<森吉山>     

 森吉山からのパノラマ Photo Gallery

森吉山は、秋田県の中央部に位置する独立峯です。
東から南にかけて八幡平、焼山、裏岩手山の縦走路が続き
岩手山、早池峰山、乳頭山、秋田駒ヶ岳から
田沢湖を経て仙北平野に繋がる。
南から西にかけて最奥に仙岩峠、手前の大覚野峠の
遙かかなたには鳥海山が鎮座し、太平山から日本海に落ちる。
日本海に伸びた男鹿半島の新山に八郎湖と寒風山が重なる。
西から北にかけて日本海から舞い上がる白神山地の連山と
その奥には津軽富士の岩木山が顔を出し、八甲田の連山で終わる。
森吉山の山頂部からのパノラマをお楽しみください。

森吉山頂にて(八幡平〜焼山〜もっこ岳〜岩手山〜遠くに早池峰山〜乳頭山〜秋田駒ヶ岳を望む 1月28日)
森吉山頂から岩手山のアップ(200m)
石森から秋田駒ヶ岳を望む(200mm)
森吉山阿仁避難小屋からのパノラマ
阿仁避難小屋から白神山地〜藤駒ケ岳〜岩木山を望む
稚児平付近から阿仁避難小屋〜石森を望む 
モンスターと日没 
森吉山から白神山地〜藤駒ケ岳〜岩木山を望む
森吉山頂から岩木山を望む(200mm)
森吉山から鳥海山を望む(200mm)
森吉山から八郎湖〜男鹿半島新山を望む
山頂にて(地平線に日本海。阿仁避難小屋〜石森〜森吉神社〜一ノ腰を望む) 6月下旬
山頂東斜面雪渓にて(ヒバクラ岳〜馬ノ背、遠くに八幡平〜岩手山〜秋田駒ヶ岳)6月下旬
森吉山頂にて(八幡平〜焼山〜もっこ岳〜岩手山〜遠くに早池峰山〜乳頭山〜秋田駒ヶ岳を望む 6月下旬)
 山人平夢景(山頂東斜面:ガンバ森〜山人平〜ヒバクラ岳方面を望む)
森吉神社の冠岩と日本海に没する夕日 夏至の頃
森吉神社にて(日本海能代港を望む)夏至の頃
森吉神社にて(日本海のとばり)夏至の頃
森吉神社にて(日本海の夕焼けとモロビの造形)8月中旬
満月と秋田駒ケ岳
男鹿半島と八郎湖を望む 
森吉神社の冠岩(西山麓と遠くに八郎湖、男鹿半島、白神山地、日本海)  
山頂東斜面の草紅葉、山人平、ヒバクラ岳を望む 10月1日
石森から冠岩、森吉神社、森吉避難小屋、一ノ腰を望む 10月上旬
石森から冠岩、森吉神社、森吉避難小屋、一ノ腰を望む 10月上旬 
森吉神社の冠岩(西山麓と遠くに日本海) 10月中旬
ヒバクラ見晴にて(馬ノ背の奥に八幡平〜岩手山〜秋田駒ヶ岳を望む)10月中旬 
立川源流部のオオシラビソとブナの紅葉(10月中旬:馬ノ背にて)
奥阿仁の山脈(馬ノ背にて 10月中旬) 
ヒバクラ見晴にて(馬ノ背の奥に八幡平〜岩手山〜乳頭〜秋田駒ヶ岳を望む)10月中旬
馬ノ背から望む奥森吉の眺望(10月中旬) 
馬ノ背から望む奥森吉と焼山〜八幡平〜岩手山 
ヒバクラ見晴から立川源流部を望む(オオシラビソとブナの紅葉:10月中旬)
山脈と日本海の照り返し (石森にて:10月下旬) 
冬支度 10月下旬 
初冠雪の頃 (冠岩:10月下旬) 
 朝 霧 (テレマーク山荘付近 10月中旬)


秋田駒ヶ岳残照 鳥海山夕景(2月) 鳥海山朝光(2月) 
山頂北斜面の樹氷群と遠くに八甲田山 一ノ腰と遠景(山頂北斜面の樹氷群) 一ノ腰と遠くに岩木山 

トレッキングガイドとマップ 山の案内人申込はこちら

フォトギャラリーのメニュー
森吉山遠景 森吉山の四季と花 小 又 川 太 平 湖 小 又 峡 クマゲラの森
桃洞渓谷 赤水渓谷 九 階 滝 中ノ又渓谷 立又渓谷 桃 洞 杉
山麓高原 マタギの里 森吉山からのパノラマ 森吉山頂部のパノラマ

NPO森吉山ネイチャー協会
<事務所> 〒018-4302 秋田県北秋田市浦田字浦田65
電話:0186-73-2510  携帯:090-2366-8201 FAX:0186-84-8084
Eメール

ホーム