トレッキングガイド
奥阿仁(中ノ又渓谷コース)(安滝)
(空撮 6月中旬)

中ノ又渓谷 Photo Gallery

コースタイム(登り1.8km60分 下り45分)
標高差:150m
<中ノ又駐車場安滝下段上段滝壷>
打当温泉
マタギの湯
車→
4km10
中ノ又・立又分岐 車→
5km20
中ノ又
駐車場(520m)
歩→
1.8km60
安 滝
675m)

コース概要
 中の又渓谷は、約8キロにわたって奥阿仁の最深部を形成する原生流域の一つである。
奥阿仁の玄関口である、マタギの里「打当温泉」から中ノ又・立又分岐の橋までは約4キロ、中ノ又渓谷に沿って安滝林道を5キロ走った駐車場(トイレ有り)が安滝歩道の入口。渓谷沿いの歩道を約2キロ進むと45分で安滝展望台に着く。
 渓谷の本流は玉石が重なり神秘的な流れと広葉樹の重なりが紅葉の秋を想像させる。進むにつれて険しさを増す渓谷の最深部に安滝が豪快な姿をあらわす。第一展望台からは左岸壁に落差150メートルのソウメン滝を従えた安滝全景を見上げる。下段の子滝から歩道を登った第2展望台から眺める安滝本体は圧巻である。さらに滝壷に下れば屏風状に迫る一枚岩盤を落ちる安滝の豪快さが体感できるであろう。ここは、映画「またぎ」「イタズ」の舞台になったところである。シャッターチャンスは滝の全容に西日が当たる午後3時過ぎがよい。
 安滝上流部へは、@中ノ又駐車場から林道2km先の登山道口から入る。約45分でトウドウ、甚兵衛沢分岐に出る。Aここから下流1kmの地点まで下ると平滑ノ滝(S字状の300mの流れ)の先端に安滝が豪快に落ち込んでいる。B上流域は、甚兵衛沢を登り、裏安歩道を経由しトウドウ沢を周回するルートをお奨めする。摂理に発達した甌穴群の連続は山水の箱庭である。
 A奥森吉からは、野生鳥獣センターから高場森経由と桃洞渓谷を遡行し、シシアナトヤバ沢とトウドウ沢から下るルートがある。シシアナトヤバ沢を下ると直接安滝頭部の平滑ノ滝に合流する。
 特に、桃洞渓谷〜シシアナトヤバ沢〜安滝頭部〜安滝源流域を周回するウォータートレックは、国内で類を見ない渓谷と巨木の森を体感するルートである。
 何れもルートは沢歩きのためザイルや沢シューズの装備に加え、自元ガイドの同行を推奨する。

 安滝全容 錦の頃(安滝全景)  安滝頭部に到着

 クリックで拡大
マタギの湯〜 中ノ又渓谷〜立又渓谷(1/50000)

 

最寄の宿
打当温泉マタギの湯 ●収容人員 45名
●お問合せ 〒018-4731 秋田県北秋田市阿仁打当字仙北渡道上ミ67 
●電 話  п@0186-84-2612

トレッキングガイドとマップ ネイチャーガイドの申込み
ぐるっと森吉山トレッキングプラン

トレッキングガイドのメニュー
太平湖〜小又峡 小又峡縦走コース クマゲラの森 桃洞渓谷コース
赤水渓谷コース 黒石川コース 桃洞杉観察コース ヒバクラ岳コース
コメツガコース 阿仁ブナ帯コース 中ノ又渓谷コース(安滝) 立又渓谷コース

Googleマップ 気象庁

NPO森吉山ネイチャー協会
<事務所> 〒018-4302 秋田県北秋田市浦田字浦田65
電話:0186-73-2510  携帯:090-2366-8201 FAX:0186-84-8084
Eメール

ホーム