2017年5月21日(日)

本日も次々と大群が押し寄せています。

2017年5月20日(土)

遡上群が大きな群れで本城頭首工に次々に到達しています!!
ここ2日の暖かさで大群が一気に押し寄せて来たようです。
数は多い、型は小さい…というのが今日の印象。
いよいよ阿仁川鮎フィッシングエリアに入ってきました!!
(上の写真は阿仁川米内沢地区本城頭首工…上の動画はここで撮ったもの)

2017年5月18日(木)

阿仁川支流小阿仁川の遡上鮎です。田植え真っ盛りで川は濁っていますが、元気に遡上しています。
 

2017年5月17日(水)

写真は阿仁川道城地区から本城頭首工方面。
ここまでアユは来ています!!サクラマス釣りのルアーに掛かりました!! (すこし痛々しい)
 

2017年5月16日(火)


アユの遡上は順調に感じます。大きいもので13センチほどと生育も順調のようです。
(秋田県水産振興センター遡上調査同行取材)

 

2017年5月01日(月)


米代川河口でシロウオ漁に混獲されたアユの稚魚…まだ透きとおったものも結構入る。

 

2017年4月24日(月)


米代川支流常盤川(河口より約20キロ)にも!!

 

2017年4月22日(土)


アユの遡上が始まりました!!

能代の米代川河口では昨日、一昨日からシロウオが獲れ始めています。このシロウオの遡上と時を同じくしてアユの遡上も始まりました。昨年の遡上初確認が4月の22日、今年も同じ日です。写真のアユはシロウオ獲りのタモ網に混獲されてしまったのものを撮ったものですが、大きいのは10.5センチとビックサイズ。いまからこのくらいでかいと思わず今年も尺アユか、なんていう妄想が脳裏をかすめます。 長かった冬をようやく越してやっとの春…今年も楽しいことの始まりです。
 
 

2017年5月15日(月)
今日の阿仁川

田んぼに水が入りまもなく田植えが始まります。写真は下前田から採石場方面
 

2017年5月05日(金)
今日の阿仁川

阿仁川地方もやっと草木が萌えて爽やかな季節を迎えています。写真は下前田から採石場方面
 

2017年5月02日(火)
今日の阿仁川

上の写真は小又川から森吉山を望む…下の写真は小又川と阿仁川合流点、左が白岩五味堀方面、右が阿仁前田方面
 

2017年4月29日(土)
今日の阿仁川

上の写真が大岱から吉田方面、下の写真は五味堀から白岩方面
 

2017年4月17日(月)
今日の阿仁川

このところずっとお天気が悪い。雨が降ったり、風が強かったりだが気温が高く雪しろがどっと出ている。
 

2017年4月06日(木)
今日の阿仁川

上流部荒瀬地区…まだまだ雪が残っています
 

2017年4月05日(水)
今日の阿仁川

ようやく春です…桂瀬から採石場方面

ようやく春です …温泉下から採石場方面
 

2017年3月12日(日)

ようやく雪も降りどまりあとは春を待つばかり、今年の冬も長い長い冬でした。今季見納めの阿仁川冬景色です。
 

2017年2月7日(火)
今日の阿仁川

今日の阿仁川地方…積雪80センチ、よく降りますね~ 写真は”採石場下”辺り
 

2017年1月18日(水)
今日の阿仁川


今日の阿仁川地方…積雪35センチ


2016年9月14日(水)

千葉の高松さんが岩野目で釣った鮎12尾
1尾が際立ってデカイ、ナガイ!!

早速、計測…尺?

しっかりしめて精密計測の結果…
ある、「30.3センチ」
ついに出ました!!夢の「阿仁川尺鮎」。

千葉の高松氏、ついにヤリマシタ!
夢の「阿仁川尺鮎」おめでとうございます!!

曇り、時々小雨、水位マイナス10~プラス10センチ、濁りなし。水温朝方18℃、日中19℃台。

尺アユ出ました!!

