2019年9月21日(土) 

 

  概    況 

 穏やかな釣り日和、最後の竿納には丁度いいお天気、竿を出した皆さんもあきらめの付く納得の一日だったようです。
「阿仁川アユ釣り情報」も毎日、釣れた、釣れないとやってまいりましたが、今シーズンはこの辺で竿納とさせていただきます。今年もたくさんの釣り人の皆様に見ていただきありがとうございました。 又たくさんの釣り人の阿仁川への釣行本当にありがとうございました!! 心よりお礼申し上げます。来年もどうぞよろしくお願いいたします!!


※この後、産卵の状況のレポートとか時々更新しますので、よかったら時々ご覧ください。
 
   

2019年9月20日(金) 

 

今日の阿仁川…下前田温泉下

  概    況 

 晴れたり曇ったり。水位マイナス65、水温18℃~20℃。濁りなし。穏やかな一日です。
昨日今日、下の方の刺し網が大漁のようです。「デカい、1/3強が25~27センチ、しかも殆どが腹ボテ、ツルピカ」という人もいます。一斉に下っているようです。
釣りには刺し網で聞くような大きいのが掛かりません。ボッチャンと跳ねるはするが掛からない。釣れるのは良くて大、殆どが中型が中心。数も減りました。
 県南の御大、白坂で24尾は竿頭、秋田の方は吉田で14尾、盛岡の方は温泉下で午前中頑張ってオデコ、ババヘラで秋田の人が昼から15尾、 どうしても最上流部岩野目に行くという方、結果は「つ入り」の1尾のみ、しかもリョウケイでもなし。釣ったときのアユ、メスはまだツルピカとは言いますが…
 
   

2019年9月19日(木) 

 

今日の阿仁川…新漁場連瀬

九島さん 新漁場連瀬でリョウケイゲット!

今日の阿仁川…新漁場

今日の阿仁川…新漁場

今日の阿仁川…新漁場

今日の阿仁川…新漁場

今日の阿仁川…新漁場

  概    況 

 曇り。水位マイナス64、水温18℃~20℃。濁りなし。風が強く冷たい、寒い、水がぬるく感じる。
今日は久々の新漁場、地元の名手二人、いつもの連瀬合流付近からバックウォーター付近までの探索です。いや~「目からうろこの発見あり」「来季につながる成果大いにあり」です。 新漁場は初の試み、予想外、想定外のことばかり、驚いたり、ガッカリしたり、喜んだり。皆さんのおかげで貴重なデータが沢山集まりました…必ずや来シーズンに繋げて、阿仁川ファンに喜んでもらえるよう頑張ります!!

 本川は殆ど釣り人がいません。毎日できる人が何人か…まだまだ釣れてはいます。いつもの盛岡の方、前田小学校下で2尾で根小屋堰堤下に移動で18尾計20尾とか、県南の方は桂瀬で10数尾とか…
 
   

2019年9月18日(水) 

 

今日の阿仁川…温泉下

メスは小さくてもハラパンパン

長岡の方が温泉下他で釣った20数尾

  概    況 

 晴れ、曇り。水位マイナス65と少ない、水温18℃~21℃。濁りなし。
まだ釣れるといえば釣れる、サカナは盛んに跳ねてはいる、が、それを覆いつくす寂しい雰囲気。上がってくる人の口をついて出てくる言葉は「終わったな」。
毎日できる人はまだ通う…そんな今日の阿仁川です。
 
   

2019年9月17日(火) 

 

今日の阿仁川…阿仁前田周辺

塚本さんが最上流部で釣ったリョウケイ子持ちメス

盛岡の北田さん、根小屋で37尾

  概    況 

 晴れ、時々曇り。水位マイナス64とかなり少ないレベル、水温20℃~23℃。濁りなし。今日も釣り日和です。連休明け、さすがに釣り人は少ない。
 皆さん竿を出す度どこへ入ったらいいのか迷います。 ここまでくればたいがいの人は桂瀬、大淵、白坂、根小屋など下の方。しかし下の方でももう数はそれほど伸びません。全般10尾前後から17.8尾も獲れればといいところでしょう。 そんな中、盛岡の北田さん根小屋堰堤下で37尾はサスガです。型は「小さい小さい」と謙遜するが今季この時期、この場所では納得の型。
そんな中でも最上流部に向かう人もいます。最上流大物ハンターの塚本さんと佐藤さん、午前中下の方で竿を出すも中小のアユでは物足りない。 上に行きたいが「上にはクマがいる」「数はもう獲れない」が、「リョウケイツルツルメスの誘惑には勝てない」午後から向かった先は最上流部は幸屋、結果どちらも9尾ずつながら「リョウケイツルツルメス」ゲット「やはり上はイイ」。
このところ、上の方では連日クマの目撃が相次いでいます。 安全第一、安全第一。
 
   

2019年9月16日(月) 

 

今日の阿仁川…温泉下

芳賀君が午後から白坂で釣ったアユ…26.9センチのオスと25センチちょいのメス

大原さんが午後から白坂で釣った16尾

真っ黒けのも…

最上流部鳥坂にいたクマ(芳賀君撮影) ※クマの目撃例が増えています。 14日は荒瀬2件、阿仁河川公園1件、岩野目1件。15日鳥坂1件。16日笑内1件、荒瀬1件…3日で7件もの目撃情報が入っています。 くれぐれもご注意を!!

