると、おう穴に注ぐ小滝が快音で迎えてくれる。
ここからウサギ滝までは約3.2q。長いナメ床にナメ滝とおう穴が延々と連なるウォータートレッキングが始まる。
一枚岩盤の穏やかな流れの水深は5〜20cm、おう穴にはイワナが群れる。
渓谷の出会いから約2.0q地点が玉川分岐だ。
支流の左沢は、赤水峠を経由し日本秘湯の一つ、玉川温泉への湯治場古道でもある。
本流の右沢1.2q先に、シンボルのウサギ滝が待っている。
U字渓谷に張り付いたカン木林の芽吹きと錦は、尾根筋のキタゴヨウマツ、ネズコに連なる。
四季折々の渓谷美は「天国の散歩道」と称している。
ウサギ滝の上流部は、3〜15メートル前後のナメ滝とおう穴が源頭まで連面と続く。、
その枝沢の一つが尾根越えで桃洞渓谷の左ノ沢につながる上流部周回コースとなっている。
テラス状に比高を重ねる深山幽谷の箱庭は、一度は体験したいシャワートレッカーの別天地である。

 ウォータートレッキングの留意事項

まだ、人間が壊したことのない
赤水渓谷のメニュー
@ 桃洞赤水分岐から兎滝までの往復コースです
初夏〜盛夏 秋〜晩秋

A玉川温泉までの湯治場古道です
 初夏〜錦秋の頃

B 桃洞渓谷⇔赤水渓谷の上流部を周回するゴールデンルートです
兎滝へ   乗越しから降りた赤水渓谷出会いの千畳地   赤水本流へ

トレッキング
ガイドは
こちら
●赤水渓谷は歩道が無い沢歩きのバリエーションルートです。
 沢シューズ、沢スパッツ装備で一枚岩盤の滑床に連なる小滝と甌穴群を巡ります。
●安心感をもって渓谷美を堪能するには、ガイドの依頼を推奨する。
●ノロ川本流〜赤水渓谷全域は遊漁禁止区域となっています。
●赤水〜桃洞渓谷の源流部を周回する場合は、ハーネスとザイル必携。
●渓谷は一枚岩盤のため、強い雨が30分ほど続いただけで、急激に増水します。
 大雨注意報発令時は入渓しないこと。雷雲などが近づいた場合は、
 速やかに遡行を中止し戻ること。
●入渓シーズンは、5月下旬〜10月末。

トレッキングガイドとマップ ネイチャーガイドの申込み
ぐるっと森吉山トレッキングプラン 

フォトギャラリーのメニュー
森吉山遠景 森吉山の四季と花 小 又 川 太 平 湖 小 又 峡 クマゲラの森
桃洞渓谷 赤水渓谷 九 階 滝 中ノ又渓谷 立又渓谷 桃 洞 杉
山麓高原 花のパノラマ 森吉山からのパノラマ 森吉山頂部のパノラマ
ぐるっと森吉山フォトシアター