オオアユハンターMr.高松、ついに「阿仁川尺鮎」釣りました。場所は最上流部岩野目…今季、阿仁川天然遡上鮎の頂点に立つ1尾…おめでとうございます。


2016年9月12日(月)

今日の阿仁川   最上流部 岩野目

オオアユハンターMr.塚本 岩野目でモンスターゲット!!

塚本さんが釣った30センチ、302グラムの 大鮎
おめでとうございます。

八戸の成田さんは中流部、砕石場、堰堤下で48尾
いつも乍らダントツの釣果、サスガデス。

岩手の西野さんは白岩と温泉下で20尾丁度
少しでも大きいのと上にも行ったが
「結局温泉下が一番デカかった。」

茨城大子の鈴木さんは一日中小学校下で31尾と好釣果。
「サカナはまだまだイッパイいる!」

曇り、水位マイナス10センチ、濁りなし。水温朝方18℃、日中21℃台。コンディションはヨシ、上から下までまんべんなく釣り人が入っています。

今日も釣れた人、釣れない人、イロイロ…多い人は50尾近く、少ない人は数尾とか。上ほどアユはツルツルで下に行くほど季節感たっぷり、オスはサスガにゲッソリのが出てきています。。

そんな中、オオアユハンターMr.塚本は迷わず岩野目直行…みごと30センチ、302グラムの大鮎ゲットに成功です。これはデカかった。幅ヒロのキズ一つない、それはそれは美しいメスの大鮎でした。


2016年9月11日(日)

今日の阿仁川   最上流部 比立内

今日の阿仁川   最上流部 比立内

最上流部比立内…
アチコチ走る回るオオモノ…最後はたるみ
に寄せて見事ゲット…28.5センチ。 気仙沼の斎藤さん

最上流部 幸屋渡でオオモノどっさりゲットの北村さん達

気仙沼の斎藤さん最上流部比立内でゲットした
28.5センチ。

千葉の高松さんは岩野目で290㍉249㌘

小野寺さんは桂瀬で中型に良型も混じって17尾、

岩手の寺澤さんは白坂で15、温泉下で7尾で計22尾
中型中心で した。

秋晴れ、水位ほぼ平水、濁りなし。水温朝方17℃、日中22℃台。

昨日の濁りはすっかり獲れて、水位も下がってコンディションはグッド…だが条件がイイとき、必ずしも好釣とは限らず、全般数は伸びない。20尾もいけばイイ方じゃないでしょうか。数が伸びないからと云って下がってしまったのかと云えばそうでもなく、最上流部に向かった方々はツルピカの28センチ、29センチクラス含めてイイ感じで釣っておりました、「最上流部だってまだまだイイハミアトがイッパイ」「もう一回くらいはいける」

ま、いつもこんなことを云いながらお仕舞になるんですが…。あと2週間…。

2016年9月10日(土)

今日の阿仁川   温泉下

阿仁川 名人会 オオモノ獲り大会 

午前中曇り時々雨、午後から晴れ、水位朝方プラス20センチ、薄茶濁り、水温朝方18℃台、日中20℃台。朝方よもやの増水茶濁り、午前中は殆ど釣りにならず… 午後から次第に水位が下がり始めたがまともに釣りなったのは午後1時、2時からでしょうか…

そんな中、阿仁川名人会オオモノ獲り大会開催…オオモノ2尾長さ勝負…トップは 259、240 計499を釣った練馬の団長、さすがの結果。
阿仁川鮎釣りも残り少なくなりました。まだまだとは云うものの、日に日にサカナに季節を感じます。釣れるうちに釣っておかないと…ほんじつ多い人は堰堤下で午前中から竿を出していた盛岡の五十嵐さんの43尾、同行の方も40尾でした。

このページのトップへ





  




http://www.kumagera.ne.jp/kikuti/