  概    況 

 今日は朝から温かい、風もない。水位マイナス63、水温19℃~22℃。濁りなし。

 今日も釣り日和、 殆どの方が昨日で竿納ですが、近場の人はもう一日の休日の今日を竿納に設定。あきらめの一尾、名残の一引きを楽しむべく川に向かいます。 今更焦ることもなし、がつがつすることもなし。皆さんゆっくり目の入川です。
川の状況は日一日と変わっています。最上流部大物ハンターはことごとく撃沈、昨日のサカナはもういません。特大はナシ、数はナシ、「クマは出る」ではもう諦めざるを得ません「今日で止める!」と重い決断。
中流部で竿を出した人も思った釣果はありません。皆さん10尾前後、中には一日中頑張って今季にあっては珍しい「ボウズ」という方も…4日ぶりに竿を出した盛岡の方も「4日くらいでこんなにも変わるものか」と驚きです。 数は20尾チョイ、1尾だけメスの25センチクラス混じりの釣果ですが、「前回とは追い、場所、引き、全部変わってしまった」「今年はこれまでまた来年!!」ということです。

 中流の一番下の白坂では普段いるはずのない26.9センチを能代の芳賀君ゲットです、もう一尾25センチちょいのメスもゲット。 こういうのがここで釣れるようになったお仕舞です。同行の方は16尾、二方とも午後からの釣果です。
オスもメスもだいぶ「黒い」のが目立ってきました。また明日です。
 
   

2019年9月15日(日) 

 

阿仁川名人会…阿仁川、最高!!

大会一位塚本さんが岩野目で釣ったアユ26.1、24.0センチ計50.1センチ

  概    況 

 昨日よりは温かい、水温18℃台~21℃台。水位マイナス63、濁りなし。マズマズの釣り日和です。
今日は阿仁川名人会の大物大会です。午前7時開始~午後2時まで、2尾合計長さ勝負!!。皆さん最上流部をメインフィールドにする手練れ揃い、知り尽くしたポイントへまっしぐら。
結果はというと…
2尾合計
1位 能代塚本さん場所は岩野目26.1センチ+24.0=50.1センチ2位 岡崎さん24.2センチ+ 24.2センチ=48.4センチ、
3位 武田さん団長23.9センチ+22.7センチ=46.6センチ
   23.3センチ+23.3センチ=46.6センチ
尾数
1位能代の芳賀君20尾、桂瀬、
2位は塚本さん18尾、岩野目。

皆さん名残りのリョウケイに阿仁川満喫です。 「阿仁川 最高!!」

岩手の寺澤さん、得意の白坂、36尾

東京の上さん桂瀬で26尾、同行の方は初のつ抜け16尾。
 
   

2019年9月14日(土) 

 

今日の阿仁川…温泉下

  概    況 

 早朝は寒い、気温14℃。来る途中、峠の気温は9℃だったとか、とてもアユ釣りの雰囲気ではない。水温の方は朝方17℃台、川面から湯気が立っている。水位マイナス62、濁りなし。
この連休で「竿納め」にしようと釣り人は多いが今朝の寒さには皆さんビックリです。川に入りたくないほど寒い。
川の中も昨日より状況は更に変わっているようです。最上流部に潜った人のハナシでは「昨日あれほどいた大アユが全くいなくなっていた」という。この寒さで一気にサカナが動いたのでしょう。
気温が上がって実質釣りになったのは昼前頃から。釣果はというと、皆さん口々に「釣れない、釣れない」。大渕で24尾釣った東京の上さんが竿頭です。全般良くて17,8尾。11尾、13尾、9尾、7尾、4尾…とか。 こうなればもう仕方ないでしょう。
明日は、恒例、名残りのリョウケイ一尾求めての「阿仁川名人会の大会」があります。2尾合計の長さ勝負!果たして誰がどんなリョウケイ抜きあげてくるのか…楽しみです。

 
   

2019年9月13日(金) 

 

今日の阿仁川…温泉下

まだまだいるよ、(昼頃 温泉下)

盛岡の千葉さん荒瀬で午前中6尾、午後から温泉下で16尾計22尾、オスメスはっきり

群馬の浜名さんが最上流部比立内で釣ったツルピカメスアユ26.4センチ

東京の古川さん、昼前頃から吉田と大岱で27尾

大阪の清水さん大渕で24尾

  概    況 

 朝は寒かったが一日中晴れのイイ天気です。水温17℃~22℃、水位マイナス61と低い、濁りなし。今日も釣り日和です。

朝方寒かったせいか、今日は釣れ具合が悪い。午前中はベテランも苦戦、数が伸びない、6尾とか、3尾とか…サカナはいるんだが追いが悪い。 昼前頃からやっと掛かりだしたとしても30尾釣るのは容易ではない。かえって昼前頃からの入川で「イイ釣りした」という方も、東京の古川さんは昼前頃から吉田、大岱と回って27尾、型は大中。上は下より型が一回り違います。
大阪の清水さんは大渕、10時頃からやっと掛かりだして24尾、型は中小「夕方も掛かるには掛かったが寒くてやってられない」。
盛岡の千葉さん、荒瀬で午前中6尾、午後から温泉下と下の下で16尾計22尾。最上流部でもまだ釣れる、群馬の浜名さん、比立内で数は7尾ほどながら「ほれぼれツルピカ子持ちメス」も。下は数が出るが黒くて中小、上に行くほど若めで大という感じ。

朝方の水温がメッキリ低くなってきました。 午前中追わない中、使いまわしたヘロヘロオトリ、午後もそのまま引きずりまわした挙句「撃沈」という方も。また明日です。

 
   

2019年9月12日(木) 

 

今日の阿仁川…ババヘラ

角館の御大、桂瀬で37尾

根小屋堰堤下では福島の方が午前中30尾、午後から採石場で9尾 計39尾

  概    況 

 晴れ、水温19℃~21℃、水位マイナス59、濁りなし。今日も釣り日和です。

下ってくるのを狙って根小屋堰堤下とか白坂とか下流の方に釣り人が多いようです。
今日の竿頭は福島の樽井さん根小屋堰堤下と採石場で39尾。桂瀬で竿を出した角館の御大は37尾、桂瀬は一人貸し切り。
白坂ババヘラに入った盛岡の方、昼まで12尾、午後からシイタケに入って7尾で19尾。午後から五味堀に入った大阪の方はチビ8尾だけということでした。 中流部の型はどこも中小たまに大。ほとんどがザラクロのオス、たまにツルピカのメス。最上流部に入った群馬の方は大阿仁小学校でリョウケイ15尾、ほれぼれするようなツルピカメス混じり。「アタリはまだまだイイ」。
上から下まで「釣る気ならまだまだ釣れる」が、いよいよ終盤も終盤、「ジャンが鳴ってあと一週」といったところでしょうか。また明日です。
 
