阿仁川アユ釣り情報  2014/07/01~07/31 

2014年07月31日(木)

今日の阿仁川「吉田地区」

今日の阿仁川 「吉田地区」



曇り、水位ほぼ平水、ほぼクリアー、水温18℃台~23℃台。

【写真】今日の阿仁川 吉田地区



塚本さんが岩野目で釣ったアユ24.3㌢


【写真】塚本さんが岩野目で釣ったアユ23.4㌢、128㌘




角館の方がお大淵他で釣ったアユ53尾


【写真】角館の方が大淵他で釣ったアユ53尾







7月も今日でお仕舞い、まぁ~よく釣れたもんです。8月もこの調子で釣れる続けてほしいところですが…そう旨くいくかどうか…。 本日、釣り人は上の方に多くいたようです。大岱、五味堀ラインも毎日の攻めですから数はやはり落ちています。盛岡の方が大岱橋の上下で31尾。同じく大岱では 三重の4人Gが30尾チョイ、20尾、10尾、6尾。五味堀では所沢の方が21尾。吉田と桂瀬他で東京の大島さんが48尾。昨日吉田で54尾の方は本日は桂瀬で30尾丁度。

能代の塚本さん2人Gは午前中、吉田で23尾と18尾、午後からダメモトで最上流岩野目…ここで6尾と1尾。大きいものは23.4㌢128㌘。見た限りでは今季一番の大物。 最上流渓谷部、サカナは薄いがアブは猛烈に濃い。

角館の方は小又川と大淵で53尾、人の行く裏に道あり…「大淵には誰もいなかった」ということです。また明日です。




2014年07月30日(水)

今日の阿仁川「大岱地区」

今日の阿仁川 「大岱地区」



晴、水位ほぼ平水、ほぼクリアー、水温18℃台~23℃台。

【写真】今日の阿仁川 大岱地区



大岱で橋本さん釣ったアユ55尾


【写真】大岱で橋本さんが釣ったアユ55尾




大岱で群馬の方が釣ったアユ78尾


【写真】群馬の方が大岱で釣ったアユ78尾






朝方は涼しいんですが、日中は暑い。こんな日は川に入って鮎釣るに限ります。本日もイイ釣りした人が多いです。五味堀では群馬の方が78尾、毎日、よく釣れるもんです。五味堀のすぐ上の大岱では男鹿の橋本さんが55尾、同行の小林さんは43尾。。水戸の3人Gは大岱に行ったんですが人が多くは入れず、少し上の風張橋下流周辺で48尾、42尾、33尾。33尾の方は午前中5尾のみ、午後から挽回です。

白岩と小又で40、30,20尾というのは群馬の生方さん3人G。函館の松田さん、最初大岱入ったが人が多すぎて動けない…砕石場に移動、何のカンの云っても40尾近くは釣った、ということです。

大岱、五味堀の好釣をよそに下の方は少し釣果が落ちるようで、地元の方は大渕で4尾、白坂で9尾
計13尾。青森の方は温泉下と湯口内で12尾、湯口内はポツポツ乍ら良型。白坂では八戸の方が18尾。白坂のアユは良型、ここは下でありながら型がイイ。

毎日、毎日、いつ釣れなくなるかと思って見ているんですが、依然、五味堀、大岱ライン好釣です。が、まともなところでは掛からない。微妙に変なところを「泳がせないと掛からない」…明日も釣れるとイイですネ、また明日です。




2014年07月29日(火)

今日の阿仁川「砕石場」

今日の阿仁川 「砕石場下」



晴、水位ほぼ平水、ほぼクリアー、水温18℃台~23℃台。

【写真】今日の阿仁川 砕石場下



大岱で釣ったアユ76尾


【写真】東京の佐々木さんが大岱で釣ったアユ71尾






晴れのイイ天気、梅雨明け、阿仁川鮎釣りはいよいよ中盤、これからは数より型を狙いたいところですが、何しろ今年は遡上が多く、釣り人が多く、釣果も多い、 多い尽くしでアユが大きくなる間がありません。釣りに釣っておいて今度は大きいのが欲しいと云っても少々無理か、少し釣れなくなって人が引けば大きくもなりますが…

