2017年7月23日(日)

今日の阿仁川 阿仁前田(午後3時半頃) 

   概    況

昨日の増水よりさらに多い3メートルを越す増水。参ったね~。
 

2017年7月22日(土)

今日の阿仁川 温泉下 

   概    況

またもや洪水 増水は前回16日とほぼ同じ またしばらくはできません 残念。
 

2017年7月21日(金)

最上流部で角館さんが釣った30尾ジャスト

 今日の阿仁川 小又川合流から上の白岩から五味堀(午後5時半頃)

今日の阿仁川 小又川合流点(右が阿仁川本流 午後5時半頃) 

 阿仁、小又の清濁併せ吞んでこの流れ…合流直下の阿仁前田河川公園から温泉下

   概    況

相変わらず小又川の放水が止みません。これでも少しは良くなってきた感じですが、 水位が下がって竿は出せるとは言っても濁りの中では釣趣に欠ける。ということで向かう先は阿仁川本流筋ということになるが…釣果は未だイマイチどころかイマサンぐらい。まともなアユは今のところ最上流部に限定される。もう少し日柄が欲しいところだが明日からまた雨の予報、どのくらい降るのか気になるところ…。
 

2017年7月20日(木)

群馬の方が最上流部で釣ったアユ19尾

 最上流部で野原さん今日の釣果は11尾

今日の阿仁川 (温泉下午後3時頃) 濁りは薄くはなったがまだまだ。皆さん釣れたのはビリアユ数尾 

   概    況

昨日より少しは良くなってきた感じですがまだまだ。上は白ッ川、下は濁り水温も低い。竿を出しても釣れるのはビリアユ、昨日に続いて「こんなのバッカリ」のガッカリモード。そんな中でも最上流に向かった人、白ッ川のゴソゴソ状態ながら良型釣っておりました。上も下もどこももう少しの辛抱、サカナはいるんですから必ず出てきます。
 

2017年7月19日(水)

今日の阿仁川 小又川合流点(午後6時頃)画面左が小又川、濁りがはっきり

   概    況

小又川のダムの放水が続いて水位下がらず、濁りおさまらず。合流から上は白ッ川、合流から下は垢は残っているものの濁り。上も下もたまに釣れてもビリアユばかり…お手上げです。竿を出した人皆さん一様に親指と人差し指の間詰めて「こんなのバッカリ」と「ガッカリ」ムード…増水から今日で3日目、回復するのはいつになるんですかネ~
 

2017年7月18日(火)

今日の阿仁川 大岱地区 (午前11時頃)

   概    況

水はだいぶ引きました。小又川合流点から上は更に水位も下がり水も澄みチラホラ竿を出す人も見られました。合流から下は小又川の影響でまだ水位が高く濁りも入っています。そんな中でも温泉下のヨシ際でやっている人がいました。
明日あたりから待ちきれない人達が本格的に竿を出すでしょう。問題は”アカ”、合流から上は見る限り真っ白、きれいなものです。残りアカ、新アカに当たれば近いうち爆釣の予感!
 

2017年7月17日(月)

温泉下(午後4時頃)

   概    況

だいぶ引いたけど釣りするにはあと5,60センチは引かないと…今回は出過ぎだワ
 

2017年7月16日(日)

温泉下と阿仁前田周辺(午後3時半頃)

   概    況

洪水です…ひと雨欲しいところでしたが降り過ぎ…3メートルの増水です。
 

2017年7月15日(土)

盛岡の千葉さん圧巻の92尾 動画は午前分の釣果 (上の写真、動画は千葉さん撮影)

   概    況

晴れ、暑い…水温20℃~25℃台、平水マイナス20センチ、濁りなし。
3連休の初日釣り人は最上流部から中流部までどのポイントにもまんべんなく入っています。
最上流部は場所を知り尽くしている人でないと釣果をたたき出すのは容易でない。岩野目では秋田の浅利さん55尾、同じく岩野目で団長と高松さん二人Gが36尾と50尾ジャスト。東京の岡崎さんも40尾等々、激戦区でも釣果をたたき出してくるのは最上流のエキスパートの面々に限られます…初めて行ってもスカ食らうのが落ち。

