2017年8月20日(日)

 

今日の阿仁川 温泉下(午後3時頃)

秋田の伊藤さんは荒瀬で32尾、荒瀬では大森さんも28尾

秋田の小野寺さんは昨日に続いて最上流部は鳥坂…良型揃えて25尾

岩手の藤平さんは本日大岱…実釣3時間で30尾、同行の方は10尾ほど。盛岡の3人Gも大岱…35、32、28尾…「3人で95尾」

岩手の寺沢さんが白坂と温泉下で釣ったアユ51尾

浪岡の福士さんは湯口内で38尾、向山橋上で17尾計55尾…日曜日とあって入るところなく残りアユ拾い

   概    況

晴れ、暑い一日 平水マイナス10センチ、濁りなし。日曜日とあって釣り人が多い…が、今季の阿仁川遡上数が多く少々釣り人が多くても数だけは釣れてます。例年だと最上流部で釣れているサイズが中流部で釣れるサイズだが「自然界」のこと、嘆いたって仕方ない、何しろ遡上数が多いんだから…そういえば今シーズン「ボウズ」とか「つ抜け」だとかの言葉を聞いたことがない。「ダブルでいった」とか「親子どんぶり」とかも聞かない。代わりに「小せぇ」とか「こんなのバッカリ」とかはよく聞きます。

今日は水温が久々に24℃台まで上昇、アユの活性も高く、釣り人の数の割には良く釣れた人が多い感じです。当たりも引きも良く少々小振りなのを除けば十分に楽しめた一日だったような気がします…数は全般20前後~50前後といったところでしょうか。
リョウケイ求めてアブの猛攻をものともせず最上流部にチャレンジする人は本日もイイ思いをしておりましたデス、ハイ。
 

2017年8月19日(土)

今日の阿仁川 白坂上 午後2時頃

白坂で盛岡の方が釣ったアユ

小学校下では宇都宮の内藤さん3人Gが19尾21尾26尾(ビリ除き)

秋田の成田さんこのところ来る度好釣50近くの釣果だが今日は昼前で終了大岱で26尾…
(鮎釣り始めて一年目)

秋田の小野寺さん…最上流部で良型まじえて33尾

能代の塚本さん…今日は最上流部比立内川で37尾同行の大森さんも37尾。やはり最上流部は全然モノが違う。アブがいようがクマがいようがもう下には戻れない。

   概    況

曇りのち晴れ、平水、上流域で降ったようで本流筋は萱草あたりから茶濁り。下流域は笹濁り。水温23℃台。今日は土曜日とあって釣り人が多く、釣れると聞いて初めて来られた方が必ずしも皆好釣とわけではなさそうですが…それでも全般20尾前後から30、40は釣れていたようです。
今シーズンは数釣りの年、小振りなのは仕方なし…小振りでも釣れないことには回らない。良型求めるとすればアブの猛攻は覚悟しないとならないし…。本日も釣る人は結構釣れていましたデス、ハイ。
 

2017年8月18日(金)

千葉さんはパチンコで入れ掛かり

塚本さんは最上流部岩野目で45尾…やっと阿仁川らしい大アユ揃い

大宮の鈴木さんは吉田で50尾ジャスト

藤根さん今日は大渕で44尾…やや小ぶり混じりだがマズマズの型

東京の藤森さんはアブの巣窟萱草…良型まじえて27尾

秋田の浅利さんは最上流部笑内で20尾、大はギリ23センチ

   概    況

午前中は晴れ、午後から曇り、局地的に雷付きのゲリラ豪雨。川には影響なし平水、濁りなし。水温23℃台。最上流部は数が限られてきた感じです。良型はまじるものの数が出なくなっています。アブの数だけは半端ありませんが…。そんな中で塚本さん岩野目で45尾はさすがです。しかも型がイイ、幅広23センチクラスをまじえての型揃い「久しぶりの阿仁川らしいアユ」。吉田では大宮の鈴木さんが雷で中断するも50尾丁度、同じく吉田では宮城の方が36尾、午前中わずか3尾にどうなることかと思ったが午後からバタバタ33尾で計36尾。千葉さんは阿仁河川公園で18尾、パチンコで25尾で計43尾。藤根さ今日は昨日の白坂より少し上の大渕で44尾…等々、本日も全般20尾前後から40、50尾前後…釣る人は本日も結構釣れていましたデス、ハイ。
 

2017年8月17日(木)

今日の阿仁川 採石場下 午後4時頃

採石場で伊藤さんが釣ったアユ…釣ったのは39尾だが小振りが多い

花巻の藤根さんは白坂で40チョイ…結構良型混じり

福島相馬の佐藤さん小学校前と温泉下で31尾 

   概    況

朝方少しぱらつく時間帯もあったがその後はずっと曇り、水温22℃台、平水濁りなし。本日も昨日と似たような展開です。ポイント上流から中流域まではほぼ全域に広がっています。 全般20前後から多い人で50尾ほど、型は特別当たったところは除いて何処も似たようなもので中小型中心。

