<北東北の名山>
            秋田駒ヶ岳Mt.akitakomagadake

秋田駒ヶ岳 最高峰 男女岳(1637.4m)
 駒ヶ岳は、十和田八幡平国立公園の最南端に位置し秋田県第一の高峰で、本峰の男岳(1623m)や火口丘の女岳(1512m)、寄生火山の男女岳(1637m)などからなり、各地の駒ヶ岳と区別するため秋田駒ヶ岳と呼ばれている。
 豊富な高山植物と珍しい火山地形と展望に優れた名山として知られ、山頂一帯に咲くヒナザクラ、タカネスミレ、コマクサ、エゾツツジに代表される数百種類の高山植物は、19262月 国の天然記念物に指定された。

男岳とコマクサ(大焼砂にて 7.10)

トレッキング
ガイド


山田隆雄HP
 登路は6月〜10月の期間は田沢湖高原の「アルパこまくさ」から八合目(1305m)の登山基地までシャトルバスが運行(6時から午後5時まで19往復、マイカー規制有り)されている。八合目駐車場からは避難小屋がある阿弥陀池(1530m)まで50分程度で登ることができる。また、湯森〜笊森〜千沼ヶ原〜乳頭山を経て乳頭温泉郷に至る縦走コースの起点終点になっている。他に古くからの信仰登山の中生保内口、水沢温泉郷からの水沢口、旧乳頭スキー場口、岩手県側は国見温泉口がある。
<秋田駒ヶ岳周回コース>
(秋田駒ケ岳周遊マップ)
行程:8.5キロ 6〜7時間 標高差:237m
8合目中車場(1310m)→(シャクナゲコース)→焼森→横岳(1583m)→(大焼砂:コマクサ群落)→
(ムーミン谷:チングルマ群落)→女岳→男岳(1623m)→阿弥陀池→男女岳(1637m)→8合目駐車場
片倉岳新道コースは田沢湖の展望台 (ミヤマダイコンソウと田沢湖借景:6月中旬)
シャクナゲコースを行く 7.15 焼森のタカネスミレ群落 6.29 ミヤマダイコンソウと湯森山 6.25
シャクナゲコース焼森直下から遠くに八幡平〜岩手山、笹森〜湯森〜笊森〜乳頭山への縦走路を望む
阿弥陀池素描 
阿弥陀池避難小屋から馬の背〜男岳〜男女岳を望む 
ミネザクラ 6/17 阿弥陀池周辺のチングルマ 6/19  ミネズオウ 6/15
アオノツガザクラ 6/16 阿弥陀池とヨツバシオガマ  7/17  ニッコウキスゲと阿弥陀池 7.15 
横岳大観望から大焼砂〜ムーミン谷〜小岳〜女岳を望む 7.7
大焼砂から女岳〜男岳〜馬ノ背〜横岳を望む 7/10
馬の背(ミヤマキンバイ ) 7/1  馬の背(岩稜の住人:イワウメ) 横岳直下(ミヤマキンバイ)7/3
イワブクロ 7/5 大焼砂のタカネスミレ群落  7/1 ミヤマウスユキソウ 7/2
大焼砂からムーミン谷を望む 7月上旬  大焼砂のコマクサ群落 7月上旬 大焼砂のコマクサ群落 7月上旬
ムーミン谷のドウダンツツジ  6下旬   ムーミン谷入口(チングルマ)6月下旬  コイワカガミ 6中旬 
岩稜の貴婦人(エゾツツジ)  ムーミン谷のエゾツツジ 7/12   ムーミン谷のチングルマ  6月下旬  
女岳噴火口にて
男岳付近から〜大焼砂〜ムーミン谷〜女岳を望む 7月上旬 
男岳から男女岳〜馬ノ背〜大焼砂〜ムーミン谷〜女岳を望む 7月上旬
男岳から男女岳〜阿弥陀池〜馬ノ背〜大焼砂〜ムーミン谷を望む 7月上旬

 シャクナゲコース焼森直下から焼山〜八幡平〜岩手山、笹森〜湯森〜笊森〜乳頭山への縦走路を望む  (9月下旬)
 シャクナゲコース焼森直下から遠くに八幡平〜岩手山、笹森〜湯森〜笊森〜乳頭山への縦走路を望む (9月下旬
 焼森ピークから雫石市方面  (9月下旬
 焼森ピークから横岳〜馬の背〜男岳〜阿弥陀池〜男女岳 (9月下旬)
 横岳ピークから大焼砂〜小岳〜女岳〜男岳を望む  (9月下旬
 馬ノ背からムーミン谷を俯瞰  (9月下旬

北東北の名山のメニュー
秋田駒ヶ岳 八幡平 乳頭山
岩手山 焼 山 白神山地

 北東北の名山位置図 

ネイチャーガイドの申込み

フォトギャラリーのメニュー
森吉山遠景 森吉山の四季 森吉山花図鑑 太 平 湖 小 又 峡 小 又 川
クマゲラの森 桃洞渓谷 赤水渓谷 中の又渓谷 立又渓谷 桃 洞 杉
山麓高原 マタギの里 森吉山からのパノラマ 森吉山頂部のパノラマ

トップに戻る トレッキングガイド フォトギャラリー