最上流に代わって中流部が良くなってきました。型もバラバラながらアベレージは上がっています。大岱では群馬の富沢さんが67尾、宇都宮の3人Gは白岩で75,75,60チョイで計210尾。神奈川の工藤さんは午前中幸屋でオデコ食らった後午後から前田小学校下で38尾。秋田の伊藤さんは荒瀬で13、大岱で32で計55尾、盛岡の若者は桂瀬で50尾弱、温泉下でも秋田の方が42,3尾等々…本日はどこもよく釣れたようです。
 

2017年7月14日(金)

今日の阿仁川…最上流支流比立内川

今日の阿仁川 最上流部幸屋渡

今日の阿仁川 最上流部 伏影橋上流

今日の阿仁川 伏影橋下流

上流部で群馬の方が釣ったアユ31尾、同行の方は27尾

岩野目で札幌の米田さんが釣ったアユ63尾

幸屋と伏影で釣ったアユ67尾

秋田の堀さんが笑内で釣ったアユ41尾

大原さんが幸屋と岩野目で釣ったアユ49尾

   概    況

晴れ、暑い…水温20℃~25℃台、平水マイナス20センチ、濁りなし。
本日も釣り人は最上流部へと向かっています。どんな場所にも人がいます。どうやって降りてきたんだろうと思うようなところにも釣り人がいます。こうなるとさすがに釣られ過ぎの感ありです。膨らんだ期待の釣果が1か所では出なくなってきました。おとり缶担いで急な山坂下っては歩いて登ってはまた下ってまた歩いて登って…定年過ぎのオジサンにはムリ…「心臓が口から飛び出してしまう」
良型ばかりじゃなくなってきました。それに自然豊かな証メジロアブの一番子が発生…本隊大発生も時間の問題です。

中流部だって小振りビリアユなどとあなどっているうちに「そうでもない」という人が増えてきました。難儀しなくても20尾30尾は釣れてる人が結構います。白岩では群馬の方が21尾、福島の方が温泉下と吉田で30尾ジャスト、小学校下でも栃木の大橋さん30尾弱、神奈川の方は昼から五味堀で28尾でバッチリOK サイン…荒瀬では岩手の國丹さんが目標50尾達成…等々。サイズはバラバラながら一頃よりはアベレージは上がってきいるような気がします。
 

2017年7月13日(木)

今日の阿仁川 温泉下 最上流部の賑わいをよそに中流部は静かなものです

最上流部のそのまた支流打当川で釣ったアユ…今季全般顔頭回り掛かりが多い

鳥坂で青森の小山内さんが釣ったアユ73尾 …おとり缶にギュウギュウ詰めの上に暑いなもんだから
殆ど口を開けて酸欠状態。

秋田の斎藤さんが初めて行った比立内で釣ったアユ20尾ほど
気が付いたら舟の蓋がオープン…そのアクシデント後の釣果

   概    況

朝方少し雨だが昨日に続いてお湿り程度、日中曇り、水温20℃台~24℃台。平水マイナス10センチ、濁りなし。

雨が降ったようだが阿仁川エリアはお湿り程度。釣り人は本日も大型ドッサリムードの最上流を目指しています。中流部は釣り人ポツンポツン。釣れないわけじゃないけれど最上流部のサカナを見るとどうしても最上流部に足が向く。後から行った釣り人は入るところがないもんだからもう源流部まで入り込んでいます。最上流もリセットしないとさすがに疲れが出てきています。

鳥坂では青森の小山内さんが良型揃い73尾…淵の通らずは泳いで渡ったそうです。崖の上り下りに泳ぎまでとなるともう普通の人じゃ無理…昨日鳥坂で40尾ほど釣った埼玉の方なんかおとり缶担いでの崖上りの激しい息切れに「このまま死ぬのかな~」と思ったそうです。比立内では角館さんが入るところなくダメだダメだと言いながらも良型48尾…大したもんです。幸屋では秋田の方が40尾丁度これもまずますの良型揃い…「あの難儀の割には…」最上流から少し下流の萱草では札幌の方がが50尾ほど、中小型混じりながら結構良型も。
中流部はパタパタパッタリの繰り返しでも20~40尾はいく…が、型はどうしても上と比べてしまう。
 