福島相馬の佐藤さんは温泉下と小学校下で31尾、砕石場では秋田の伊藤さんが39尾ですが捨てたのが10尾ほど。湯口内では 盛岡の人が30尾ほど、その下の吉田では茨城の方が35尾。白岩では栃木の清水さんが掛けたのは40ほどで使い捨てが10尾ほど。花巻の藤根さんは白坂で40尾チョイ、ここはどういうわけか型がイイ。盛岡の千葉さんも白坂で良型まじえて33尾小又で17尾計50尾 …本日も数は結構釣れていましたデス、ハイ。
 

2017年8月16日(水)

上流部荒瀬(撮影千葉さん)

荒瀬で千葉さんが釣ったアユ…29尾釣りました(撮影千葉さん)

今日の阿仁川最上流部鳥坂…ここで川越の野原さんは良型38尾

仙台の菅井さん親子は大岱他で46尾と33尾…特に大岱では2時間で23尾の入れ掛かり 

大森さんは最上流部で32尾

角館さんは本日パチンコ他…全部で39尾 

   概    況

曇り、水温22℃台、平水濁りなし。涼しい秋風の吹く一日。 昨日より水温も下がり少し活性が落ちた感じがします。それでも全般20前後から40前後は釣っていた感じです。ポイントは上から下まで広がってきています。何処が釣れるかではなく誰が釣るのか…という感じ。最上流部鳥坂では川越の野原さんが良型38尾、湯口内と小又が角さんが39尾、荒瀬では千葉さんが29尾、菅井さん親子は大岱他で44尾と33尾…地元の佐藤さんは湯口内で42尾「久しぶりにイイ釣り」…型は中型中心…もう少し大きいのがそろえばいいんですが、ま、今シーズンに関してはないものねだりというもんでしょう。ひところのビリアユに悩まされることはなくなってきています。
 

2017年8月15日(火)

埼玉の斎藤さん…白坂で90尾…一人貸し切りやりたい放題。型も良く大中揃いビリは5匹くらい

白坂で斎藤さんの釣果

盛岡の藤平さん2人Gは大岱で50尾と27尾

東京はたさんは萱草でアブと格闘しながら良型25尾、みんなマルマル太ったアユ 

浅利さんは最上流部で32尾

札幌の米田さんは本日「鮎釣りの雰囲気はしない源流部」でイイアユ揃えて20数尾 

   概    況

曇り時々晴れ。水温24℃台、平水濁りなし。今日もイイ釣りしていた人が結構おられました。埼玉の斎藤さんは「白坂やりたい放題の貸し切り」で90尾ジャスト、型も良く「白坂でこのサイズ」かと思うようなイイ型揃い…皆さん上流に向かう中、まさに「人の行く行く裏に道あり花の山」ですが、いくら貸し切りでも90尾はなかなか釣れるもんじゃありません。大渕では大宮の鈴木さん30尾ほど、温泉下の下でも岩谷さんが30尾丁度。大岱では仙台の菅井さん親子がが44尾と43尾。同じく大岱で藤平さん兄弟が50尾と27尾。温泉下では秋田の三浦さんがそこそこの型揃いで27尾、いつもビリバッカリの今季の温泉下復調の兆しです。昨日67尾の宇都宮の佐々木さんはアチコチ歩くも結局本日同じ五味堀に戻って46尾…中流部のアユはいまいち痩せていますが上流部はマルマル太って回復してきています。今後もお天気が続けばイイ釣りが期待できそう。
 

2017年8月14日(月)

今日の阿仁川 採石場から阿仁前田方面

岩手の熊谷さんと吉田さんは前田小学校前と桂瀬、午後から小学校前に戻って合計50尾チョイずつ

五味堀では宇都宮の佐々木さんが67尾

柏の佐藤さんは白岩で20尾ほど 

温泉下の下では大森さんが32尾 

角さんは小又川で35尾小学校で25尾で計57尾 

   概    況

曇り時々晴れ。水温23℃台、平水濁りなし。暑さが戻ってきました。やはり鮎釣りは水温が一番、今日は全般好釣果の方が多かったようです。型も回復基調…そこそこオトリサイズ揃いで回転が効いてきました。場所によってはふっくらした好ましいアユも釣れはじめています。ポイントも一段と広がりを見せています。今日は今後に期待が膨らむ一日…尤も釣りですから運悪く期待がはじけてお休みがお仕舞という方も…。
 

2017年8月13日(日)

今日の阿仁川 温泉下の下(午後5時頃)

