大館ボラバスプロジェクト 浸水地域でボランティア

震災孤児は40名以上 震災遺児はおよそ150名も

陸前高田市で、震災によって両親を亡くした子どもは40名以上、片親を亡くした子どもはおよそ150名もいるのです。
人口約2万4千人の同市では、1556名の方が亡くなり、200名を超える方が未だにみつかっていません。
大人も子供も、心にどれほど大きな傷を負っているか・・・。

そんな陸前高田市の復興は進んでいるのでしょうか

国の「集中復興期間」が今年3月末で終わり、4月からは「復興・創生期間」となりました。
陸前高田市では復興計画を平成30年度までとしていますので、あと3年弱で完了の予定です。

防潮堤が形になり、また、災害公営住宅や高台での生活を新たに始めた方も増えています。

一本松等の震災遺構を含む広大な土地に計画されている高田松原復興祈念公園も、市民協働ワークショップなどを開催しながらその基本設計が練り上げられてきています。

そして、壊滅した中心市街地も大規模な嵩上げが行われ、新たな街のイメージが出来上がりつつあり、なかでも集客施設のメインと目されている大型ショッピングセンターや図書館は、先行してこの夏着工の予定です。

けれども、未だ多くの方々が仮設住宅に住んでいます。
市と市民の経済基盤を支える産業も、今はまだほとんどありません。

取り残された人たちがいることも、事実です。
復興が進めば進むほど、格差が広がってしまいます。

被災地に自律と自立が求められる「復興・創生期間」ですが、まだまだ先が見えない現状です。
全ての人たちの生活再建が叶い、街の復興と心の回復が成し遂げられることを願わずにはいられません。

隣県に住む私たちに出来ること

同じ東北人として、隣県に住む者として、彼らの街の復興と心の回復がなされるまで「ずっと忘れずにいよう」と誰もが思っているのではないでしょうか。
応援しているその気持ちを形に表して彼らに伝え続けることで、「忘れられていない」と実感してもらえる。
そう思ってもらえれば、長く険しいこの道のりを歩く辛さも、少しは軽減できるのかもしれません。
日帰り可能なこの地域に住む私たちには、出来る事があります。
出来る事をできる時に、一緒にやってみませんか。

「ボランティア活動への参加をお考えの皆様へ」復興庁

「陸前高田市長より全国の皆様へのメッセージ」YouTube
「陸前高田市長の日本外国特派員協会での講演(2013年1月24日)要旨」

「陸前高田市20120711」 YouTube
「陸前高田・希望 心の中の風景」YouTube
「今、つたえたいこと」岩手県陸前高田市立第一中学校 YouTube

