本文へスキップ

新しい視点で活動する Anigawa gyokyou

組合長ブログ 

アユの放流後の移動範囲
(6/01)

「秋田の内水面魚類増大事業」移動範囲等追跡調査する事業が行われています。早くも意外な移動行動が確認され始めています。 5月21日の放流からわずか5日後の26日には五味堀橋下でダマになった300尾くらいの群れが確認されています
次の日には前日より明らかに小型の群れが目撃されています。(標識ははサイズ大が脂びれカットのみ、サイズ小が脂びれ、右腹びれカットと2種類に分けて放流しています。) 意外に遡るもんだと驚いていたところ、今度は6月1日に根小屋堰堤下で1尾サイズ大が1尾捕獲されました。上にも行くし、下にも行くし、まだまだデータが少ないので全体像は分かりませんが、 面白い結果が出始めています。この後が楽しみです。  ←5月26日五味堀橋下の大サイズ群

 
↑根小屋堰堤で捕獲されたサイズ大群の1尾

アユの放流が行われました
(5/21)

「秋田の内水面魚類増大事業」阿仁川漁協委託分のアユの放流が行われました。標識付して放流後の生育状況、移動範囲等追跡調査する事業です。標識は脂びれをカットしています。シーズンに入って釣り人の皆様が脂びれのないサカナが釣れた時はご一報頂くと大変助かります。
 

 

 

遡上アユ根小屋堰堤到達は時間の問題
(5/20)

 昨日、本城堰堤下を見ていますと、激流に翻弄される遡上アユは日に日に増えてきています。魚道にもチャレンジしているようです。 アオサギがアユをくわえていました。http://www.kumagera.ne.jp/kikuti/
因みに昨年の根小屋堰堤通過初確認日は5月27日でした。川は雨で増水しています。堰堤越えは水次第です。
(遡上情報は釣行を誘うものではありません。この先宣言が解除されたとしても県をまたぐ釣行は慎重にも慎重なご判断をお願いします)  

遡上アユ本城堰堤下に到達!!(5/17)

 天然遡上アユは友釣り主戦場エリアまで、あとひといきのところまで到達しています。今年は解禁から期待が持てるかもしれません。日に日におぜん立てが整ってきています。

天然遡上良好!!(5/11)

今シーズンの天然アユ遡上は良好のようです。米代川から阿仁川へもすでに入ってきています。小さい群れはアチコチで確認されています。 今年の阿仁川アユシーズンはそれだけ見るとマズマズよさそうです。問題は今年の夏がどうなっているか…一刻も早い収束を願います!!

「新しい生活様式」(5/09)

「遊びに行くなら屋内より屋外を選ぶ」ということです。
渓流、サクラマス釣りはピッタシ!!都道府県をまたいだ釣行は依然自粛ですが、個々の生活エリアであればイイでしょう!!川も山も海も超過疎エリア、「遊びに行くなら釣り」でしょう。少しずつ始めてみてもいいのでは…。

県外からのサクラマス釣りの方々へ(5/05)


県外からのサクラマス釣りの方々へ自粛して下さるようテレビで呼びかけました。
(5月5日秋田テレビで放送されました)

令和2年度の「小又川新漁場中止」について
(5/04)

今期も計画していました「小又川新漁場」ですが、新型コロナの感染拡大を受け、「人寄せにつながる企画はいかがなものか」ということで検討した結果…
「今季は中止!!」

ということにしました。 まことに残念ですがご了承下さいますようお願いいたします。
県の早期放流試験放流委託分は新漁場ではなく阿仁川本川に実施することとしました。「本川の放流分は増加」することになります。

サクラマス釣り情報を休みます(4/27)

HP「米代川水系サクラマス情報」をしばらくの間休みます。この時期サクラマス釣りだけを楽しみに生きてきた方々に出来るだけリアルな情報をお届けしたいと思い情報を収集し発信してきましたが、 サクラマスの写真を見て、我慢堪らず行きたいと考える人が出てくれば元も子もないと思いしばらくお休みにすることにしました。一日も早い感染終息を願うばかりです。

この後も県外からの釣行は絶対に我慢していただきますようお願いいたします。

遠征釣行自粛について(4/25)

米代川水系サクラマスシーズン真っ盛りです。しかし、県外の釣りファンには大変申し訳ありませんが釣行自粛を呼び掛けています。 にも拘わらず川には県外ナンバーの車が多く見られます。特定警戒都道府県からの来訪も少なからず見られます。ここは我慢です!!サクラマスを釣りたい一心は十分以上に分かります、しかし、今こそ釣り人の良識が問われます!!ここは我慢です!!県外からの釣行は絶対にお控えください!!
宜しくお願い致します。

遠征釣行自粛について(4/21)

サクラマス、渓流のシーズンですが、感染拡大防止のため、都道府県をまたいだ釣行は自粛していただきますよう重ねてお願い致します。
一刻も早い事態の終息を願うばかりです。

米代水系サクラマス釣行を計画の方へ(4/20)

ここは我慢の時です!!米代水系サクラマス釣行を計画の方、都道府県をまたいだ釣行は絶対に我慢です!!

令和2年度の「小又川新漁場」について

新漁場は令和2年度においても継続することに決定しています。今令和2年度においても民間事業会社様のご厚意により放流アユ200キロ分のご寄付を頂戴できることになりました。 また県の増殖事業の委託分についても内定しております。 県の放流分は県の予算そのものが削られたこともあり前回の200キロから150キロ程度になる見通しです。漁協分と県委託分合計放流量は350キロとなっています。昨年のデータを生かし放流場所等を工夫し、釣果が上がる魅力的な新漁場造りを目指しています。

新漁場の金アユ


河川工事について

世界規模の気候変動の影響で豪雨による洪水、逆の日照りによる渇水などが頻繁に発生するため漁業資源、遊漁者にとっても厳しい状況が続いています。 このため河川工事が頻繁に行われ濁水の垂れ流し、河川形状の変更などサカナにとっても釣り人にとっても河川環境は悪化の一途を辿っております。 このような状況下、阿仁川の河川環境を守っていけるのは唯一阿仁川漁協であるとの認識を深めて関係機関にも働きかけ解決を図っていかなければならないと考えております。

阿仁川漁業協同組合

〒018-4301
秋田県北秋田市米内沢字柳原9-3 TEL 0186-72-4540

※ここに掲載する記事には一部に個人的見解も含まれます。