2019年8月24日(土) 

 

今日の阿仁川…温泉下

角館の御大がババヘラで釣った57尾

仙台の菅井さん親子は今日は根小屋堰堤下、前田小学校下ともう一か所で若い息子さんが37尾、親父さんが35尾

東京の上さんと仙台の伊藤さん2人は最上流部比立内で上さんが18尾、伊藤さんが31尾…リョウケイ揃い

  概    況 

昨日の予想に反して朝は薄茶濁り、水位プラス20センチほど、濁り、水位とも昨日と同じくらいです。昨晩降ったようです。 朝方の天気は雨、その後回復して曇り、午後になって時々晴れ。水温20℃台~21℃台。
朝方の川を見て「このくらいの濁りや、水の多さなど気にするほどのもんじゃない」とばかり皆さん勇んで竿を出しておりましたが、やはり条件が悪い。おまけに途中からまた水が増えたりで皆さん苦戦したようです。
今日の竿頭は角館の御大のババヘラ57尾、型は大中小混じり「朝から快調」。新潟の3人グループは吉田と温泉下で全員30尾前後ずつ「午後の温泉下は一時入れ掛かり」日が差してきたころからバタバタ来たようです。 福島の方は吉田で18尾、午前中ポツポツ、午後からが「マズマズ中吉の釣果」。
午後から採石場に入った能代の方は20尾ほど、型は小さめ。仙台の菅井さん親子は「今日は不発」とは言っても息子さんが37尾、親父さんが35尾、根小屋、前田小学校他アチコチ回っての釣果、今日は「息子さんの勝ち」。 上流部萱草に入った札幌の方はリョウケイ12尾、水が高く苦戦、「途中から更に高くなって慌てた」こういう日はホント注意しないと危ないです。釣果より安全第一。 水が落ち着いてから最上流部に入った東京の上さん、仙台の伊藤さん2人グル-プ、上さんが18尾、伊藤さんが31尾、リョウケイ揃い。
群馬と長岡の2人グループは午後遅くの到着で白岩、一時間やってウンともスンとも言わず…「明日から本番」。八戸の方は何だか回転が悪く5尾で上がり…今日は釣らない人も結構いたようです。また明日です。
 
   

2019年8月23日(金) 

 

今日の阿仁川…温泉下(午後2時頃)

最上流部比立内で群馬の浜名さんが釣ったリョウケイ26.2センチ175グラム。

  概    況 

朝方の雨は影響なしということで朝から勇んで釣り開始です。が、上流に向かった人、突然の増水、ゴミが流れはじめやってられません。やむなく撤収。 増水は午前中に中流部にも到達し撤収。午後から水が引き始め再開となったが、今度は短時間豪雨の繰り返しザザッときてピタッと止む。川にはそれほど影響ないが人は堪らない。入っては上がり、再開しては上がりの繰り返し。
そんな中ではありましたが…山形の方が根小屋で30尾ほどとか、青森と仙台の人二人が下流部とババヘラで20尾チョイと30尾チョイとか…結構釣った人もおりました。 最上流部比立内で群馬の浜名さんは特大262センチ175グラムの見事な鮎ゲットです。

結局増水は中流部で最大37センチ、夕方で18センチ。濁りはうっすら濁り。 夕方の状態でも十分釣りになるコンディションですから、今晩突然降ったりしなければ、明日は朝から釣りできると思います。予想が外れませんように、また明日です。
 
   

2019年8月22日(木) 

 