   

2019年9月11日(水) 

 

今日の阿仁川…温泉下午後3時頃

東京の大堀さんが笑内で釣ったメス鮎209グラム

荒瀬で12尾、大渕で8尾計20尾は千葉さん

  概    況 

 曇り、小雨、本降り、降ったり、止んだり…水位マイナス60~51雨で少し上がっています。濁りなし。水温は20℃台~21℃台

雨の予報ながら空を見て午前中はできそうということで竿を出す人もちらほら、温泉下では昼過ぎまでやった盛岡の方が25尾と好釣、中ながらメスはツルピカ「まだ若い」。 粘り過ぎて本降りに当たってずぶ濡れ撤収の人も…。
依然として最上流の大物ハンターは飽くことを知りません。浅利さんは鳥坂他2ヶ所かけてリョウケイ8尾、メスはパンパン、早く下がらないと間に合わないと思ってしまうほどパンパンです。 笑内に入った大堀さんは25センチちょいながらブタのような鮎209グラム、決して美しくはありません、「こんな太いの良く獲った」。

この後、お天気が回復しても気温は一段下がっていくようです。今シーズン名残りのリョウケイもう一尾、獲りたいものです。名残りが黒く錆びてしまわないうちに…また明日です。
 
   

2019年9月10日(火) 

 

今日の阿仁川…温泉下一人貸し切り

能代の芳賀君今日はババヘラ、大淵、桂瀬3ヶ所回って50尾ジャスト

秋田の方はババヘラで28尾

黒くなってきましたね~

  概    況 

 晴れ、水位マイナス58とやや低め。水温が20℃台~25℃台。濁りナシ、釣り日和です。
今日も川は閑散としたものですが、川の中は閑散とはしてません。アユはまだワンサカいますが掛かる掛からないは別。

最上流部も数は掛からなくなってきました。岩野目に入った秋田の方は昼前まで1尾、2時頃から幸屋に入って6尾。大阿仁小学校下に入った群馬の方はやっと「つ抜け」、だが メスはパンパンの子持ちです。萱草に入った千葉さんは12尾、河川公園に移動して6尾で計18尾、リョウケイでもオスが大半、黒くてザラザラ。 温泉下では鷹巣の佐藤さんが昼から貸し切りで14尾。中型でもメスはパンパンの子持ち。

今日の竿頭は能代の芳賀君、白坂、大淵、桂瀬の3ヶ所回っての釣果。各場所で特大が1尾ずつ大半が中、アユは黒くなってきました。 もう時期ですねェ~。一日とも言われませんね、また明日です。
 
   

2019年9月9日(月) 

 

今日の阿仁川…温泉下

能代の芳賀君は最上流部幸屋でビッグサイズ15尾

  概    況 

 曇り、水位マイナス58とやや低め。水温が20℃台~23℃台。濁りはナシ。
昨日一昨日の土日で竿おさめの人が多い。これからは終わりに向けてのカウントダウンの日々。 この時期、釣り人が決まって思うことは「いつまで出来るのか?」…アユのことを言っているのか、自分のことを言っているのか…ま、そんな時期になってきました。 今日の川は閑散としたものです。

最上流部はまだ釣れてます。幸屋では能代の芳賀君15尾、スーパービッグはナシだがビッグ揃い。群馬の方もビッグ揃えて10尾ほどでした。
温泉下辺りのトロではあっちでパッチャン、こっちでポッチャンひっきりなしに跳ねてます。明日はまだできます。また明日。
 
   

2019年9月8日(日) 

 

今日の阿仁川…砕石場

秋田の伊藤さん午前中で20尾、向山橋直上

白坂と前田小学校下で岩手の寺澤さんが釣った45尾

最上流部比立内に入った東京の上さんリョウケイ27尾

  概    況 

 素晴らしく暑い、晴れの日です。水位マイナス56とやや低め。水温が20℃台~25℃台まで上がっています。濁りはナシ。
釣り日和ではあるが少々暑すぎる。おとり缶に入れてきたサカナが真っ白なんて、真夏のアクシデントが再現されています。
昨日の大勢の釣り人が荒らしまわったあと、さすがに今日は竿が上がらない。川を見ていると「釣れないなぁ~」とぼやく声が聞こえるような気がします。

そんな中の釣果です。秋田の伊藤さんは午前中阿仁向山橋直ぐ上、「わずかな一か所で入れがガリ」「20尾チョイ」型も大に中混じり。「こんなアユ釣りはホントに楽しい!!」 「近くにいた人にどうすばそんなに釣れるんですか」って聞かれたそうです。

東京の上さんは今日も最上流は比立内、昨日と同じところに入って27尾、「さすがに同じところでは追わなくなった」リョウケイながら特大ナシ。秋田の武田さんは荒瀬の上の上で17尾、リョウケイ。 大舘の大森さんは今日も最上流部鳥坂で6尾、移動して阿仁河川公園で1尾、更に温泉下に移動して1尾プラス計8尾「ウデは元に戻ったようです」。上流部トンネルに入った浅利さんは20尾、午後から比立内の小学校下に入って7尾追加。 比立内小学校下も毎日釣られて小さくなって来たようです。支流小阿仁川でアユがたくさん見えるということで入った東京の山崎さん31尾、型は大中。

今日の竿頭は岩手の寺澤さんは午前中白坂で39尾、午後から前田小学校前で6尾追加して45尾、型は大中。今日は若い新弟子同行、新弟子若者は鮎釣り超初心者、釣行回数去年一回、今年一回…で22尾、「つ抜けならず」のおじさん真っ青の釣果は「才能アリ!!」です。 また明日。
 