  当プロジェクトでは、支援金を募集中です。


  
陸前高田市
まだまだ人手が必要です。

大館ボラバスプロジェクト 陸前高田復興サポートステーション

今からでも、決して遅くはありません。
思いのある方は、是非ご一緒に。

大館ボラバスプロジェクト

大館ボラバスプロジェクト

隣県に住む人々の心が折れないように、
皆様の力を貸してください。
「大館市民は忘れていない!」のメッセージを活動に込めて。

大館ボラバスプロジェクト 弔いの標

 第1回(2011年11月3日催行)の「大館ボラバス」には、中学生10名と高校生2名を含む、合計24名が参加されました。
 第2回(2012年5月27日催行)には、中学生4名と高校生7名を含む10代から60代の男女、合計26名が参加されました。
 第3回(2012年8月5日催行)には、中学生5名と高校生4名を含む10代から70代までの男女、合計25名が参加されました。
 第4回(2012年10月6日催行)には、高校生1名と大学生4名を含む10代から70代までの男女、合計24名が参加されました。
 第5回(2012年11月4日催行)には、中学生7名と高校生2名を含む10代から60代までの男女、合計27名が参加されました。
 第6回(2013年4月28日催行)には、中学生1名を含む10代から60代までの男女、合計26名が参加されました。
 第7回(2013年6月23日催行)には、小学生3名中学生5名高校生1名を含む9歳から60代までの男女、合計24名が参加されました。なお、この活動は、第一回「ヤルキタウンでかだってたんせ」と銘打ち、二つのコース三つのカテゴリーで実施しました。Aコースはこれまで通りの浸水地域での活動(7名)、Bコース(子供)は遊びによる交流(8名)、Bコース(大人)は見守りと傾聴(9名)でした。第一回「ヤルキタウンでかだってたんせ」の総括はこちらです。
 第8回(2013年8月31日催行)には、小学生4名中学生4名高校生1名を含む7歳から60代までの男女、合計21名が参加されました。
 第9回(2013年10月19日催行)には、小学生6名中学生1名高校生1名を含む7歳から70歳代までの男女、合計23名が参加されました。
 第10回(2014年5月18日催行)には、小学生4名を含む7歳から70歳代までの男女、合計27名が参加されました。
 第11回(2014年6月14日催行)には、小学生7名中学生1名を含む6歳から60代までの男女、合計26名が参加されました。
 第12回(2014年8月17日〜18日催行)には、小学生5名中学生1名を含む8歳から70代までの男女、合計13名が参加されました。
 第13回(2014年11月9日催行)には、小学生5名中学生4名を含む7歳から70代までの男女、合計27名が参加されました。
 第14回(2015年4月19日催行)には、小学生5名を含む8歳から70代までの男女、合計24名が参加されました。
 第15回(2015年8月22日〜23日催行)には、小学生1名中学生1名高校生1名を含む8歳から70代までの男女、合計16名が参加されました。
 第16回(2015年10月11日催行・Aコースのみ・現地集合現地解散)には、中学生1名を含む10代から60代までの男女9名が参加されました。
 第17回(2016年4月24日催行)には、小学生3名中学生1名を含む8歳から70代までの男女17名が参加されました。
 第18回(2016年6月19日催行)には、中学生1名を含む10代から60代までの男女7名が乗用車3台に分乗して参加されました。

 各回「参加者の声」はこちらです。

 大館ボラバスプロジェクトの活動は、NHK秋田放送局制作番組「ニュースこまち」の「報道室特集」(2012年10月9日放送)、東北電力ウェブサイト内「東日本大震災復興情報レポート【ともに前へ】」や、秋田県市民活動情報ネット情報誌「んだすな7月号(県北)」NHK総合テレビジョン「ニュースおはよう秋田」(秋田放送局2014年5月19日放送)等で紹介されています。
 また、新聞やラジオ等マスコミ各社によってもこれまで多くの報道がなされ、市民の皆様にご紹介いただいております。FM秋田「Lunch Time Steps」のPower Presentationで、チャーリーホイさんから告知もいただいております。
 大館ボラバスプロジェクト責任者(小林)の思いをつづった拙い投稿が、東海新報(2012年12月21日号 「五葉山」からの贈り物)tokaishinpo.pdf へのリンクと大館新報(2013年1月5日号 新春随想)odateshinpo.pdf へのリンクに掲載されました。
 大館ボラバスプロジェクトについて(規約等)は、こちらをご覧ください。

※ 全国のボラバス等に関する情報は、助けあいジャパン東日本大震災支援全国ネットワークNPO法人ボランティアインフォ等へ。

「大館ボラバス」実施予定

現在のところ、今年は次のとおりボランティアバスツアーの実施を予定しております。




2016年8月20日〜21日 被災地ボランティアバスツアー

2016年8月20日(土)〜21日(日)実施予定の「第19回被災地ボランティアバスツアー(大館ボラバス)」についてお知らせします。(現在、企画内容を調整中です。決定まで今しばらくお待ちください。)