2017年7月12日(水)

今日の阿仁川 白岩 群馬の生方さん41尾 

笑内で角館さんが釣ったアユ64尾

鳥坂で川越の野原さんが釣ったアユ38尾

男鹿の方が大岱で釣ったアユ40尾

花巻の藤根さんが比立内で釣ったアユ58尾

   概    況

朝方雨だがお湿り程度日中曇り、水温20℃台~24℃台。平水マイナス10センチ、濁りなし。一日通して風が強い。

期待した雨だがお湿り程度、川には全く影響なし。釣り人は本日も爆釣ムードの最上流を目指しています。いつもは大盛況の中流部はポツンポツン。釣れないわけじゃないけれど最上流に比べると型は一回り、二回り落ちる…白岩では白岩では群馬の生方さんが41尾、誰もいないから静かに釣れて気分良し、大は19,5センチ。大岱では男鹿の橋本さんが40尾ジャスト。群馬の石田さんは荒瀬で46尾結構な良型混じり。
最上流部では笑内に入った角館さん64尾、鳥坂に入った川越の野原さん38尾、比立内に入った花巻の藤根さん58尾同じ場所に入った地元の斎藤さんは38尾…このところ最上流部は何処のポイントも満員…毎日抜かれていますから小振りなヤツも混じってきています。それでもとにかくサカナはいる。

 

2017年7月11日(火)

今日の阿仁川 今日は釣り人が少ない(写真は阿仁前田八幡橋周辺) 

大原さんが萱草と幸屋で釣ったアユ80尾ジャスト

平野さんが釣ったアユ27尾

野原さんが最上流部で釣ったアユ50尾ジャスト

大堀さんが最上流部で釣ったアユ

   概    況

晴れ曇り、水温19℃台~25℃台。平水マイナス10センチ、濁りなし。やたらと暑い一日。
本日釣り人は少な目です。水が少なく連日叩かれているから探って移動するにはイイ。探って歩いてイイ石に当たれば3,4尾パタパタと来ては止まる…また歩く…の繰り返し。今季何処へ行ってもビリアユは来る。最上流部でもよくこいつがここまでと思うようなビリが来る。遡上がよほど多いんでしょう。

能代の大原さんはトンネルと幸屋で圧巻の80尾、いつもながらさすがです。最上流部支流では秋田の方が27尾。鳥坂では埼玉の野原さんが50尾、朝からずっとポツポツだが途切れなしでいい気持ち。パチンコで群馬の方が36尾。阿仁河川公園では能代の方が42尾。採石場では青森の高木さん46尾、数はまずまずだが少々小振りの型に不満…等々。それにしても皆さんよく釣るもんです。大したもんです。
 

2017年7月10日(月)

今日の阿仁川 比立内合流上

 本日もマッキッキやで!!

五城の目の方は最上流部で19、阿仁河川公園で6、白坂で8尾 計33尾

塚本さん今日は最上流部2ヶ所で53尾

浅利さん最上流部比立内で66尾夕方五味堀で15尾追加で81尾 「凄い!」

   概    況

晴れ曇り暑い一日、水温18℃台から24 ℃台。お天気続きで水が少ないところに連日の容赦ない攻め…数、型ともに落ちてくる。ここは一雨降って一休み欲しいですね~
新潟の方は吉田で44尾暑い中川中上下歩き回って探って探っての釣果お疲れ様です。群馬の方は大岱で28尾ほど。五城目の方も最上流部で19、阿仁河川公園で6、白坂で8尾 上から下まで駆けずり回って計33尾、等々…

最上流部もだいぶ抜かれました。それでも秋田の浅利さん比立内地区で66尾、(同行の2人も54尾、29尾)夕方五味堀で15尾追加して81尾…凄い!。能代の塚本さん、本日は最上流部2ヶ所かけて53尾で「本日もマッキッキ」。