   

2019年9月7日(土) 

 

今日の阿仁川…白坂上

仙台の菅井さん親子…31尾と25尾、桂瀬と白坂

今日の竿頭は最上流部比立内に入った東京の上さんリョウケイズッシリ41尾

最上流部鳥坂に入った能代の芳賀君リョウケイズッシリ30尾丁度

鮎見会の千葉さんが釣ったアユ30尾チョイ場所は向山橋

秋田の浅利さん最上流部幸屋渡でリョウケイズッシリ32尾、特大は27.0センチ、190グラム

盛岡の澤泉さんは吉田で30尾くらい

  概    況 

 夏の暑さが戻ってきました。 水温は19℃~23℃台まで上昇、水位マイナス54、濁りもなく、釣り日和です。
好天の土曜日とあって川は賑わっています。いつお仕舞になるか分からないこの時期、貴重な一日です。暑いが季節の歩みを一日でも止めてくれるのはイイです。
さて本日、人が多く移動がままならない、大釣りはなかなかできにくい。そんな中での釣果です。根小屋堰堤下と桂瀬で盛岡の鷹さん31尾、中型「周りはなかなか竿が上がらない」ということです。
五城目の門間さんはババヘラで午前中25尾、午後から15尾で40尾ジャスト。型は中に大小混じり。「周りも結構竿が上がった」ということです。
仙台の菅井さん親子は桂瀬と白坂で息子さんが31尾、親父さんが25尾、最近は親父さんが負ける場面が多い。 山形の方はババヘラで2時間8尾、午後から吉田に移動して9尾で17尾ほど。採石場で遅くまで頑張った宮城の方30尾チョイ。五味堀では盛岡の北田さん36尾、結構型が揃っておりました。盛岡の澤泉さんは吉田で30くらい。
最上流部の大物ハンターはというと…本日の竿頭東京の上さん比立内でリョウケイズッシリ41尾。幸屋では秋田の浅利さんがリョウケイズッシリ32尾 、特大は27.0センチ190グラムのオス。鳥坂では能代の芳賀君、リョウケイズッシリ30尾丁度、 「どれもみんな型がイイ」が「特大ナシ」。秋田の武田さんはシイタケでリョウケイ15尾、温泉下でチビ2尾計17尾。大舘の大森さんは笑内でリョウケイ14尾、温泉下で7尾ほど計21尾、「最近メッキリウデが上がった」。

今日も釣れた人釣れない人さまざま、釣り人が多かっただけに10尾前後~つ抜けならず、2尾、3尾の方も結構いたと思います。明日こそ、釣れますように、また明日。

 
   

2019年9月6日(金) 

 

今日の阿仁川…阿仁前田周辺

青森の高木さん45尾、採石場

今日の竿頭青森の大竹さん48尾、採石場

荒瀬

荒瀬では盛岡の千葉さんリョウケイ子持ち混じり26尾

荒瀬では盛岡の千葉さんリョウケイ子持ち混じり26尾

オスメスがはっきり

  概    況 

  晴れたり曇ったり、 気温も上がって蒸し暑い、水温は久しぶりの17℃~22℃台乗せ、水位マイナス51丁度イイ高さ、濁りもなく、釣り日和です。

今日の竿頭は大竹さん採石場で48尾です。同じく採石場で同行の高木さん45尾型は大中。 今季解禁当初から採石場は比較的調子が悪かったんですが、ここにきて爆裂!!。行きは通り過ぎで帰りに付いたということでしょうか。
白坂の下では秋田の伊藤さんが中28尾。静岡の2人は湯口内で15尾くらいずつ。荒瀬では盛岡の千葉さんリョウケイ子持ち混じり25尾。

能代の塚本さん今日は午後2時頃から釣り開始したのは萱草、夕方まで22尾、最盛期に比べれば小振りだが十分リョウケイ、「期待の超特大ナシに少しがっかり」。
今年は黒ずむのが早く感じるのは気のせいか…早く来た分帰りも早いのか…いや、いつもこんなもんなのか…自然界分からないことばっかりですネ。また明日。

 
   

2019年9月5日(木) 

 

今日の阿仁川…砕石場

県南の御大は30尾丁度、パチンコと大岱

  概    況 

  一日中曇り、たまにポツリポツリとこぼれてくるが一粒二粒でおわる。水位マイナス47、水温17℃台~20℃台。濁りなし。

昨日とはうって変わって釣り人の数は少ない。川は静かなもんです。静かに川は流れ、時も流れていく。静かな雰囲気は心なしか釣果にも漂う。

今日の竿頭は角館の御大30尾、パチンコで9、大岱で21尾。鷹巣の佐藤さん、どうせ数が出ないんだったら大物ポイントで一番楽なところといえば荒瀬、一日頑張って7尾だが特大3尾。
大物ハンターの浅利さん、キツイ伏影と萱草回って10尾ほど、リョウケイ揃うも期待の超特大はナシ。
大子の3人グループは前田小学校前、2人が30尾ほど御大が10何尾か「小学校は型が小さいねェ」「ま、遊びだから」。
東京からの若めのご年配二人、今日は根小屋堰堤下で26尾と14尾「ワンランク昇格!」。
メスはツルピカ、オスは黒ずんできています。また明日。

 
   

2019年9月4日(水) 

 

今日の阿仁川…桂瀬

今日の阿仁川…根小屋堰堤下

いわきの高橋さんは今日も採石場…50に二つ足りない48尾

盛岡の千葉さんは上流部27尾

山形の宮島さんは根小屋堰堤下で49尾

  概    況 

  一日中晴れのいい天気、水位マイナス40、昨日より5センチ下がっています。水温17℃台~22℃。濁りなし。久々の釣り日和です。今日はイイだろうと皆さん勇んでそれぞれ悩みぬいたポイントへと向かいます。
那須の小沼さん3人グループは今日は昼まで、「イイ人が25尾と好釣、他の人は大したことなし型は大混じりの中型中心で小は少なし」というご報告。
下の下でやったいわきの方は24尾、昨日は同じところで16尾。 白岩では宇都宮の5人グループ多い人が30尾チョイ、あとの方々は口々に「釣れねぁ、釣れねぁ」全員が「つ」、 「釣る前に座る石探しではねぇ」「ま、大人の遠足」ということで。
今日の竿頭は山形の宮島さん根小屋堰堤下で49尾、型は大混じりの中、小。「今年はこれで最後、楽しめました。また来年」。