さて釣果デス。全般、少し勢いが落ちてきた印象はありますが、それでも釣る人は釣ってきます。昨日五味堀で76尾の佐々木さん本日は大岱、午前中43尾、午後から28尾の計71尾と連日の70尾台、場所と腕のコラボ。
水戸の3人Gは朝一五味堀イマイチ、小又、その他で多い人が51尾、40尾、不明。宇都宮の7人Gは五味堀で多い人が25尾~あとは不明。採石場に入った茨城の3人Gはトップが47尾、続いて30、20尾「朝方はポツポツ、午後からが良かった」。五城の目の方は白坂で32尾…。

最上流部はアブが出てきています。猛襲というほどではないが対策が必要…しかし、対策万全でも肝心のオサカナの方がお留守では…最上流部は、釣り切られたといってもいいかも…。仙台の人は萱草で10尾ほど、函館の方15尾ほど。この暑い中、日頃運動不足の者が、重いオトリ缶担いで、息切らし、急な山坂登り下り、アブに刺されながら、普段頑張ったことのないほど頑張った割には報い少なし。川越の方は比立内で2尾のみ、今日で撤退。岩野目ともう一か所登り下りした方も持ち帰り殆どナシ。口々に最上流部(萱草、笑内、鳥坂、岩野目、幸屋渡、比立内)「サカナはもういなくなった」。中流部は釣れるには釣れるが場所ムラが結構あるようです。

釣りですから釣れるに越したことはないが、ガツガツしたって釣れるもんでもなし、 大人の遠足、楽しくいきましょう、また明日です。




2014年07月28日(月)

今日の阿仁川「温泉下」

今日の阿仁川 「温泉下」



曇り、時々晴れ間、水位昨日比+10センチ、うっすら濁り、水温18℃台~22℃台。

【写真】今日の阿仁川 阿仁前田下前田温泉下



五味堀で釣ったアユ76尾


【写真】五味堀で東京の佐々木さんが釣ったアユ76尾







土、日にかき回された後ですから、本日はなかなか苦戦の方もいるようで、秋田の方は昼からですが、吉田で「200メートルも探り下ってやっと2尾」 同じく秋田の人がアッチコッチ回って6尾、最上流岩野目まで行って4尾… あれほどいたのに、あれほどハミアトがあったのに今はボケ石ばかり…なんていう場所も出てきているようです。

イイ場所に入らないとせっかくのウデが振るえない、東京の佐々木さんは早朝から五味堀の岩盤、午前中42尾、午後から34尾で計76尾、イイ場所に入って思う存分ウデを振るった釣果。 76尾を聞いた宇都宮の7人G、「オレたちゃ、7人で76尾!!」(実際はもっと、もっと)

ま、76尾は別として20尾、30尾はまだまだ普通には釣れているようで、茨城の3人Gは遅めの入川で桂瀬で27尾、他の方もほぼ同じくらいずつ。 千葉の方も昼過ぎから白岩、30尾ほど。小又川では2時頃から26尾。
荒瀬に入った仙台の3人G多い人は良型30尾チョイ、少ない人は10尾ほど。ま、少し、休ませれば良さそう。ごきげんよう、また明日です。




2014年07月27日(日)

今日の阿仁川「五味堀地区」

今日の阿仁川 「五味堀地区」



雨、水位ほぼ平水、うっすら濁り、水温18℃台~21℃台。

【写真】今日の阿仁川 五味堀地区



最上流部笑内で釣ったアユ


【写真】最上流部笑内で釣ったアユ




五味堀で菅井さんが釣ったアユ54尾


【写真】芳賀君が釣ったアユ40尾






雨はシトシト、時折ザッーとくる程度だが風が凄い。強風で竿を持つのがやっと、逆らうと折れる。加えて突風がくる。掛かると大変…抜けない…何とか抜いても タモまで来ない、懐かしの寄せ取りという人も…。短竿を使う人、折れてもいいような古竿で頑張る人、あまりの風に早上りの人…シーズン始まったばかり、ここで竿を折るわけにはいきません。