このツアーは、参加者が自己責任で主体的に活動することによって、自己の学びと被災者への貢献を目指すものです。

参加される皆様には、現場に立ち、現場の空気を吸い、たくさんのことを感じ、想像し、様々な人々に共感していただければと願っています。

そして、特に若い皆様には、この活動をきっかけに、他人様や社会に対する自らの役割(使命)をそれぞれに見出していただければ幸いです。

当日の詳細は、現在検討中です。今しばらくお待ちください。



「東日本大震災 陸前高田市 あの日あの時」 YouTube
「陸前高田市 内陸部への震災前後比較」YouTube
「始動! 〜陸前高田市復興サポートステーション〜 遠野まごころネット」

今でも被災地に危険はあります。自己責任で護身の覚悟を。
(「大館ボラバスプロジェクト」に関するリスクマネージメントについては、こちらをご覧ください。)
なお、天候などの理由により急遽中止となる場合もあり得ます。悪しからずご了承ください。
ツイッターでその時々の情報をお知らせしておりますので、ご確認いただければ幸いです。

大館ボラバスプロジェクト

隣県だからこそできる支援。
長く険しい復興への道程、
応援し続けたい。

思いのある方はどなたでも。
まだ決して遅くはありません。
ぜひとも私たちと一緒に被災地へ。
(受付開始まで今しばらくお待ちください。)

大館ボラバスプロジェクト

「大館ボラバス」に関するお問い合わせは、こちらから。

少林寺拳法指導者(秋田県)の皆様へ

「大館ボラバスプロジェクト」の活動にご賛同いただける少林寺拳法の皆様には、是非とも当日、陸前高田市復興サポートステーション(SS)や再生の里ヤルキタウンでお会いしたいと存じます。
大館市民ボランティアの方々と、共に汗を流しませんか。

なお、秋田湯沢スポーツ少年団の松浦部長が「〜心の絆〜ひまわりプロジェクト」を率いて、この企画「ヤルキタウンでかだってたんせ」を共催しています。

秋田横手スポーツ少年団の杉山部長、秋田泉スポーツ少年団の保坂部長、秋田平鹿スポーツ少年団の橋本部長らが門下生と共にいつも参加下さっています。また、秋田仁賀保道院、秋田西道院等からも拳士が参加してくれています。

体力のある拳士の皆さんには、これまで通り少林寺拳法復興支援陸前高田チームの活動として、Aコース(浸水地域のボランティア)への参加をお勧めします。
また、少年拳士の皆さんには、ぜひともBコースへの参加をご検討下さい。現在大募集中です。
皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

秋田県の少林寺拳法関係各位のご参加をお待ちしています。ご連絡はこちらまで。

2012年10月9日に放送されたNHKの番組で、「このような気軽に参加できる活動が各地に広がると良い。」とアナウンサーがまとめてくれました。
各地に展開する少林寺拳法の皆様が、市民の皆様と共に活動するべく県内各地から出発するボラバスを出せるようになったら素晴らしいですね。

ご支援のお願い

大館ボラバスプロジェクトでは、法人・個人・団体等の皆様からの支援金を募集しております。(詳細はこちら)
また、街頭募金活動している姿を見かけられましたら、是非ともご協力をお願いいたします。

なお、「ヤルキタウンでかだってたんせ」を共催していただいているNPO法人再生の里ヤルキタウンへのご支援を、併せてお願い申し上げます。詳しくはヤルキタウンのブログにて

さらにまた、ボランティアの受け入れ窓口となっている陸前高田市復興サポートステーションでは、土木作業用具などの支援を求めています。こちら復興市場からご支援いただければ幸いです。

ご支援いただいている皆様のご紹介

○ 第十九回催行(第十三回「ヤルキタウンでかだってたんせ」)会計報告はこちら
支援金募金(東洋整体術)(再)
千葉 翔様(再)
佐々木亜希子様(再)

○ 第十八回催行(第十二回「ヤルキタウンでかだってたんせ」)会計報告はこちら
支援金募金(東洋整体術)(再)
千葉 翔様(再)
佐々木亜希子様(再)