盛岡の穴窪さんは朝一桂瀬で7尾、午後から温泉下で14尾で計21尾、型は中、小、「今日の目標の4匹」をはるかにオーバーするも、「ちいせぇ、釣れねぇ」と愚痴ることしきり、いつもの事ながら「クチとハラが違い過ぎ」。 大子の3人グループは昼過ぎに着いて早速吉田に入川 、2人が15、15、もうひとかたは「5尾目標達成で昼寝」。 いわきの高橋さんは昨日に続いて今日も採石場、50に二つ足りない48尾。 型は大、中揃い意外に型がイイ「今日も楽しめました」。
昨日の「1尾と2尾」の東京からのご年配二人、今日は大岱と阿仁河川公園で「12尾と13尾」。昨日釣れなかったのはやはりお天気のせいです。明日も釣れますように!!

 
   

2019年9月3日(火) 

 

今日の阿仁川…温泉下 

いわきの高橋さん採石場で36尾

  概    況 

 昨日よりは少しはあったかい。今日はいいかもと期待するも、川は昨日より水が高い、15センチほど水位が上がっている。 濁りもうっすら、水温は朝方17℃台、日中でも19℃台。

皆さん口々に「水が高い、冷たい」と言う。今日も日中、場所によってはザザブりの雨、「川の雰囲気、様子も今までとは違ってきた」みたいです。 温泉下辺りでひっきりなしに跳ねていたサカナがたまにパチャン、ポッチャン程度。昨日今日だけのハナシだといいんですが、なんとも季節が季節です。 ここで一気に終盤モードに本格突入でしょうか。少し早い気もするんですが。

とは言っても数はともかく、上から下までまんべんなく釣れるのはいつも通り。 能代の芳賀君は朝一温泉下で6尾オトリをとって最上流部岩野目でリョウケイ7尾、幸屋リョウケイ6尾計19尾。鷹巣の佐藤さん荒瀬では4尾、湯口内で6尾で計10尾。 盛岡の千葉さんは阿仁河川公園で16尾。 パチンコでは県南の御大が21尾、横浜の方は吉田でつ抜け1尾リョウケイ残りは中。
湯口内、吉田、五味堀、学校下とアチコチ回って16尾は青森の方「今日はバンザイ、お手上げ」。同行の方も「撃沈14尾」「どこもサカナの気配がない」。 白岩では那須の3人グループ、13,13,9尾、「皆さん釣れないと聞いて一安心」 。
そんな中、本日の竿頭はいわきの高橋さん、採石場で36尾、結構イイ型も混じっていて「いやぁ~今日は面白かった!!」みんなが釣れていないとは思えない様子。
今日はほとんどの方が10尾台、つ抜けならずの人も結構いると思いますが…昼頃着いた東京のご年配2人は「1尾と2尾」何と控えめなことか…明日は晴れの予報です。明日こそ釣れますように!!

 
   

2019年9月2日(月) 

 

今日の阿仁川…温泉下 

県南の御大は本日は大岱、28尾

盛岡の千葉さん荒瀬で22尾

  概    況 

寒い、冷たい、中流部で水温朝方17℃台、日中でも18℃台までしか上がらない。上流部はもっと冷たい。水位マイナス46。濁りなし。つい先だっての「暑い暑い」がウソのよう、今日はみんな「寒い寒い」

今日は釣れない日、こうも水温が上がらないとさすがに追わない。通いこんでいる阿仁川上級者でも20尾台、初めて来られた方などはつ抜けできればイイ方。遠くからお出での方がこんな日に当たってはホントにお気の毒。 日が差してくれれば展開はがらりと変わるんですが、今日は昨日の予報と違ってお日様どころか雨まで降ってくる。水温も下がってくる。これじゃ釣れません。

竿頭は角館の御大の28尾、場所は大岱。秋田の伊藤さんは下の白坂、23尾。 荒瀬では盛岡の千葉さんが22尾リョウケイ揃い、「今日はバレた、バレた」今日は「ホント、追いが悪い」ようでした。最上流部に入った秋田の方はリョウケイですが12尾どまり。また明日です。

 
   

2019年9月1日(日) 

 

今日の阿仁川…温泉下 

白坂では岩手の寺澤さんが59尾

シイタケで東京の上さん34尾

大岱では秋田の伊藤さん46尾

久々新漁場です

新漁場では能代の大原さんが10尾丁度、秋田の方が6尾

  概    況 

 早朝激しい雨、スワッまた増水か…と思ったんですが、幸いにも川に影響なし。水位プラス10センチほど、うっすら濁り、水温18℃台~21℃台。
土曜日にできないと思った人達が詰めかけたようで釣り人が多い。人が多いのに加えて朝方は水温が低いのか追いがいまいち、全般、なかなかキビシイ釣りを強いられた一日だと思いますが…