雨ニモ風ニモ負ケズ頑張った本日の釣果デス。仙台の文ちゃんは昨日下で失敗、本日は上の大岱で大成功、10時半~3時半まで63尾。五味堀では仙台の菅井さん54尾「ここはまだまだ釣れる感じ」 十和田の方も大岱、20尾で強風撤退。盛岡の斎藤さんは五味堀橋下流で34尾…中流部は昨日に続いて五味堀、大岱ラインが好釣のよう。

最上流部は谷深く、風の影響は軽微かと思いきや、さにあらず強風はまとも…加えて強風で落ちた木の葉がひっきりなしに流れるくる…幸屋で竿を出した秋田の方は四ッつ、 ヘロヘロオトリに最後に来たのが脳天、即死、深い谷で撃沈。同じく最上流部に入った函館の方は良型15尾ほど、だが、良型…メガトンクラス…計ったら、221㍉、 昨日の良型より2ミリしか違わないのに大きく見えること。 能代の芳賀君はアッチコッチ、温泉下、白坂、小又、五味堀、大岱と5ヵ所回って40尾丁度。「五味堀が一番よかった」小又、白坂はZERO、夕方風止んでチャンスと見て粘るも水が冷たいのか不発。

とにかく、今日は雨、風で寒い、冷たい。明日は天気も回復しそう。また明日です。




2014年07月26日(土)

今日の阿仁川「根小屋堰堤下」

今日の阿仁川 「根小屋堰堤下」



曇り、水位+10センチ、うっすら濁り、水温18℃台~22℃台。

【写真】今日の阿仁川 根小屋堰堤下



岩手の方が釣ったアユ86尾


【写真】岩手の方が白岩、大岱で釣ったアユ86尾




白岩で小野寺さんが釣ったアユ64尾


【写真】秋田の小野寺さんが白岩で釣ったアユ64尾






土曜日とあって川は朝から何処も満員です。が…竿が上がらないところは「みんな上がって誰もいない」。釣れるところ、釣れないところ、石の良くないところ、良いところ。 結構はっきりしています。 ポイントを間違うと「いったい何処で釣れるんだよ~」「周りは誰も竿が上がらないし…」とボヤキ節。 イイところに入った人は「イヤ~釣れる、釣れる、阿仁川初めてだけどイイ川だネ~」「また来たい」。 ポイント選びはホントに…悩む…。

さて本日の釣果デス…岩手の方は白岩と大岱で86尾(午後2時半まで)夕方までやれば100尾確実。同行の方は夕方まで残って73尾。盛岡の義昇さんは五味堀で66尾。白岩と五味堀の間で秋田の小野寺さん64尾。 能代の方も五味堀で69尾。仙台の2人G初めての阿仁川は白岩で35.6尾ずつ、「イイ川だネ~」「また来たい」。東京の2人Gは昼まで大岱、30くらいずつ。同じく仙台の方は根小屋堰堤下で午前中10尾ほど「釣れネ~な~、石が悪いし、サカナがいない、誰も竿が上がらない」

白坂では福島の4人Gが15~20尾ほどに「サッパリだ」。採石場では福島の4人Gが「3人が40、30、20尾ほど、もうひと方は遠足」。盛岡の吉田さんは朝一堰堤下ダメで砕石場、ここで30尾どまり。 同じく採石場では仙台の菅井さんが48尾。小又川では青森の方が40尾丁度、「小又川は人が少なくのんびりゆったり」。温泉下では秋田の三浦さん36尾、夕方バタバタ入れ掛かり…東京から飛行機で日帰りという古川さん温泉下で24尾。