2017年7月9日(日)

今日の阿仁川 岩野目 

能代の塚本さん 岩野目で型ぞろい82尾

秋田の小野寺さん笑内で67尾

最上流部は型揃い

宇都宮の方は中流部浦田橋下で38尾中型前後

   概    況

晴れ、水温18℃台から23℃台。平水濁りなし。日曜日とあって今日も釣り人は多め、どこもまんべんなく釣り人は入っています。中流部は随分と抜かれたな~という感じがする。ビリサイズのドジョウみたいなものも混じってきたりもします。ここは雨でも降って一休み欲しいところです。岩手の寺沢さんは桂瀬と荒瀬で42尾、宇都宮の方は大渕で38尾、中上流の阿仁河川公園では能代の野呂さんが53尾、盛岡の千葉さんは温泉下と大岱で53尾…今日あたりこのくらいの釣果はなかなか容易でない。

そんな中で最上流部は絶好釣!!…岩野目では能代の塚本さんが圧巻81尾、笑内では秋田の小野寺さんが67尾、同行の堀さんも33尾、比立内では青森の福士さんが75尾、等々、思わず「ウワッ」と声が出る圧巻の釣果…感動の阿仁川ここにあり。
 

2017年7月8日(土)

今日の阿仁川 白坂 

今日の阿仁川 温泉下

門間さん白坂で午前中11時までで47尾

最上流部で岩手の小林さんが釣ったアユ32尾 その後温泉下で18尾計50尾

埼玉八汐市の斎藤さんは温泉下で小振り混じりながら68尾

最上流部鳥坂では大舘の大森さんが37尾



   概    況

晴れ、水温18℃台から24℃台。平水濁りなし。今日も釣り人は多め、どこもまんべんなく釣り人は入っています。それでも上から下までそれなりに釣れてますね~。連日ですから抜かれている感は否めませんがそれでも釣り返しが効きます。やはり今年は数が相当多い。

五城目の門間さんは白坂、午前11時までで47尾、下だから小振りと思いきやイイ型も結構混じっています。採石場では塩釜の阿部さん53尾、小振りも混じっていますが今年は数。山形の3人Gは五味堀でイイ型混じりで20~30尾。秋田の3人Gは吉田で一人が40くらい後の2人はちょぼちょぼ。温泉下では埼玉の方が小振りも結構混じってはいましたが数は68尾。最上流部では鳥坂で大舘の大森さんが37尾、伏影では能代の塚本さんが午後から25尾。やはり最上流は型がそろいます。比立内では岩手の小林さんが32尾、その後温泉下で18尾で計50尾…等々。これでもっと型が良かったら…というのはゼイタクというものデス。
 

2017年7月7日(金)

今日の阿仁川 採石場では塩釜の阿部さんが42尾 、福島の方も50いかないくらい。

今日の阿仁川 中流部桂瀬 大子の4人Gは桂瀬で48、45、30,20尾

支流小又川で角館さんが釣ったアユ38尾

岩手の方が湯口内で釣ったアユ21尾これは良型揃い

秋山さんは大岱と五味堀で43尾

最上流部比立内で岩手の方が釣ったアユ51尾

   概    況

晴れ、水温17℃台から23℃台。平水濁りなし。今日は水温が上がって全般良く釣れたようです。早朝から釣り人は多めで各ポイントまんべんなく入っていました。解禁から1週間どこも真っ新な場所はなくなりましたね~
追いはまだ本物ではなく口、頭、ハラまわり、身もやわらかい…でバレが多い。型のイイのが抜かれ大きい小さいがバラバラになってきています。

採石場で塩釜の方が42尾とか福島の方が48尾、桂瀬では大子の4人Gが48,45,30,20尾とか上流方面ばかりではなく下のほうでも結構釣れておりました。小又川でも38尾。荒瀬に入った人は30数尾とか40数尾とか結構釣れておりましたがここも型はバラバラでしたね~さて明日はどこへ行こうか…

 

2017年7月6日(木)