いつものことながら釣る人は釣るもんです。本日の竿頭は岩手の寺澤さん白坂で59尾、「下は空いていて、多分昨日から手つかず」型もマズマズ大中揃いの中に「ボツンと1匹だけ特大」「25.4センチ154グラム」。 「多分上から落ちてきたモノ」、そうゆう季節です、9月です。大岱では秋田の伊藤さん、一日中ポツリポツリと46尾。 湯口内では五城の目の門間さん27尾、大混じりの中、小はナシ。同じく湯口内では岐阜の25尾、「今日は人が多く場所に入れない」。
東京の上さんは今日はシイタケ、ここで34尾リョウケイ半分。「分流の小場所で8尾の入れ掛かり有り」。同行の方は昨日と同じく「2尾」。
前田小学校前では岩手の方が20尾ほど。温泉下では早々に上がる人、入れ替わりに入る人、様々でしたが釣る人で20尾チョイくらい。前橋の方、温泉下の下で一日中で36尾、型はマズマズ大中。 ババヘラでは横手の渡辺さん33尾、大混じり。
最上流部は水が冷たい。幸屋に入った秋田の2人は8尾ずつ。秋田の方は鳥坂で5尾、打当で7尾、萱草で5尾計17尾「水は飛び上がるほど冷たい」。 今日から9月、いよいよ終盤、アユには色が付いてきています。これからは一日とも言われない日々。また明日です。

 
   

2019年8月31日(土) 

 

今日の阿仁川…温泉下 

大淵では角館の御大さすがの62尾

阿仁向山橋上では岐阜の小野木さん昼からの入川で35尾

五味堀では東京の佐藤さん48尾

最上流部ビッグハンター熊崎さんは今日が最終日で幸屋、26尾、最後までリョウケイよく釣りました

比立内では東京の上さん、26尾、同行の方は2尾

  概    況 

 朝一川は水位プラス20センチほど、濁りもほとんど取れて薄濁りまで回復です。これだったら問題なしということで朝から釣り開始です。
昨日の濁り具合を見れば 殆どの人が朝からできるとは思っていません…土曜日ながら釣り人は少な目です。
本日の竿頭は角館の御大62尾、場所は大渕、型は大が少な目で殆どが中小。 山形の尾関さん、初めての阿仁川はババヘラ、ここは2尾で見切り、白坂上に移動したのが3時ここで掛かって6時までで32尾の計35尾。 五味堀では東京の佐藤さんが48尾、リョウケイも結構混じっています。 阿仁河川公園上の向山橋では岐阜の小野木さん、昼からの入川で35尾。
上流部では荒瀬に入った福島の山岡さん、7つ、水温が低いのか「周りもあまり釣れていない」。
大物ハンターの札幌熊崎さんは本日も最上流部、幸屋で26尾、今日が最終ということですが、今回もリョウケイ満喫の一週間でした。 岩野目に入った能代の塚本さん、21尾。久々のひったくられるような引きに「アドレナリン噴出!!」 毎日、釣る人は良く釣るもんですね~、また明日です。

 
   

2019年8月30日(金) 

 

今日の阿仁川…白岩付近(合流上) 

今日の阿仁川…小又川合流点

今日の阿仁川…温泉下付近(合流下)

茨城の秋山さんは増水まで温泉下で6、増水後小又川合流店付近で14尾計20尾丁度

  概    況 

 朝方激しい雨…川は増水、プラス70センチ濁流、支流小又川はクリア。
朝方の雨で川は最上流部から増水、濁流、10時すぎには中流部にも達しています。増水最大70センチほどです。

激しい雨に見切りをつけて帰る人、雨がやんでサァやろうと竿を出す人、支流小又川は増水してこないということで向かう人、 様々でした。
夕方でプラス40センチ。濁りは茶濁りです。気になるのは明日はどうか…今回は「明日になってみなければわかりません」というのが正直なところ。 阿仁前田水位観測データとにらめっこです。また明日。

 
   

2019年8月29日(木) 

 

今日の阿仁川…白坂ババヘラ

ババヘラで県南の御大が釣った37尾

釜石の佐々木さんは午前中砕石で22、午後から大岱で17尾計39尾

上流部荒瀬 、こんなところで入れ掛かり!!

荒瀬で入れ掛かりは盛岡の千葉さん39尾リョウケイ。

札幌の熊崎さん、今日は大阿仁小学校下でリョウケイズッシリ25尾、

  概    況 

 くもり、水位が昨日に比べて20~10センチほど上がっていますマイナス37~45。水温は19℃~22℃台。薄い濁りが入っています。
今日も釣れた人釣らなかった人様々です。釜石の佐々木さんは朝一砕石場で22尾、型は中小にビリ、午後から大岱で17尾型は大中。ババヘラでは県南の御大が37尾。型は大中小、ここは意外に大が混じる場所。

温泉下では午後に着いた大阪の清水さん、20尾丁度。型は大が何尾かとあとは中小「前回来た時より型が小さくなった」。 五味堀では茨城の方が18尾、今日はオヤコ2発、バラシ3レンチャンと朝一から調子が悪い…「あれがなければ30は行ったのに」。

上流部は依然好釣、盛岡の千葉さんは得意の荒瀬で入れ掛かりの39尾、しかもリョウケイ揃い。最上流部の大阿仁小学校下では札幌の熊崎さんがビッグサイズズッシリで25尾、毎日コンスタントに良く釣るもんです。 同じく最上流部に入った浅利さんもリョウケイズッシリ33尾。急な山道、重いおとり缶担いで登る体力も半端じゃないが、「リョウケイ美鮎求める思いも半端じゃない」。また明日です。

※不安定なお天気が続いています。釣行の際は阿仁川ライブと水位観測データを参考にして下さい。
 
   

2019年8月28日(水) 

 

今日の阿仁川…温泉下(午後4時頃)

浅利さん萱草トンネルで昼からリョウケイズッシリ26尾

茨城の秋山さんは荒瀬、白岩で20尾

五味堀では花巻の下川原さん32尾

  概    況 

 午前中は時々小雨程度、午後から降ったり止んだりの繰り返し、川には影響ありません。水位マイナス54、水温19~20℃台。濁りなし。

今日は雨の予報で釣り人は少ない。午後からの降ったり止んだりの中カッパを着ての釣りです。
秋田の浅利さんは昼からの入川、萱草のトンネルです。上り下りのキツサは阿仁川屈指、しかも昼から、でビッグサイズ26尾ハントです。さすがです。 茨城の秋山さんは荒瀬と白岩で20尾丁度、荒瀬のはデカい。千葉さんがも昼からの入川、荒瀬でリョウケイ16尾。上流部は「雨で水も少し多め、3時過ぎでうす暗い、寒い。アブはもう全然いない」。 花巻の下川原さんは今日は五味堀、32尾。
どんな時でも釣る人は釣るもんですね。また明日です。
 