本日はどちらかというと上に入った人に分があったようです。中流部、型は何処も同じ感じ…M、S、たまにL。 最上流部は Ⅼ、LL但し数はもう出ない、20尾いけば御の字…さて明日はどうなりますことやら、ごきげんよう、また明日です。


2014年07月25日(金)

今日の阿仁川「白坂地区」

今日の阿仁川 「白坂地区」



晴れ、水位ほぼ平水、うっすら濁り、水温18℃台~22℃台。

【写真】今日の阿仁川 白坂地区



最上流部で釣ったアユ


【写真】最上流部で釣ったアユ




阿仁前田八幡橋上下で釣ったアユ


【写真】阿仁前田八幡橋上下で釣ったアユ








濁りはうっすら濁り、水位ほぼ平水まで回復、釣り日和です。 早朝より沢山の釣り人が上へ下へと…奮闘した本日の釣果デス。那須の4人Gは桂瀬と温泉下、朝方桂瀬で10連発あるもその後パッタリ、温泉下に移動して…何とか40尾弱~少ない人は15.6尾。 福島の田崎さんは桂瀬で39尾ビリ込み「周りは竿上がらず」。阿仁前田八幡橋上下では群馬の方が32尾。大岱ではつくばの田野さんが44尾。福島の高木さん3人Gは温泉下で多い人が34尾、他の方は30前後ずつ。

パチンコ下に入った盛岡の澤泉さん「石の状態があまりよくない…半信半疑で竿を出す…ポツリポツリで1日中、10時間、数えてみれば44尾」。 青森の方は昼頃から白岩、2時間で25尾「釣れました」。小又川では青森の人が40尾チョイ。秋田の方はアッチコッチ回って「3人で40尾弱」「大苦戦」。 福島の方は阿仁河川公園で要所回ってようやく10尾ほど、白坂に移動して25尾、計35尾。 五城目の門間さんはババヘラで一日中、午前中34尾、午後から失速17尾で計51尾、「ここはトロが稼ぎ場だったが今回は瀬」。

中流部、型はL、M、S、混じり、何処も同じ感じ…中には釣っても釣っても「S,Mの世界、もうどうにでもして…」という人も。 ま、毎日、毎日、同じところを入れ替わり、立ち代わり…大きくなる間がないのも無理からぬところ…

明日は土曜日、どの川行かれましても、安全第一、釣果は第二…ごきげんよう、また明日です。




2014年07月24日(木)

今日の阿仁川「下前田温泉下」

今日の阿仁川 「下前田温泉下」



晴れ、水位昨日比+40センチのち15センチ、茶濁りのち薄濁り、水温18℃台~21℃台。

【写真】今日の阿仁川 下前田温泉下(昼前)



下前田温泉下(夕方)


【写真】下前田温泉下(夕方)







昨日の雨は大した降りにならず増水も+50センチほど、茶色に濁ってはいましたが、水位が下がるにつれ濁りもとれ夕方には薄濁り。水位も増水前比20センチほどまでに回復です。 水位が下がるのが早かったため、濁りが茶色に残る昼でもう竿を出す人が出始めていました。 釣果のほどはといえば、10尾前後~20尾前後。
明日には問題なく完全再開、水の引き際、濁りの澄み際、チャンス到来、また明日です。





2014年07月23日(水)

今日の阿仁川「大岱」

今日の阿仁川 「大岱地区」



曇り、午後から雨、水位昨日比+20センチ、薄濁り、水温18℃台~20℃台。

【写真】今日の阿仁川「大岱地区」



函館の方が釣った小又川アユ


【写真】函館の方が小又川で釣ったアユ。






雨は午後からポツポツ降り始め夕方には一時本降りに、その後は降ったり止んだり、夜になってまた本降り…雨の予報のせいか釣り人は少なめ。支流小又川はダムの放水で朝方から水が多い。 小又川上流のダムの放水は不規則しかも予告なし、油断しているとオトリ缶が陸になったり、流されたり…本日みたいにホントに雨が降っている時は中州などにいると危ない。
北海道の2方、本日は小又川、放水で水が多く、時折ゴミなども流れてくる中、良型ゲットしようと朝から頑張ったものの26尾と「失敗、こだわり過ぎた」大した良型も出ずじまい、同行の方も似たような釣果。 川原のない小又川、水が増えると立ち位置がなくなる。川の中に立ち込むことになるが、石が大きいため小股では往生する。