今日の阿仁川 最上流部 幸屋

最上流部で角館さんが釣ったアユ75尾

最上流部で浅利さんが釣ったアユ77尾(午後から向かってこれです)ビックはおよそ22センチ114グラム。

温泉下で茨城の秋山さん44尾…朝からポツポツぽつぽつコンスタントに釣れておりました。

   概    況

朝方は曇り時折霧雨のお天気、水温16℃台と低めで苦戦です。昼前頃から日が差し始め水温も上昇21℃台。こうなればやはり掛かり始めます…午後からが良かった人が多いようで全般10数尾~40尾前後。ま、中には一桁なんて言う人もおりましたが…。温泉下で茨城の方が44尾、同じく温泉下で塩釜の方が48尾、吉田で栃木の方が40尾ほど…。

本日も最上流部に向かった人…重量感のある良型ドッサリ…「うわッ」と思わず声が出そうなくらい釣りまくりです、良型揃えての75尾だの77尾だの…「凄い」というしか言いようナシ。ああ~感動の阿仁川。

 

2017年7月5日(水)

今日の阿仁川 水位プラス10センチ濁りなし(写真は上流部荒瀬)

上流部で大原さんが釣ったアユ62尾

今日の阿仁川 (写真は阿仁河川公園午後3時頃)

山形の方が阿仁河川公園で釣ったアユ24尾

   概    況

一日中曇り 水位は下がったんですが、水温が16℃~17℃台と上がらない。全般釣果はポツリぽつり程度。10数尾~20数尾といったところでしょうか。
そんな中上流部に向かった大原さん、ワッ!と驚きの62尾、同行の方も40数尾。サカナはまだ上を目指しているようです。
明日から久々の晴れマークが続いています。チョイと期待デス。
 

2017年7月4日(火)

今日の阿仁川 水位プラス25センチ薄茶濁り(写真は阿仁前田八幡橋付近午後2時頃)

浅利さんが支流小又川で釣ったアユ30尾

   概    況

昨日の雨で午前中は茶濁り、水位プラス40センチ、午後には薄茶水位プラス20センチ。水温17℃台。夕方には笹濁りまで回復。

朝方本流は釣りならず支流小又川で竿を出す人がチラホラ。午前中秋田の浅利さんは小又川で30尾丁度、午後から本流パチンコ5尾追加して35尾。群馬の方は午後から荒瀬で15ほど…今日は濁り、高水、低水温…釣りには不向きな日。明日からに期待デス。


2017年7月03日(月)

今日の阿仁川は一日中雨(写真は温泉下午後6時頃)

五城目の方が比立内で釣ったアユ23尾

能代の小林さんがシイタケで釣ったアユ24尾

岩手の藤根さんはパチンコ他で38尾

秋田の浅利さん五味堀で21尾

   概    況

一日中雨…水温は17度台一日中ほぼ変わらず。午後から水位が少しずつ上がって薄濁りも入ってきています。

朝方は大した雨でもなく雨予報でもこのくらいなら頑張れるという雰囲気。午後からは本降りになる場面もあって予報通り。さすがに3時頃で諦めですが頑張った人は結構イイ思いをしておりました。

五城目の方は最々上流部比立内小学校下で23尾その後温泉下で5尾ほど追加して28尾、能代の小林さんは得意のシイタケで24尾、雨で早めに切り上げ。岩手の藤根さんは吉田で5、荒瀬で4、パチンコで当たって29尾で計38尾。秋田の浅利さんは五味堀で21尾…型はどこもほとんど変わらず16~19センチ台。

全般下より上という感じ…サカナはまだまだ上を目指しているようです。


2017年7月02日(日)

東京の武田さん北村さん最上流部で体高のある良型揃い43尾、42尾 二人で82尾…感動のビッグキャッチ。

昨日82尾の塚本さん本日は上流部萱草にチャレンジで26尾

岡崎さんがs上流部笑内で釣ったアユ13尾

寺沢さんが大岱、荒瀬、温泉下の3か所で釣ったアユ25尾

   概    況

昨日の釣り過ぎの反動でしょう、今日は皆さん苦戦、移動の繰り返し……毎日お祭りは続きませんね。

そんな事を見越して上流上流へとチャレンジした人達はイイ思いをしておりました。東京の武田さん北村さん体高のある良型揃い43尾、42尾 二人で82尾と感動のビッグキャッチ。場所はなんと最々上流部幸屋渡。
練馬の団長は萱草で18尾、萱草のトンネルで塚本さんは26尾。笑内にチャレンジの岡崎さんは13尾、上流部はやはり型は揃います。

