2017年8月10日(木)

今日の阿仁川 温泉下(午後2時半頃)小又川合流から下もだいぶ水が澄んできました。

温泉下で大宮の鈴木さんが釣ったアユ21尾

白岩で茨城の方が釣ったアユ、今日は44尾。朝方はビリ多いが昼近くからまともなアユに変わり一時入れ掛かり

浅利さんは最上流部で40尾丁度

塚本さんは岩野目で41尾

角さんは最上流部で38尾…ビッグなイワナ一尾(計ったら46センチほど)

上流部の釣果

   概    況

曇り一時霧雨、涼しい~寒い一日。水温20℃台、平水、合流から下も見違えるように澄んできた。川に入っていても濁りが気にならない。というわけで早速温泉下に入った大宮の鈴木さんは21尾の釣果、型は中型、ビリアユ入れれば30チョイ。白岩では茨城の方が44尾、型は中型中心だが数釣りで満足3日で100尾ほど…一時入れ掛かり、朝方はリリーズサイズ多し。同じく白岩で群馬の2人Gが34尾と27尾だが…「アブがいてもいいからもっと大型」ということで明日は最上流部にチャレンジ。上流部では千葉さんが42尾。
本日は全般良く釣れていた印象…数では20前後から40前後。川の雰囲気はイイ感じ…なにより合流から下の濁りがとれてきたのがイイ。
 

2017年8月9日(水)

今日の阿仁川 白坂(午後2時頃) 例年だったら数釣りポイントの白坂…そろそろだが…

盛岡の方が午後から合流から下で釣ったアユ、小鮎、ビリアユ混じり
合流下は濁っているが、いれば釣れ具合に変わりない…とはいうものの。

合流から上の白岩で茨城の方が釣ったアユ、昨日は40チョイだったが今日は20尾。型は中小。

   概    況

曇り、平水、水温20℃台。本日も過ごしやすい一日です。鮎釣りにはも少し暑くてもいいんですが。小又川合流から下もだいぶ澄んできました。釣りするには何ら支障がありません。水温が上がってきさえすれば上と同じように釣れるはず…
 

2017年8月8日(火)

今日の阿仁川 荒瀬(午前10時頃)

千葉さんが釣ったアユ

千葉さんが荒瀬で釣ったアユ31尾

水戸の方が白岩で釣ったアユ40尾ほど

前田さんが萱草で釣ったアユ10尾チョイ

小阿仁川で東京の3人Gが釣ったアユ

   概    況

久しぶりに猛暑から解放され過ごしやすい一日。朝から風が強い。水温22℃台。午後一時雨が降り夕方は寒いくらい。
上に行けばアブ、下に行けば濁り。本日も釣り人は合流から上の白岩、五味堀、大岱周辺… 型は少し小振りだが釣れないことには始まらない。全般10尾前後から釣る人で40尾くらいでしょうか。
能代の方は気になる阿仁河川公園で竿を出すもゼロ、白岩に移って13尾、ビリ6尾リリース。山形の前田さんはアブの巣窟萱草で良型混じりで10尾チョイ。白岩では水戸の方が40尾ほど…「狙ったところでググーンとくるから堪らない」回転が効き始めれば鮎釣りほど面白いものはない。二ツ井の佐藤さんも白岩…釣ったのは30くらいだが7尾ほどはビリ。今季ほどビリが多いシーズンもないです。
上流部荒瀬では千葉さんが良型まじえて31尾、中にはマルマル太ってきたものも出てきました。
全般アカツキがだいぶ回復してきています。沢山食って体力付ければパワーは増す…これからが楽しみ。
 

2017年8月7日(月)

今日の阿仁川 五味堀(午後2時頃)

吉川さんが荒瀬で釣ったアユ37尾

竹山さんが中流アチコチで釣ったアユ(2人で30尾くらい)

大岱で能代の方が釣ったアユ20尾

   概    況

暑過ぎです。小又川合流から上は水温が25℃。アユもかなり暑がっている。合流下は23℃。
小又川は19℃…ダムの放流が多く水温が低い。しかも濁り水、放水量の増加は猛暑と台風接近への備え。合流から下は濁りを嫌って殆ど誰もいない。この濁りは2.3日続くそうだ。従って主戦場は合流から上、白岩、五味堀、大岱方面に釣り人が集中、抜かれた後の月曜日、釣果のほどは中小サイズ中心で10~30くらいといったところでしょうか。
 

2017年8月6日(日)

今日の阿仁川 温泉下(午前11時頃)