水温は低めで推移、朝方18℃台、日中20℃台に上がったものの雨の降り出しとともに18℃台に低下、アユの活性も悪そうな日ですが…

本日の釣果デス。温泉下に入った2人Gは午前中だけだがやっと十二三。 大岱に入った群馬の方は27.8尾、イイところ先に入られその人はバタバタ…自分はポツ、ポツ。雨の降り出し直前に大急ぎで五味堀に入ったつくばの方、雨の中夕方まで30尾ほど「釣れた、釣れた」と大喜び。 栃木の3人Gも五味堀、58尾、58尾、54尾、ホントはもっと釣れるハズなんだが、岩盤にいるサカナが難しい…

今夜も引き続き雨の予報、丁度イイ恵みの一雨になってくれれば イイのですが…また明日です。




2014年07月22日(火)

今日の阿仁川「堰堤下」

今日の阿仁川 「根小屋堰堤下」



曇り、水少なめ、濁りなし、水温18℃台~23℃台、釣り日和デス。

【写真】今日の阿仁川「根小屋堰堤下」



函館の方が釣ったアユ


【写真】函館の方が小又川と大岱で釣ったアユ73尾。






三連休の後、隅から隅まで竿の入っていないところなどないのに、釣る人は釣って来るもんですネ~。函館の2人Gは小又川と大岱で73尾、もう一方は50尾チョイだが途中昼寝。福島の2人Gも大岱で35.6尾ずつ。根小屋堰堤下では横浜の3人Gが50尾くらいずつ、五城目の方は白坂と大渕で40尾ほど、昨日十数尾で不釣だったという群馬の方も大岱で30数尾、温泉下では2人Gが二人で50尾ほど…型は何処も似たり寄ったりL,M,S混じりMサイズ中心。

上流部萱草に入った人は失敗、 ポツリポツリで撤収、下のどこかで20尾にしたものの、やはり、せっかくの休み、もう少し数釣りたかった、残念、今の上はリスクが伴う。一頃爆釣の大岱、トンと聞かなくなっていたんですが、復調してきたムードです。

根小屋堰堤ではいまだサカナが魚道を越えていくようです。遡上時のような大規模なものではありませんが、ソコソコの数が上っているようです。 ここをサカナが上るということは他のポイントでも同じような上への移動があるということ、ダメなポイントが良くなったり、釣れていたポイントにサカナがいなくなったり…シーズンいっぱいこの繰り返し… 釣れる釣れないは、場所とタイミング…明日も頑張って、釣るぞ!! いや待て、明日は雨の予報、ここはムリせず雨の後に期待した方がよさそうかな…ごきげんよう、また明日です。





2014年07月21日(月)

今日の阿仁川「温泉下」

今日の阿仁川 「白岩」



晴れ、暑い一日、水位少なめ、濁りなし、水温18℃台~24℃台、本日も釣り日和デス。

【写真】今日の阿仁川「温泉下」



村田寅ちゃんが釣ったアユ


【写真】村田寅ちゃん、本日は105尾

 連日の100オーバーに…

「何じゃ、この釣れ方は~!!」

角館の方小又で釣ったアユ


【写真】角館の方小又で釣ったアユ


塚本さんが萱草で釣ったアユ


【写真】塚本さんが萱草で釣ったアユ




連休最後の日、青空の広がる絶好の釣り日和です。水は少なめ、釣り人多め、サカナも多めですが、釣れる人には不思議なくらい釣れる。 村田寅ちゃん、昨日に続いて本日も100尾越えの105尾、場所は白岩、午前中3時間半で46尾、午後から5時間で59尾、計105尾。「岩盤からアユが湧いてくる」 「狂ったように追ってくる」「なんじゃ、この釣れ方は!!」。