今日の阿仁川…荒瀬

根小屋堰堤下では文ちゃんが80尾ジャスト、中小型

最上流部比立内では東京の上さん、リョウケイ圧巻の35尾

能代の塚本さんは久々の岩野目、これもリョウケイ揃えて32尾

県南の御大は下流部の秘密の場所で40尾丁度、型は意外に良型混じり

  概    況 

 今日の竿頭は仙台の文ちゃん、根小屋堰堤下で80尾ジャyスト、同行の大阪の梶川さんは76尾、型は中小ながら数は圧巻です。
型で言うなら圧巻は最上流比立内に入った東京の上さん、35尾、マルマル太った体高のあるアユは見事、大は24.5センチながら174グラムもある。釣れるのは泡の中だけ、探って歩いての釣果、「アブがスゴイ」 能代の塚本さんは得意の最上流部岩野目、32尾、勿論リョウケイ揃い。
上流部荒瀬周辺は今日はパッとせず、宮城野鈴木さんはつ抜けならず9尾。鷹巣の佐藤さんはやっと釣れだしたところ、「向かいの木にクマさんが抱き付いてコッチを見ていた」ということで退散! 盛岡の千葉さんはシイタケで8尾、あとは温泉下で数を稼いで23尾。岩手の澤泉さんは吉田で25尾くらい。
今日のお天気は一日中曇り、水温上がらず23℃台止まり。そのせいなのか昨日よりはやや勢いが落ちた印象です。それにしても毎日毎日、釣る人は良く釣るもんです。また明日です。

 
   

 「小澤剛 阿仁川を釣る」ユーチュ―ブアップしました!

 

IEをお使いで埋め込み動画が再生されない場合⇒https://youtu.be/Ni3bR4iM7HA

IEをお使いで埋め込み動画が再生されない場合⇒https://youtu.be/odvDYld-S04

  

「小澤剛 阿仁川を釣る」ユーチュ―ブアップしました!
 
   

2019年8月21日(水) 

 

今日の阿仁川…荒瀬

荒瀬では盛岡の千葉さんが40尾丁度

阿仁河川公園では東京の上さん、34尾

県南の御大、パチンコで35尾

群馬の浜名さんは最上流部幸屋渡リョウケイ22尾

  概    況 

 朝一川を見たら、何と昨日の濁りはすっかり取れて、水位も下がって、昨日の増水がウソのよう…ということで朝から釣り再開です。
角館の御大は35尾パチンコです。型は大中。最上流部にリョウケイ求めて入ったのは群馬の浜名さん、22尾です。型は大と特大。アブは少なくなって来たようです、
東京の山崎さん昼頃着いて明日のおとりでも獲れればと入った温泉下、25,6尾と好釣。盛岡の穴窪さんは「今日の目標は5匹」と控えめ、入ったのは大淵…夕方、釣果を尋ねると「たったの25匹」とは「クチとハラが違い過ぎ」。
秋田の岩澤さんは上流部萱草と桂瀬で20数尾。阿仁河川公園では東京の上さんが34尾「のされての身切れ10」「下竿がくせ」。上流部荒瀬では盛岡の千葉さんが40尾丁度。 「トロっぽいところで数が来た」「増水のあと、いきなりのガンガンでは釣れない」。東京の土屋さんは湯口内で29尾、「自己最高」。下の採石場では宇都宮の方が75尾、型は中小。 熊谷の村田さんご年配3人グループ、湯口内、3人とも30尾ほどずつ、「阿仁川初めて」「オトリを入れるなり、いきなりガッツ―ン、こんな引き久しぶり!」「阿仁川十二分に満喫!」
結局川止めは一日だけ。何事もなかったようにまた釣れ始めています。また明日です。 ※新漁場に行く人は明日22日、工事による発電停止のため増水するということです(30センチほど)。ご注意を!!
 
   

2019年8月20日(火) 

 

今日の阿仁川…温泉下

  概    況 

 朝方の雨で今季初の川止め、実に50日ぶり。増水最大80センチほど、夕方でプラス45センチ。茶濁り。
支流小又川はできるということで、向かった人もいました。釣果は1尾~20尾ほどまで。
さて、気になるのは明日できるかどうかだが…多分朝からはムリ、少し濁りがキツイ。明日になってみないと分からないが。
阿仁川アユ釣りシーズンいいところあと1ヶ月、これからは日一日と釣りの出来る日が減っていく。残り少なくなるチャンス、逃すことのないように、また明日です。
 
   

2019年8月19日(月) 

 