福士さんは湯口内で21尾午後から大岱で8尾計29尾

東京の方が荒瀬で釣ったアユ20尾チョイ

五味堀で岩手の方が釣ったアユビリ込み30尾チョイ

最上流部で角館さんが釣った良型26尾 …難儀してもやはりモノが違う

   概    況

暑い一日、水温24℃台、水位変わらず平水マイナス10センチ。小又川合流から上は澄み、下は笹濁りと本日も変化なし。
場所、時間、人…にもよるが全般釣れ始まったとのムード。15~40尾くらいは釣れていた感じです。全般小ぶりなのは今季数が多いから仕方ない。流れの緩いところ、浅いところはビリアユばっかり、いくら頑張ってもビリアユバッカリ…オトリにもならない。流れの芯はイイのが来るから回転が効いて数が来る。痩せているは3回の洪水後だから仕方ない。自然界が相手のお遊びもこのくらい楽しめれば十分。
上流部はアブがスゴイ、難儀な思いをしてもリターンが少ない。萱草に下った秋田の方はアブ推定「1200匹」に囲まれながらさほど大きくない鮎15匹。白岩あたりで竿を出した人アブなしで30尾ほど…尾数だけで見れば普通の人が上流、最上流を目指す意味は薄らいできた。
 

2017年8月5日(土)

今日の阿仁川 白岩(午後4時頃)

白岩では清水さんが38尾、捨てたビリ6尾入れれば44尾。少々小振りだが今季この時期この場所では上等

荒瀬で伊藤さんが釣ったアユ37尾

   概    況

今日も暑い、水温24℃台は久しぶり、水位平水マイナス10センチ。小又川合流から上は澄み、下は笹濁り。
場所、時間、人…にもよるが復活の雰囲気です。解禁のロケットダッシュとはもはや比べるべくもないが、洪水後の最悪期は脱したようです。自然界が相手のお遊び、今季、洪水後のこの時期、このくらいのサイズが一日15~40尾ほど釣れればヨシとしたもんでしょう。
 

2017年8月4日(金)

今日の阿仁川 温泉下(午後2時頃)

午前中荒瀬で20尾ほど…午後から温泉下で10尾ほど計30チョイ…中流も復活の兆し

今日の阿仁川 五味堀

白岩では午後から栃木の方がビリアユが混じりなしで17尾

角館さんと藤根さんの釣果

   概    況

暑い一日、水温は23℃台。暑い日が続いています。そろそろ新アカも揃ってきたようです。ビリアユばかりじゃなくなってきました。温泉下で午後から竿を出した藤根さんは流れの真っ芯で17~19センチほどのを1時間半ほどで12.3尾、栃木の型も午後から白岩でビリアユなしで17尾ほど。ひところのビリアユオンパレの最悪期から脱しつつある感じ。新アカは芯から付きます…ポイントは流れの芯がイイ。中流部は殆ど手つかず、濁りもだいぶおさまってきたことだしソロソロ出番が来たような感じですが…上流部はとんでもないアブ…もう普通じゃ行けません。
 

2017年8月3日(木)

比立内で浜名さんが釣ったアユ20数尾

角館さんが最上流部と前田小学校前で釣ったアユ27尾

塚本さんが上流部で釣ったアユ37尾

   概    況

今日もいい天気、朝晩は涼しいが日中が暑い、水温は23℃台と暑い割には上がらない。最上流部は冷たく日中でも18℃台。
本日は上流も中流もキビシイ―一日。最上流部は何とか20~30尾台を釣っては来るが連日となるとキビシイ。ベテランが頑張ってやっという感じ。アブがまたスゴイ。
中流部もキビシイ、数が釣れない上に型が小さい。サカナの数が多過ぎる…群れアユバッカリ。アカが付いてくればまた展開が違うのだろうが…明日はどこ行こうか…思わず「ウウーン」とため息交じりの唸り声。
 

2017年8月2日(水)

今日の阿仁川 荒瀬 (午後3時頃)

荒瀬で秋山さんが釣ったアユ33尾

小林さんが最上流部比立内で 釣ったアユ24尾

最上流部岩野目も川の流れが変わった (川の真ん中が盛り上がってしまった)

塚本さんが岩野目で釣ったアユ33尾

8月2日の釣果

   概    況

今日もいい天気、暑い、水温は23℃台まで上昇、
中流部は場所ムラあるが徐々に上向きの感。相変わらずビリが多い、オトリにならず数尾で撤退の人も。残りアカ、新アカ探し当てると少しまともなアユも釣れてきてはいる。上流最上流は増水前と比べるとサカナは減った感は否めない。それでも復活は顕著。アブ対策必須。
 

2017年8月1日(火)

最上流部で群馬の浜名さんが釣ったアユ(午後から10数尾)最上流部は痩せていないイイアユが目立つ

秋田の方と角館の方が荒瀬、温泉下で釣ったアユ10数尾ずつ こちらまだ痩せと小型ぶりが目立つ

   概    況

今日はいい天気、水温は22℃台まで上昇、水温が上がってくれれば回復も早まる。中流部も少しずつ垢が付き始めて回復の兆しがあるような…ないような。最上流部は痩せていないイイアユだ。増水前とまではいかないだろうが回復の兆し…但し問題はアブ。
このページのトップへ

阿仁川アユ釣り情報発信「キクチおとり店」

〒018-4515 秋田県北秋田市阿仁前田字下川端201
阿仁川釣り券、オトリ販売
阿仁川天然活き〆アユ販売
携帯:090-7324-5573
モバイルMap↓

お問い合わせ


TEL 090-7324-5573



  




http://www.kumagera.ne.jp/kikuti/