秋田の小野寺さんは五味堀10、荒瀬17で計27尾。雫石のの米沢さんは学校下と白坂、こんな中でもさすがの34尾。大舘の大森さんはパチンコ20と温泉下で8尾計28尾。岩手の寺沢さんは大岱、荒瀬と温泉下3か所巡って25尾…等々

アユはいっぱいいるんですが体ができていないアユが大半、生育はこれからです。

2017年7月01日(土) 阿仁川鮎釣り祝解禁!!

本日解禁!!下前田温泉下

能代の芳賀君が 温泉下で10時半まで45尾午後から19尾追加して計64尾

能代の塚本さん温泉下で9時半まで36尾…阿仁河川公園で46尾 計82尾

北海道の滝川さん42尾 10時半まで

上流部荒瀬…千葉の高松さんはここで午前中28尾午後から河川公園で16尾 計44尾

高松さんが荒瀬で釣った初アユ


大原さんが大岱で釣ったアユ68尾


阿仁川鮎釣り本日解禁!!

待ちに待った阿仁川解禁…今年の解禁は久しぶりにイイ解禁でした。
遡上はイイものの果たして解禁から追うものかどうか…昨日まで、縄張りどころか上りっ気だけが強くて追いっ気のあるアユが見えなかったもんですから解禁に釣れるかどうか 心配して見ていたんですが、なかなかどうして早朝から、あっちでもこっちでも竿が上がるじゃありませんか…人の出もそれほどではなくイイところに当たった人はたちまちにして30、40尾、しかも型がイイ…17センチ前後からでかいのは20センチに迫るものもかかるもんだからいや~面白いこと楽しいこと…。中には70尾越すまで一人で貸し切り状態という人も…。全般どこでも差がなくサカナはいますから、朝早く竿を出した人ほどいい思いをしていました。遅くに竿を出した人は残りカスを拾うことになり釣果に差が出たようです。

ま、そんな中での釣果を見てみますと…まずは能代の芳賀君温泉下に入って午前中10時半まで45尾、その後場所替えするも目指すところに人がいっぱい、元の温泉下に舞い戻り19尾追加して64尾。同じく能代の塚本さんは温泉下9時半までぽつぽつコンスタントに36尾、その後阿仁河川公園に移動して46尾計82尾。阿仁河川公園を朝から貸し切りの方は74尾、コンスタントに入れ掛かり。大岱では大原さんが68尾と絶好釣。上流荒瀬に向かった千葉の高松さんは午前中28尾、午後から阿仁河川公園で16尾追加して合計44尾。小又川合流から上の白岩に入った群馬の4人Gは63、43、20,15尾。同じく白岩で秋田の畠山さんは42尾。型はどこもほぼ一緒、上流が少しだけアベレージがイイという感じです。

パチンコでは久々練馬の団長が午前11時で早々50尾達成。あとは仲間呼んで見物の余裕。同行の土屋さんも35尾と好釣「阿仁川解禁でこんなに釣ったのは初めてだ」。

当たるところ外れるところがはっきりしている感じはするがやはり本日は好きなポイント、通い詰めたポイントを信じて入った人の勝ち…あとから来た人はおこぼれ頂戴に甘んじたという結果。さて今日は手つかずの解禁、明日からが本番だ!!


このページのトップへ

阿仁川アユ釣り情報発信「キクチおとり店」

〒018-4515 秋田県北秋田市阿仁前田字下川端201
阿仁川釣り券、オトリ販売
阿仁川天然活き〆アユ販売
携帯:090-7324-5573
モバイルMap↓

お問い合わせ


TEL 090-7324-5573



  




http://www.kumagera.ne.jp/kikuti/