100尾越えは別格にしても、本日も終わってみればよく釣れていたようです。盛岡の高橋GOさんは午前中大淵5時間で9尾…さすがにしびれを切らし移動…前田小学校下、ここで39尾、計48尾。 五城目の門間さんは根小屋堰堤下で20尾、得意のババヘラに移動して30尾、計50尾。小又川では角館の方が51尾。平泉の今野さんと鈴木さん桂瀬で午後2時頃まで、36尾と17尾。 仙台の高橋さんは朝一採石場で3尾、人多く下流部道城に移動…44尾計47尾。岩手の方は白坂で18尾、同行の方は不釣につき数不明。

上の方では大岱から五味堀にかけて男鹿の橋本さん41尾。最上流部笑内では盛岡の浅利さんが12尾。荒瀬と大岱では岩手の祐介くん41尾。萱草では能代の塚本さんが幅広良型揃いで45尾。

最上流部は埼玉の方が2尾「もう行くところない」東京の2人G、本日は誰も知らない秘密の場所探索、丸一日かけて見事なZERO…サカナはいるが掛からない… 待ちに待ったアブがチラホラ出現してきたようです。最上流部のアユはこれからが楽しみです。ごきげんようまた明日。




2014年07月20日(日)

今日の阿仁川「白岩」

今日の阿仁川 「白岩」



晴れ時々曇り、水位ほぼ平水、早朝茶濁り、徐々に濁りがとれ、夕方には薄濁り、 水温18℃台~21℃台。

【写真】今日の阿仁川「白岩地区」



村田寅ちゃんが釣ったアユ


【写真】村田寅ちゃんが釣ったアユ119尾


村田寅ちゃんが釣ったアユ


【写真】村田寅ちゃんが釣ったアユ119尾




昨日の濁りは早朝にはまだ茶色、午前中かけて徐々に薄濁りまでに回復、午後には殆どクリアー、上流ほど濁りがなく朝から竿を出す人多数。濁りで川底一面ドロ被りになった石も夕方には黒々と磨かれています。今季はやはりサカナが多いんですネ~。

さて本日の釣果です…本日はなんといっても村田寅ちゃんの119尾がダントツです。午前中濁りの薄い白岩で41尾、午後から白坂に移動ここは1尾で早々と見切り、根小屋堰堤下に移動77尾、計119尾。 型は16㌢~19㌢。

足立の方も白岩で40尾チョイ、桂瀬では仙台の菅井さんが43尾、平泉の今野さんと鈴木さんは午前中白岩で午後から桂瀬で36尾と30尾。温泉下では岩手の方が53尾、浦田橋下大淵では仙台の 高橋さんが64尾。型は何処も16~19センチほどの中型中心。

上流部湯口内、阿仁河川公園、荒瀬など上流部に入った人は殆どが”スカ” 最上流部も補充なく殆どアユがお留守、釣れるのは変なところ、型も落ちてきています。 とにかく最上流部にしては人が入り過ぎ…誰も知らない秘密のポイントにはいつも先行者がいる状態 、ここは釣り人を阻むアブの出現を待ちたいところ… 数を釣るならやはり中流部中心、L、M、S、サイズ混じりながら数は釣れている。昨日冴えなかった栃木の方々も本日は白坂で30尾ほどずつ…明日も楽しい釣りができますよう、ごきげんよう、また明日デス。




2014年07月19日(土)

