クマゲラの森 Photo Gallery
<錦に染まる>
華やかさとはかなさが交差する、一瞬の季節の移ろい。
林内のツタやカエデ類が色ずくと
ブナは、樹冠から黄葉がはじまり
森全体を金色の空間に染め上げていく。
黒々と熟したオオカメノキやウワミズザクラの実。
頭上から降り注ぐブナ、トチ、ミズナラの実。
冬眠前のツキノワグマや小動物にとって
林床はつかの間の晩餐会場となる。

フォトモーション(スライドショー)
クマゲラの森のメニュー
目覚める森 芽吹きの森 新緑の森 森の花  盛夏の森 錦に染まる 
モミジ三昧 晩秋の森 厳冬の森 四季のパノラマ クマゲラ きのこ図鑑 

例年、クマゲラの森は10月初旬ころから樹冠が色付きはじめます。
この時期の森には、被写体となる多くのキノコが発生します。
20〜25日頃に林床まで錦が降りるとクライマックスを迎えます。
<クリックで拡大>
錦の兆し 10/9 
錦の兆し 10/14
錦の序章
早朝の薄化粧
水魂 
立川に朝陽射す 
 木魂に誘われて
ヤマモミジ 
錦鱗の森 
錦のざわめき 
雨あがりの静寂 
 林床まで錦が降りる
雨音の雅 
黄鱗の緞帳 10/20
錦繍 の森
雨上がりの時間
早朝の森 10/19 
林床に降りた銀鱗
クライマックス 
クライマックスの森で 
ノロ川橋(小又峡最上流部の起点)
小又峡:西日を抱く(ノロ川橋下流部の奥入瀬)

<クリックで拡大>
秋の使者が
舞い降りてくる
秋彩の始り
早朝の木立
コシアブラや
オオカメノキ→ 
←飾宴の兆し
ススキと共演→ 
天女たちが彩宴の
幕を開ける

トチ
コシアブラ
森と同化す
立川源流部
錦燐の森→ 
錦の緞帳が
織りあがった
特大スターマインの
炸裂だ。
錦のフォルム
雨あがりの
静寂を共有する
ゆっくりと
上を向いて歩こうよ。
錦鱗の森 
森の鏡
林床の稚樹たち
その奥へ 
セピアの森へ
林床に初冠雪


<森の長たち>

樹齢は幾つだい?よく聞かれるよ。
二百歳までは覚えていたが・・・もう忘れたよ。
まだまだ倒れずにいろよ!
 
ミズナラ
胸高直径2.7m、幹周8.5m( 推定樹齢600年〜)

樹齢300年以上のブナが群立するクマゲラの森。
多くのブナはツルアジサイのドレスを纏っている。 
ミズナラ
推定樹齢400年
ミズナラ
推定樹齢500年
ミズナラ
推定樹齢600年〜

トレッキングガイドとマップ ネイチャーガイドの申込み
ぐるっと森吉山レッキングプラン 

フォトギャラリーのメニュー
森吉山遠景 森吉山の四季と花 小 又 川 太 平 湖 小 又 峡 クマゲラの森
桃洞渓谷 赤水渓谷 九 階 滝 中ノ又渓谷 立又渓谷 桃 洞 杉
山麓高原 花のパノラマ 森吉山からのパノラマ 森吉山頂部のパノラマ
ぐるっと森吉山フォトシアター 

NPO森吉山ネイチャー協会
<事務所> 〒018-4302 秋田県北秋田市浦田字浦田65
電話:0186-73-2510  携帯:090-2366-8201 FAX:0186-84-8084
Eメール