○ 第十七回催行(第十一回「ヤルキタウンでかだってたんせ」)会計報告はこちら
支援金募金(東洋整体術)
千葉 翔様
佐々木亜希子様
支援金募金(大館ボランティアフェスティバル会場内にて)(再)
支援金募金(東洋整体術)(再)
千葉 百子様(再)
小林 佳久(再)
五十嵐 妙子様(再)
仁井 潤子様(再)

○ 第十六回催行(第十回「ヤルキタウンでかだってたんせ」)会計報告はこちら
支援金募金(大館ボランティアフェスティバル会場内にて)
支援金募金(東洋整体術)(再)
千葉 百子様(再)
小林 佳久(再)
五十嵐 妙子様(再)
仁井 潤子様(再)

○ 第十五回催行(第九回「ヤルキタウンでかだってたんせ」)会計報告はこちら
支援金募金(秋田県少林寺拳法大会口)(〜心の絆〜ひまわりプロジェクトとの間で按分)
支援金募金(東洋整体術)(再)
千葉 百子様
小林 佳久
五十嵐 妙子様(再)
仁井 潤子様(再)
嶋野 育子様(再)
菅原  弥様(再)
有限会社ポークランド様(再)
有限会社十和田湖高原ファーム様(再)
有限会社ファームランド様(再)
有限会社小坂クリーンセンター様(再)
中田 玲様(再)
株式会社平岡不動産鑑定事務所様(再)

○ 第十四回催行(第八回「ヤルキタウンでかだってたんせ」)会計報告はこちら
支援金募金(東洋整体術)
五十嵐 妙子様(再)
仁井 潤子様(再)
嶋野 育子様(再)
菅原  弥様(再)
有限会社ポークランド様(再)
有限会社十和田湖高原ファーム様(再)
有限会社ファームランド様(再)
有限会社小坂クリーンセンター様(再)
中田 玲様(再)
株式会社平岡不動産鑑定事務所様(再)

○ 第十三回催行(第七回「ヤルキタウンでかだってたんせ」)会計報告はこちら
大館ボランティアフェスティバル会場における支援金募金
五十嵐 妙子様
仁井 潤子様(再)
嶋野 育子様(再)
菅原  弥様(再)
有限会社ポークランド様(再)
有限会社十和田湖高原ファーム様(再)
有限会社ファームランド様(再)
有限会社小坂クリーンセンター様(再)
中田 玲様(再)
株式会社平岡不動産鑑定事務所様(再)

○ 第十二回催行(第六回「ヤルキタウンでかだってたんせ」)会計報告はこちら
嶋野 育子様
仁井 潤子様(再)
菅原  弥様(再)
千葉 百子様(再)
大館商工会議所青年部 会員親睦委員会 委員長 武田 純子様(再)
住友生命おおだて支部 宮崎 英子様(再)
佐藤 金光様(再)
日産プリンス秋田販売(株)大館鹿角地域統括鹿角支店 支店長 和田 光男様(再)
千葉  翔様(再)
有限会社ポークランド様(再)
有限会社十和田湖高原ファーム様(再)
有限会社ファームランド様(再)
有限会社小坂クリーンセンター様(再)
株式会社大館製作所様(再)
大館桂工業株式会社様(再)
中田 玲様(再)
株式会社平岡不動産鑑定事務所様(再)


お詫びと報告
仁井潤子様から2014年3月11日に5万円のお振込を頂いておりました。私どもの確認不足により、大変長い間ご紹介出来ずにおりましたことを、深くお詫び申し上げますとともに、ここに報告申し上げます。誠に申し訳ありませんでした。
なお、今後はこのような事態が起こらぬよう、記帳と確認を確実に実施してまいります。なにとぞお許しください。