寅ちゃんは午後から大岱と前田小学校前で30尾チョイ…夕方小学校は良型まじえて入れ掛かり

秋田の方が岩野目で12尾、湯口内で8尾計20尾 

小野寺さんは白岩と湯口内で32尾 

   概    況

曇り午後から久しぶりに日が差して夏らしい天気…かと思えば小雨がパラついたり。水温22℃台。平水、濁りほぼなし。やはり日が差すと鮎釣りは違う。昨日とは様変わり、ビリバッカリがいきなりまともなアユで回り出したり…鮎釣りはホントに分からない。五味堀で竿を出した群馬の富沢さんは9時頃からポツポツ掛かり始め日がした時間帯は入れ掛かり…52尾ビリはわずかに1尾…「昨日が悪くても川を知る気持ちで通いつめたら当たった」「今季阿仁川自己最高」。小野寺さんは白岩で12尾、湯口内で20尾計32尾…型は中小型「数はイイがもう少し型が良ければ」。寅ちゃんは午後から大岱と前田小学校前で30尾チョイ…夕方小学校前で良型まじえて入れ掛かり。やはり照りこめば釣れる。
 

2017年8月12日(土)

今日の阿仁川 根小屋堰堤下流(午後4時頃)

   概    況

朝から雨、一時土砂降り、午後から上がって曇り。川は20センチほど増水、うっすら濁り。水温一日中19℃台。
雨の降り具合を眺めながら…「ヨシヤルッ」という人、「これじゃ帰る」という人…。ヨシやると勇んだ人でも結果は散々…土砂降りに川はたちまち増水、ハッと思ったらおとり缶が既にナイ…なんていう人も幾人か…。頑張れど、頑張れど釣れてくるのはビリアユばっかり…なんていう人も。午後には雨が上がって増水は釣り可能の範囲内…明日に期待です。
 

2017年8月11日(金)

今日の阿仁川 温泉下(午後4時頃)
小又川合流から下もだいぶ水が澄んで今日あたりから竿を出す人も増えてきています。

大宮の鈴木さんは午前中大渕で26尾、午後から大岱で25尾計41尾

石田さんは大岱で25尾

浅利さんは今日は最上流部で52尾

武田さん最上流部25尾

藤平さん兄弟は根小屋堰堤下…二人で 驚きの型揃い27尾と23尾

札幌の米田さんは最上流比立内で55尾

   概    況

曇り、平水、水温22℃、合流から下でも水が澄んできて竿を出す人が増えてきました。
大渕では大宮の鈴木さんが午前中26尾、午後から大岱で25尾計41尾。
根小屋堰堤下では盛岡の藤平さん2人Gが 27と23尾、今期の中流部は中小型が多い中、最上流部に勝るとも劣らない型揃いに見た人唖然…大きいものは22センチオーバー。 岩谷さんは午前中五味堀で14、人が多く撤退、温泉下の下に移って入れ掛かり16尾計30尾。
本日も釣り人は白岩、五味堀方面に集中していましたが、人が多ければあぶれる人も多く、ビリアユにオトリが回らないと嘆く人も…。アブの巣窟最上流は誰かれが行けるもんじゃないですが、チャレンジした人は依然ハイリターン…秋田の浅利さんは良型52尾、札幌の米田さんは55尾、能代の塚本さんは35尾、武田さんは25尾、東京の大堀さんは41尾等々皆さん良型ずっしり釣ってきておりました。
合流から下が澄んでくるにしたがって釣り場も広がってきています。人のヤラナイところがやはりイイ。
 

2017年8月10日(木)

今日の阿仁川 温泉下(午後2時半頃)小又川合流から下もだいぶ水が澄んできました。

温泉下で大宮の鈴木さんが釣ったアユ21尾

白岩で茨城の方が釣ったアユ、今日は44尾。朝方はビリ多いが昼近くからまともなアユに変わり一時入れ掛かり

浅利さんは最上流部で40尾丁度

塚本さんは岩野目で41尾

角さんは最上流部で38尾…ビッグなイワナ一尾(計ったら46センチほど)

上流部の釣果

   概    況

曇り一時霧雨、涼しい~寒い一日。水温20℃台、平水、合流から下も見違えるように澄んできた。川に入っていても濁りが気にならない。というわけで早速温泉下に入った大宮の鈴木さんは21尾の釣果、型は中型、ビリアユ入れれば30チョイ。白岩では茨城の方が44尾、型は中型中心だが数釣りで満足3日で100尾ほど…一時入れ掛かり、朝方はリリーズサイズ多し。同じく白岩で群馬の2人Gが34尾と27尾だが…「アブがいてもいいからもっと大型」ということで明日は最上流部にチャレンジ。上流部では千葉さんが42尾。
本日は全般良く釣れていた印象…数では20前後から40前後。川の雰囲気はイイ感じ…なにより合流から下の濁りがとれてきたのがイイ。
このページのトップへ

阿仁川アユ釣り情報発信「キクチおとり店」

〒018-4515 秋田県北秋田市阿仁前田字下川端201
阿仁川釣り券、オトリ販売
阿仁川天然活き〆アユ販売
携帯:090-7324-5573
モバイルMap↓

お問い合わせ


TEL 090-7324-5573



  




http://www.kumagera.ne.jp/kikuti/