<北東北の名山>
   焼 山
Mt.yakeyama

 焼 山(1366.1m)
 焼山は、八幡平の西に位置し、東の栂森と南側の黒石森とを外輪山とする二重式火山である。栂森火山の尾根は火山性のガスや強風の影響を受けるため、緑の毛せん(カーペット)を敷きつめた景観が広がる。カーペットを構成する主はガンコウランやツツジ化のイシツツジ、コケモモ、ミネズオウ、コメバツガザクラなど。その周縁部ではウラジロヨウラクやハクサンイチゲのピンクと白の花が、雲上のカーペットに彩りを添えてくれる。
 黒石森火山の中央には溶岩円頂丘がそびえ、その荒らしさから「鬼ヶ城」と呼ばれている。鬼ヶ城の西側から焼山北側かけて、東西1`、南北0.6`の火口が見られ、コバルトブルーの水をたたえた長径300mの卵型の火口湖周縁部からは噴気が上がっている。

玉川大橋より焼山を望む

トレッキング
ガイド

日本火山の会
竹内晋吾HP

 登路は山麓の東西に湧出する名湯、後生掛温泉と玉川温泉を結ぶ古くからの縦走路がある。一般的には後生掛温泉から緩やかなブナ林帯を登り、毛せん峠に向かう。火口湖を経由し〜名残峠で八幡平や岩手山、森吉山の眺望を満喫。すぐ下のガレ場を下ってオオシラビソ林を抜け、ブナ林の中の道を行くと、やがて叫沢に出る。ここから終点の玉川温泉までは間もなくだ。火山と変化に富んだ植生群を愛でる7`4時間コースだ。

<焼山〜玉川温泉縦走コース>
行程:8.5キロ 4時間30分 
標高差:登り379m 下り580m

後生掛温泉(980m)→毛せん峠(1359m)→避難小屋(1280m)→
鬼ヶ城→名残峠(1330m)→玉川温泉
(750m)
後生掛温泉をスタート 毛せん峠に向かうブナ林帯を行く
アオモリトドマツ帯から八幡平を望む
毛せん峠から火口湖と名残峠を望む ガンコウランとイソツツジに敷きつめられた毛せん峠
コケモモ ガンコウラン
避難小屋から毛せん峠を振り返る 縦走路から避難小屋と鬼ヶ城を望む
シラタマノキ アカモノ
鬼ヶ城 焼山火口湖を望む(直径300m)
名残峠から火口湖と毛せん峠を望む
名残峠から玉川温泉を望む 名残峠を下りる
ブナ帯を下りる 玉川温泉到着
散策路から登山口を望む 毎分約9トンの強酸性の源泉
玉川大橋より焼山西麓を望む(10/10)

北東北の名山のメニュー
秋田駒ヶ岳 八幡平 乳頭山
岩手山 焼 山 白神山地

 北東北の名山位置図 

森吉山ガイドマップ ネイチャーガイドの申込み

フォトギャラリーのメニュー
森吉山遠景 森吉山の四季 森吉山花図鑑 太 平 湖 小 又 峡 小 又 川
クマゲラの森 桃洞渓谷 赤水渓谷 中の又渓谷 立又渓谷 桃 洞 杉
山麓高原 マタギの里 森吉山からのパノラマ 森吉山頂部のパノラマ

トップに戻る トレッキングガイド フォトギャラリー