○ 第十一回催行(第五回「ヤルキタウンでかだってたんせ」)会計報告はこちら
仁井 潤子様(再)
菅原  弥様
千葉 百子様
大館商工会議所青年部 会員親睦委員会 委員長 武田 純子様
住友生命おおだて支部 宮崎 英子様
佐藤 金光様
日産プリンス秋田販売(株)大館鹿角地域統括鹿角支店 支店長 和田 光男様
千葉  翔様
有限会社ポークランド様(再)
有限会社十和田湖高原ファーム様(再)
有限会社ファームランド様(再)
有限会社小坂クリーンセンター様(再)
株式会社大館製作所様(再)
大館桂工業株式会社様(再)
中田 玲様(再)
株式会社平岡不動産鑑定事務所様(再)

○ 第十回催行(第四回「ヤルキタウンでかだってたんせ」)会計報告はこちら
仁井 潤子様
有限会社ポークランド
様(再)
有限会社十和田湖高原ファーム様(再)
有限会社ファームランド様(再)
有限会社小坂クリーンセンター様(再)
株式会社大館製作所様(再)
大館桂工業株式会社様(再)
中田 直文様(再)
中田 玲様(再)
株式会社平岡不動産鑑定事務所様(再)

○ 第九回催行(第三回「ヤルキタウンでかだってたんせ」)会計報告はこちら
有限会社ポークランド様(再)
有限会社十和田湖高原ファーム様(再)
有限会社ファームランド様(再)
有限会社小坂クリーンセンター様(再)
株式会社大館製作所様(再)
大館桂工業株式会社様(再)
中田 直文様(再)
中田 玲様(再)
高橋 礼子様(再)
株式会社平岡不動産鑑定事務所様(再)

○ 第八回催行(第二回「ヤルキタウンでかだってたんせ」)会計報告はこちら
有限会社ポークランド
有限会社十和田湖高原ファーム
有限会社ファームランド
有限会社小坂クリーンセンター
株式会社大館製作所
大館桂工業株式会社
中田 直文様
中田 玲様
高橋 礼子様
株式会社平岡不動産鑑定事務所
支援金募金(北部ハーモニープラザまつりにて、東洋整体術募金箱)

○ 第七回催行(第一回「ヤルキタウンでかだってたんせ」)会計報告はこちら
支援金募金(イオンスーパーセンター大館店にて)、支援金募金(東洋整体術募金箱)、
なおみフローラルセミナー様

○ 第六回催行会計報告はこちら
佐藤晋様、松橋様、支援金募金(東洋整体術募金箱)

○ 第五回催行会計報告はこちら
支援金募金(ボランティアフェスティバルにて)、支援金募金(東洋整体術募金箱)、木村様、匿名、
金剛禅総本山少林寺大館三ノ丸道院

○ 第四回催行会計報告はこちら
支援金募金(イオンスーパーセンター大館店にて)、支援金募金(東洋整体術募金箱)、
金剛禅総本山少林寺大館三ノ丸道院、匿名

○ 第三回催行会計報告はこちら
支援金募金(東洋整体術設置募金箱)、東洋整体術おおだて療術センター、
金剛禅総本山少林寺大館三ノ丸道院

○ 第二回催行会計報告はこちら
秋田県少林寺拳法連盟

○ 第一回催行会計報告はこちら
金剛禅総本山少林寺大館三ノ丸道院


スタッフボランティア募集中!

「大館ボラバスプロジェクト」では、被災された方々が、心折れることなく復興への長い道のりを元気に歩んでいただけるよう、大館市民の皆様と共に応援・支援し続けていきたいと考えております。

ついては、スタッフとしてこの活動に参画(企画・運営等)していただけるボランティアを募集します。
お志のある方は、どうぞお気軽にメールでお知らせください。
お待ちしています。

「大館ボラバス」ご参加の皆様へ

活動終了後は、こちらからアンケートにお答えください。
(参加者向けのページはこちら

大館市少林寺拳法協会 ツイッター
大館ボラバスに関する情報をtweet

大館ボラバスプロジェクト
大館ボラバスプロジェクト