本文へスキップ

あきた米代水系阿仁川のサクラマス釣り

King of the river…「Masu salmon」

米代水系阿仁川のサクラマス

阿仁川サクラマス

4月22日(土)


芳賀君本日もゲット!!


芳賀君本日2本ゲット!!


下流部工業団地付近 依然として水が多く濁りもきつい。あと50センチ下がれば…下流部でぽつぽつとは上がりそう。



4月16日(月)


阿仁川屈指の好ポイントの新田目地区…今シーズン未だ声なし。


本城エリアも音沙汰なし。



4月11日(火)



地元の名人

  • ここずっと米代川水系は雪解けが進んで増水、濁りでコンディションはよくない。そんな中でも釣る人は釣るもんですね〜地元の名人、「いない、こんなにマスがいない年は初めてだ」なんてぼやきながらもしっかり釣ってました…しかも自分の隣で…。
  • 「粘りと根性、一日竿を振って旨いビールが飲めればそれでいい…ガツガツした気持ちでやってたって釣れねーよ 」「今日はダメパターンもう、マスはいね〜」なんて言いながら「又来ちゃった!」この日二本目。「修業が足りない」なんても言われちゃいました。脱帽!!


4月4日(火)



芳賀君が仕事帰りに釣ったというサクラマス…よく釣るもんだわ。仕事休んできても釣れないのに…

4月4日(火)米代川切石地区 釣れませんでした。



解禁!!待ちに待った北国の春一番の釣りものサクラマスの解禁だ!!



能代の芳賀さんが下流域産物で釣ったサクラマス(52センチ)



4月2日下流域大林



4月2日二ツ井地区 釣れてるもんだろうか…



二ツ井地区。



阿仁川増沢地区

  • いよいよサクラマスが解禁だ。
  • 米代川どこも早朝暗いうちから釣り人が蠢いている。ここ二三日雪解けが進み川は濁り気味で水も高くなってきているが、何しろ解禁である。ほぼ手つかずの川、いればガッツーン間違いなしの川がそこにある。
  • はちきれんばかりの大きな期待を胸に第一投…第二投…第三、四、五……来ない。少ないとは聞いていたがまるで生命反応がない。上の空を飛ぶ白鳥だけがやたらと生命感を振りまいている。それでもロッドを振り続ける…来ない、3ヵ月も前から選び抜いたルアーを取り換えひっかえ…シュマリだ、ビットストリームだ、ディーコンタクトだ…自信の実績ルアーを投入するが来ない。しまいには 名の知れぬスプーンやらスピナーまで投げ飛ばすが来ない。「今年のサクラマスは相当にキビシイ」。
  • いくら待ちに待った解禁でも次第に心が萎えてくる、一帯はほぼ攻め立てたつもり、もう投入するところがない。すると他人が気になり始める。誰か釣れてるものなのか…断片的にどこからともなく情報が入ってくる。どこかで誰かがイッポン上げたらしい…型は分からないとかあまり大きくはないとか、…いずれ華々しい話は聞こえてこない。突然、隣の釣り人が「キタッ」って言う、釣れたかと思って見たら来たのは監視人だ。
  • 米代川の監視人はやたらと仕事熱心だ。ほとほと感心する。監視人を天職と心得ているに違いないと思えるほど熱心だ。密漁が横行していた経緯もあってか釣り人を泥棒だと信じて疑っていない。釣り人のほうでは監視人を強盗だと思っている人もいる。泥棒だと思われて反目しても、釣り人だってまったくの善人でもあるまい。何不自由なく暮らしているくせに生き物を殺さなくっちゃ寝られないなんていう人種なんだから。
  • 場所を移動する。あちこち要所要所にはしっかり釣り人が陣取っている。入るスキがまるでない。結局あっちウロウロこっちウロウロして一日終わり。全然釣れない、カスリもしない。本来サクラマス釣りとはそんなものだ。昨年が良過ぎた。
  • あとから聞いても釣れた人は何人もいるわけではない。かなり確率が悪い。それに型が良くない。いい場所で来ても一匹、型といえば60オーバーはほとんど聞かない。逆にごぼう抜きできるほどの小型という話の方が多い。40センチクラスじゃサクラマスとは言えない。この後に期待するしかないが、海にいないんだから川にはもっといない。どっちにしても一番の盛りはサクラの花の咲くころ、その時の運を祈るに祈るしかなさそうだ。

いよいよ解禁。
待ちに待った北国の春一番の釣りものサクラマスの解禁だ!!



3月25日(日)阿仁川に秋田県水産振興センターが放流したサクラマスの幼魚(アバウト1万尾)



解禁まであと10日

3月19日(日)米代川河口沖の日本海 例年だとこの辺にいるハズだが。

  • 遡上状況が気になって海に出てみました。サクラマスの引き釣りをやってる漁師さん方の無線ハナシを聞く限りでは良くないという話がもっぱら、いい話は聞きません。「昨年の今頃だったら一日4,5本、今年は全部足してもまだ4,5本」というハナシ。
  • 網にも掛かっていないようです。既に殆どが川に入ってしまったということも無いでしょうから、海で少ないということは川でも少ない。さて、どの程度に少ないのか…「今季は昨年並みの期待は持てない」というのが一致した見方…果してどうか、解禁まであと10日。


解禁まであと3週間

3月9日 米代川天神(阿仁川漁協エリア)



シーズン2016 

昨シーズン…阿仁川増沢エリアで「上手い人」が釣った3キロクラス

  • 昨シーズンはイイ思いをした人が多かったと思います。今年も期待しましょう!!
    米代川水系のサクラマスは下流部から始まります。阿仁川に入ってくるのは解禁から少し経ってから、例年5月連休前後がベストシーズンとなります。


シーズン2016 

昨シーズン米代川富根エリアでの「下手の人」



2017年2月12日…今日の阿仁川

阿仁川中流部「採石場」付近

  • 今年は雪が例年並みといったところでしょうか、シーズン当初は雪が少なくてイイな〜なんて思っていたんですが、なかなかどうして、よく降りました。今のところ例年通りといったところでしょうか。この日で積雪80センチほど。


シーズン2016年

阿仁川新田目エリアで釣った60センチ未満…リリース…



シーズン2016年

米代下流部鶴形エリアで釣ったフレッシュサクラマス



シーズン2016年

阿仁川本城エリア辺りでフライにキタ2キロ



シーズン2016年

昨シーズン米代川切り石で釣ったサクラマス2.5キロ

  • ルアー全盛の中でフライ一筋の人もいる。これがまた釣っている!!


シーズン2016年

阿仁川新田目エリアで釣った2、5キロ



シーズン2016年

昨シーズン米代川下流域で釣った2.5キロ



バナースペース

Anigawa
Otori Shop Kikuchi

〒018-4515
秋田県北秋田市阿仁前田字下川端201

TEL 090-7324-5573
FAX 0186-75-2306