今日の阿仁川…大岱

今日の阿仁川…大岱橋下

盛岡の五十嵐さんは根小屋堰堤下で81尾

県南の御大、今日は阿仁向山橋上と前田小学校下で38尾

  概    況 

 朝は涼しくなってきましたが、日中は暑い。水温も高く26℃台まで上がっています。水位はマイナス59とだんだんに雨の前に近づいてきています。 濁りはナシ。 赤い腹をしたアユも出始めています。阿仁川アユ釣りもいいとこあと一か月、早いものです。 今日はお盆休みも終わって釣り人も少ないのではと思いきや、なかなかどうして平日にもかかわらず多い。
今日の竿頭は盛岡の五十嵐さん、根小屋堰堤下で81尾、昨日結構釣り人が入っていたんですが、さすがです。型は大中小混じりだが小型が多い。「こんなに浅い石がゴロゴロ出たような、変なところでしか来ない」。 上流部荒瀬では、いわきの高橋さんが37尾、こちらはリョウケイ揃い、「引きがイイんでもう堪らない!!」。
最上流部伏影に入った浅利さんは21尾、「今日はどうも循環が悪かった」。 東京の土屋さんは寝ずに着いて、湯口内と五味堀で25尾、「後期高齢者にはキツイ!!」とクタクタ顔、それでも「今年は釣れるから来てしまう」。宮城の鈴木さんは昼頃着いて早速大岱に入って16尾、「先客が7人もいて動けない」 。最上流部比立内小学校下に入った鷹巣の佐藤さんは20尾チョイで23~25センチのリョウケイ揃いにご満悦、だが「アブがスゴイ」ということでした。 全般、10数尾~20尾前後は釣れていたようですが、昨日よりは落ちたような気がします…また明日です。
 
   

2019年8月18日(日) 

 

今日の阿仁川…根小屋堰堤下

村田寅さんは午前中湯口内で32尾(写真左)午後から前田小学校下で2時間半35尾(写真右) 計67尾

仙台の菅井さん親子は五味堀…息子さんが35尾、親父さんが47尾

岩手の寺澤さんは温泉下で午前中20尾、午後から五味堀で26尾、計46尾

荒瀬では盛岡の北田さんがリョウケイ60尾 上の上の瀬肩で入れ掛かり

五城目の門間さんは初上流で荒瀬でリョウケイ30尾丁度「下とは全然モノが違う」

  概    況 

 待望の一雨のあとの初日、やはり今日は好釣の人が多い。 今日の竿頭は村田寅さんの67尾、午前中湯口内で32尾、午後から前田小学校下で2時間半35尾、計67尾はサスガです。型も大中に特大混じり。 上流部荒瀬では盛岡の北田さんがリョウケイ揃えて60尾丁度、上の瀬肩で入れ掛かりだったそうです。荒瀬の60尾は圧巻、さすがです。同じく荒瀬に入った五城目の門間さんいつもは下の方を得意としていますが 今日は上流荒瀬に初挑戦…で30尾丁度、リョウケイの重量感と走りに「下とは全然モノがチガウ」と感激の様子です。
仙台の菅井さん親子は五味堀、息子さんが35尾、親父さんが47尾、親子そろってよく釣るもんです。「待望の一雨のあと、チャンスと見て駆けつけた」ということです。 岩手の寺澤さんは午前中温泉下で20尾、午後から五味堀で26尾で計46尾。 盛岡の千葉さん、いつもの秘密の場所は不釣、大岱に移動して31尾。県南の御大は阿仁河川公園で32尾。どこへ行っても数を揃えてきます。 最上流部笑内に昼前頃から入った浅利さんは16尾、こちらもモノがチガウ型揃い。アブはあまり出て来ない。ピークは越したようです。
温泉下では秋田の方々のグループ10人の大会がありました。昼まででトップが込みの17尾、2位が15尾だそうです。釣らない人は、お一つとか、お一つも釣らない人もいた…ということでしたが、それはそれで大会後がまた楽しそう。 今日も釣り日和…釣れた人、あまり釣れない人、全く釣れない人、様々でしたが釣果より安全第一、皆さんお盆最後の休日を心ゆくまで楽しんだようです。また明日です。
 
   

2019年8月17日(土) 

 

今日の阿仁川…温泉下(午前中)

今日の阿仁川…温泉下(午後1時前) ポツポツ掛かっています!!