   

2019年8月27日(火) 

 

今日の阿仁川…向山橋上

向山橋上で千葉さんが釣ったアユ、掛かり傷が二か所もあるマッキッキのツワモノ

北田さん今日も竿頭37尾

上流部萱草では熊崎さん連日のビックサイズ22尾

最上流部で浅利さん24尾、重量感がベツモノ

  概    況 

 今日も一日中晴れの釣り日和、水位はマイナス54、濁りなし、水温18℃台~23℃台。
今日は暑い一日、水温も昨日よりは上がってコンディションランクはAクラス、だがなかなか数は出なくなってきている。連日の攻めもあるが、季節的なものもある。 やっと20尾とか、40尾行かない、とか十分に釣れているのだが、どうしても今までと比べてしまう。数はそんなに行かないと言いながら結構皆さん楽しんでいる。
本日の竿頭は昨日に続いて盛岡の北田さん、白坂で37。型は大中マズマズ食べ頃揃い。盛岡の佐藤さんも白坂で15尾、こちらも大中食べ頃サイス。 釜石の阿部さんも昨日に続いてババヘラ、こちらも大中混じり「こんなイイ型もいる」とマズマズ満足。白坂辺りは意外と型がイイ。東京の澤泉さんは午前中大岱、午後から温泉下で「やっと20尾」 「野アユがすっ飛んで来るのが見えた瞬間、ギラッと光ってガッツ―ン」にはビックリ興奮。 花巻の下川原さんは昼からの入川で桂瀬、4時間で24尾、型は中小、「掛かるのはヘチ」。
岩手の小館さんはパチンコで32尾、大岱で3尾計35尾。 上流部から最上流部は、連日の萱草でコンスタントにビッグサイズをゲットは札幌の熊崎さん、今日も22尾。浅利さん最上流部笑内で24尾、萱草あたりから上のアユは重量感がベツモノだ。 盛岡の穴窪さんは荒瀬、水温18℃、11時頃から日が差して1時まで8尾、最大25.5センチ、23センチ以上6尾、数は少内が楽しめた。これからは数より型、目印が一気に2メートルも吹っ飛ぶような引き! 阿仁河川公園上と向山橋に入った盛岡の千葉さんは25尾。向山橋ではほぼ入れ掛かり状態、数はともかく型と引きで「今季一番の楽しさ」。掛かるや引きは爆裂「楽しいッ、阿仁川、最高!!」。 また明日です。
 
   

2019年8月26日(月) 

 

今日の阿仁川…大岱

今日の阿仁川…温泉下

今日の竿頭は盛岡の北田さん45尾

萱草では札幌の熊崎さんリョウケイ23尾

千葉さんは阿仁河川公園と最上流部比立内川で18尾…不発

五味堀では宮城野荻原さん23尾

  概    況 

 一日中晴れの釣り日和、水位はマイナス50と丁度イイ。濁りなし。水温は18℃台~22℃台。
めっきり涼しくなってきました。朝なんかは寒いくらいです。あの夏の暑さにはもう戻らないでしょう。水温も上がりません18℃台からのスタートではやはり厳しい。加えて今日は釣り人が多く「今日は撃沈」「ダメ」などという声が多い。今まで楽に釣れていたから余計にそう思ってしまう。

そんな中での本日の竿頭は盛岡の北田さん、白坂で35、温泉下で10尾計45尾はさすがです。型は大中小混じり。 本日も上流部に入った札幌の熊崎さん、萱草で23尾、ビッグサイズ。大岱では秋田の伊藤さんが22尾、午前中で上がり。 下のババヘラでは釜石の阿部さん、25尾、意外なリョウケイ混じり。宮城野荻原さんは五味堀、白岩辺りで23尾、一発目はすぐに来たがそれからポツポツ、ダンマリ、「なんと11時半から2時半までは一匹も釣れなかった」我慢の釣果 。
大淵では盛岡の穴窪さん「今日は惨敗の一日、たったの16尾」。温泉下では10人くらい竿を出していましたが、29尾、25尾、19尾、22尾などはイイ方でしょう。たったの2尾といいう人もおりました。
もう秋です、これからはこんな感じになってくるのでしょうか。また明日です。
 
   

2019年8月25日(日) 

 

今日の阿仁川…前田小学校前

今日の阿仁川…温泉下

仙台の菅井さんは親子は阿仁河川公園他で26尾、23尾。

温泉下では群馬の方午後から20数尾

  概    況 

水位は10~15センチほど落ちてマイナス38~43。濁りもとれて朝から釣り開始です。水温は19℃台とひと頃の暑さが嘘のように冷たくなってきました。
朝方曇り優勢、日中は日が差すお天気でマズマズの釣り日和だが、合流から上はまだ水が高い、冷たい。入っていても寒い。上流部荒瀬あたりに入った人もたちまちに上がってしまう。 「釣れない」釣れても2.3尾。午後になってようやくポツリポツリ。上の方は全般さえなかったようです。もう少し水が下がればよいのだが。
合流から下の温泉下辺りでは水もさほど高くなく、浅ーいドッチャラで入れ掛かりなんて言う人も…福島の唐沢さんは朝はポツリポツリだったが午後からドッチャラで入れ掛かり。帰りの時刻をオーバーしたが、22尾でご満悦。 型は小さいが「引く、引く、」「背掛かりなんかなかなか上がってこない」と大喜び。 昨日白岩でウンともスンとも言わなかった群馬の方々、午前中、上のほうは吉田に入って、昨日に引き続きウンともスンとも言いません。ひょっとして今日も…と思いながら移動した温泉下、午後からバタバタ、20数尾。 温泉下では横浜の人が午前中ゆっくりめに入って33尾。東京から午後に着いて同じく温泉下に入った3人グループの方々、一人の方が22尾、あとの方は5尾と4尾。 仙台の菅井さん親子はアチコチ回って今日もダメサイン…それでも26尾と23尾、今日は親父さんに軍配。
最上流部の方もまだ水が高いし冷たい。しかし最上流部に行く人は筋金入りの人ばかり、「ブツ」は必ず持ち帰ります。岩野目に入った東京の岡崎さんは20尾、リョウケイ揃い、大は26.2センチの立派な鮎です。 アブはいなくなったようです。拍子抜けするくらい急にいなくなったようです。幸屋に入った武田さんは15尾、同じく幸屋に入った札幌の熊崎さんは20尾チョイ。 勿論、下とは別格のリョウケイ。アブのいなくなった今、最上流部の大物獲りはチャンスかも。ただし急な山道の登りがキツイのは変わらない。また明日です。
 