  概    況 

 朝、川を見たらよもやの増水茶濁り、増水は60センチほど。阿仁川本川は朝から完全川止め。と思いきや支流小又川では朝から釣りになっていましたし、 午後からは本川の温泉下などは白岩あたりの合流上でも釣りになっていました。 小又川では15尾ほど、温泉下では23尾とか、白岩他では17尾とか、この濁りでも結構釣れていました。 昨日の雨、高をくくっていましたが結果待望の一雨となりました。この後はちょっとしたチャンスです。 夕方で濁りはだいぶ取れて多分明日はばっちり再開でしょう。また明日です。
 
   

2019年8月16日(金) 

 

今日の阿仁川…温泉下

温泉下で大宮の鈴木さんが午前中釣った23尾

萱草で札幌の方が釣った32尾リョウケイ

  概    況 

 午前中曇り、昼前から雨、水温22℃~24℃台。水位はマイナス62。濁りなし。
台風の接近で風が強い、川にはほとんど釣り人の姿はないが、雨が降り出すまでと頑張る人も…温泉下で竿を出した大宮の鈴木さんは午前中で23尾。 昼前から雨が降り出したが大した雨でもなく川に殆ど影響ありません。結局一日中頑張っていた人もおりました。 萱草で竿を出した札幌の方もリョウケイ32尾と昨日と変わらずイイ思い。今日はクマが出て来ない「せっかくカメラを用意していったのに」「かわりにアブがいっぱい」。
さてこの雨、この今夜も降る予報ですが、大雨の予報は時間3ミリ、1ミリと大幅に変わってます。多分このまま川には影響はないでしょう。 また明日です。




 
   

2019年8月08日(木) 

 

今日の阿仁川…小澤剛さんの大岱実釣2時間半20尾

今日の阿仁川…小澤剛さん実釣阿仁河川公園

今日の阿仁川…小澤剛さん実釣阿仁河川公園

今日の阿仁川…小澤剛さん阿仁河川公園実釣1時間半15尾。
本日実釣4時間、大岱20尾、阿仁河川公園15尾 計35尾!!

  概    況 

 小澤剛さん実釣!!「阿仁川最高!!」連発の一日。
 
   

2019年8月07日(水) 

 

今日の阿仁川…下前田温泉下 …小澤剛さんの実釣講習の様子

今日の阿仁川…下前田温泉下 …小澤剛さんの実釣講習中に釣ったアユ

  概    況 

 小澤剛さんの実釣講習!!見てる前で「釣る!!」。
 
  

阿仁川「新漁場開拓プロジェクト 」2019 

 阿仁川漁協では今シーズンより支流小又川四季美湖ダムの上流にアユの「新漁場」を造ります!! 天然遡上に影響されない放流100%の「新漁場」を開拓し、「釣り専用区」としてアユ釣りファンに提供します!!
新漁場のエリアは小又川森吉山ダム(四季美湖)の流れ込みから上流丹瀬沢合流までの2~3キロほどのエリア、ここは四季美湖によって隔絶されているため現在天然遡上はありません。

新漁場エリアマップ 

新漁場エリア 砕渕・深渡地区

このエリア特徴

①森吉山系からの連瀬沢、丹瀬沢、等々の清麗且つ流量豊富な沢々が流れ込む おかげで洪水で濁ったとしても澄むのが早い。

②アユの餌となる良質な苔の生える大石が多く、アユの棲息生育には絶好のエリアであると考えられる。
「大型で美味しいアユが育つ」ポテンシャルを秘めている。

③釣り人にとって自然渓相の中での釣りの魅力は非常に大きい。

④完全放流100%エリアとなるため天然遡上の多寡に影響を受けず釣り人の選択肢が広がる。
⑤過去に試験放流したことがあり効果が実証されている。

放流量は当初400キロ程度を予定しています。2~3キロメートルほど。川幅はおよそ20~30メートル。ご期待下さい!!

深渡橋付近↓

深渡橋から下流方向↓

深渡橋から上流方向↓


このページのトップへ

阿仁川アユ釣り情報発信「キクチおとり店」

〒018-4515 秋田県北秋田市阿仁前田字下川端201
阿仁川釣り券、オトリ販売
阿仁川天然活き〆アユ販売
携帯:090-7324-5573
モバイルMap↓

お問い合わせ


TEL 090-7324-5573



  




http://www.kumagera.ne.jp/kikuti/