   

2019年8月24日(土) 

 

今日の阿仁川…温泉下

角館の御大がババヘラで釣った57尾

仙台の菅井さん親子は今日は根小屋堰堤下、前田小学校下ともう一か所で若い息子さんが37尾、親父さんが35尾

東京の上さんと仙台の伊藤さん2人は最上流部比立内で上さんが18尾、伊藤さんが31尾…リョウケイ揃い

  概    況 

昨日の予想に反して朝は薄茶濁り、水位プラス20センチほど、濁り、水位とも昨日と同じくらいです。昨晩降ったようです。 朝方の天気は雨、その後回復して曇り、午後になって時々晴れ。水温20℃台~21℃台。
朝方の川を見て「このくらいの濁りや、水の多さなど気にするほどのもんじゃない」とばかり皆さん勇んで竿を出しておりましたが、やはり条件が悪い。おまけに途中からまた水が増えたりで皆さん苦戦したようです。
今日の竿頭は角館の御大のババヘラ57尾、型は大中小混じり「朝から快調」。新潟の3人グループは吉田と温泉下で全員30尾前後ずつ「午後の温泉下は一時入れ掛かり」日が差してきたころからバタバタ来たようです。 福島の方は吉田で18尾、午前中ポツポツ、午後からが「マズマズ中吉の釣果」。
午後から採石場に入った能代の方は20尾ほど、型は小さめ。仙台の菅井さん親子は「今日は不発」とは言っても息子さんが37尾、親父さんが35尾、根小屋、前田小学校他アチコチ回っての釣果、今日は「息子さんの勝ち」。 上流部萱草に入った札幌の方はリョウケイ12尾、水が高く苦戦、「途中から更に高くなって慌てた」こういう日はホント注意しないと危ないです。釣果より安全第一。 水が落ち着いてから最上流部に入った東京の上さん、仙台の伊藤さん2人グル-プ、上さんが18尾、伊藤さんが31尾、リョウケイ揃い。
群馬と長岡の2人グループは午後遅くの到着で白岩、一時間やってウンともスンとも言わず…「明日から本番」。八戸の方は何だか回転が悪く5尾で上がり…今日は釣らない人も結構いたようです。また明日です。
 
   

2019年8月08日(木) 

 

今日の阿仁川…小澤剛さんの大岱実釣2時間半20尾

今日の阿仁川…小澤剛さん実釣阿仁河川公園

今日の阿仁川…小澤剛さん実釣阿仁河川公園

今日の阿仁川…小澤剛さん阿仁河川公園実釣1時間半15尾。
本日実釣4時間、大岱20尾、阿仁河川公園15尾 計35尾!!

  概    況 

 小澤剛さん実釣!!「阿仁川最高!!」連発の一日。
 
   

2019年8月07日(水) 

 

今日の阿仁川…下前田温泉下 …小澤剛さんの実釣講習の様子

今日の阿仁川…下前田温泉下 …小澤剛さんの実釣講習中に釣ったアユ

  概    況 

 小澤剛さんの実釣講習!!見てる前で「釣る!!」。
 
  

阿仁川「新漁場開拓プロジェクト 」2019 

 阿仁川漁協では今シーズンより支流小又川四季美湖ダムの上流にアユの「新漁場」を造ります!! 天然遡上に影響されない放流100%の「新漁場」を開拓し、「釣り専用区」としてアユ釣りファンに提供します!!
新漁場のエリアは小又川森吉山ダム(四季美湖)の流れ込みから上流丹瀬沢合流までの2~3キロほどのエリア、ここは四季美湖によって隔絶されているため現在天然遡上はありません。

新漁場エリアマップ 

新漁場エリア 砕渕・深渡地区

このエリア特徴

①森吉山系からの連瀬沢、丹瀬沢、等々の清麗且つ流量豊富な沢々が流れ込む おかげで洪水で濁ったとしても澄むのが早い。

②アユの餌となる良質な苔の生える大石が多く、アユの棲息生育には絶好のエリアであると考えられる。
「大型で美味しいアユが育つ」ポテンシャルを秘めている。

③釣り人にとって自然渓相の中での釣りの魅力は非常に大きい。

④完全放流100%エリアとなるため天然遡上の多寡に影響を受けず釣り人の選択肢が広がる。
⑤過去に試験放流したことがあり効果が実証されている。

放流量は当初400キロ程度を予定しています。2~3キロメートルほど。川幅はおよそ20~30メートル。ご期待下さい!!

深渡橋付近↓

深渡橋から下流方向↓

深渡橋から上流方向↓


このページのトップへ

阿仁川アユ釣り情報発信「キクチおとり店」

〒018-4515 秋田県北秋田市阿仁前田字下川端201
阿仁川釣り券、オトリ販売
阿仁川天然活き〆アユ販売
携帯:090-7324-5573
モバイルMap↓

お問い合わせ


TEL 090-7324-5573



  




http://www.kumagera.ne.jp/kikuti/