今日の阿仁川「桂瀬」

今日の阿仁川 「桂瀬」



午前中は晴れ間の広がる釣り日和、午後から一転ゲリラ豪雨、茶濁り、30~40センチほど増水、水温18℃台~21℃台。

【写真】今日の阿仁川「桂瀬」



根小屋堰堤下


【写真】根小屋堰堤下、盛岡の方は堰堤下と採石場で52尾

芳賀くんが釣ったアユ


【写真】芳賀君が温泉下と白坂で釣ったアユ


萱草のアユ


【写真】川越の方が萱草で釣ったアユ




本日は昼過ぎからのゲリラ雷雨で竿仕舞い、川の増水は30センチか40センチほどと大したことはないが、濁りがひどい。上流部で時間68㍉の大雷雨だそうだ。それでいて最上流部の方は全然降らなかったらしい。 このまま降らなければ、濁りが行ってしまえばそれで再開となるんですが、いつ取れるのかは分からない。

さて本日の釣果…雷雨で竿仕舞いとなった3時前後までの釣果です…、盛岡の波多野さんは根小屋堰堤下と採石場で52尾、同行の2人は35尾、35尾、型は大、中、小混じり。五城の目の門間さんは堰堤下で37尾 白坂で20尾で57尾。堰堤下で型のイイのが混じったということです。芳賀君は温泉下で12尾、白坂で31尾で計43尾。福島の岡村さんは大渕で35尾…

午後からの雷で竿をしまったり出したり、落ち着かない 釣りでしたが、本日も釣る人はしっかり釣っている一日、勿論、釣れない人もおりました。阿仁河川公園で午後からやってマイナス1尾とか、早朝から採石場に入った栃木の方々は釣れないとボヤクことしきり、何処行こうか思案の末に温泉下、ここでポンポンと三つ四つ来たところでゴロゴロカミナリ…。この雨でサカナが動けばまたチャンスが巡って来る。ここは 1日、2日の辛抱、釣りは何でも我慢、我慢…また明日です。




2014年07月18日(金)

今日の阿仁川「白坂上」

今日の阿仁川 「白坂上」



一日中曇り、ゲリラ豪雨の予報あるも降らず、水位ほぼ平水~やや少な目、水温18~21℃台、濁りなし。

【写真】今日の阿仁川「白坂上」



浜名さんが白坂他で釣ったアユ


【写真】浜名さんが白坂他で釣ったアユ51尾

群馬の芝塚さんが桂瀬で釣ったアユ58尾


【写真】群馬の芝塚さんが桂瀬で釣った58尾


武田さんが萱草で釣ったアユ


【写真】武田さんが萱草で釣ったアユ32尾のうち一番でかいヤツ





本日も中流下部が中心の展開デス。上のほうはよほどの竿抜けにでも当たらない限り、大釣りはムリのようです。能代の方、上もそろそろ回復しているんではと得意の阿仁河川公園に入ったんですが全然ダメ、移動して吉田でようやくの16尾 、型もさほど大きくなく中型中心「釣り人もオレ一人」。荒瀬では川越の方10尾のみ、型は17~18センチと「小さくなったね~」。

険しい最上流部も人の入らないところはなく、道なき道に道が出来てしまっている状態。比立内川と幸屋に入った団長と函館の方は15尾と6尾。型はマズマズの19㌢前後。 「木の覆い被さったところとか、普通に竿の出せないところでしか来ない」「小太刀が有効」。40尾チョイ釣っていた人もおりましたが、かなりいい方です。 萱草では秋田の武田さんが32尾大揃い、「イイところではビリッとも来ない」という中での釣果はサスガです。

一方、中流下部の白坂、桂瀬、採石場はイイ釣果を叩き出す人が結構います。桂瀬では群馬の芝塚さんが58尾、型は中型中心に大混じり。同じく群馬の浜名さんは午前中白坂で30尾、午後から 大淵で21尾で計51尾。白坂では宮古の中居さんも33尾だがバラシ15尾「バラシがなければ48尾」と悔しそう。砕石場では高崎の狩野さんが63尾。温泉下では福島の田崎さんが30尾チョイ…

全般、場所さえ間違わなければ20尾前後~30尾前後はいけてる感じだがどうか… 明日から三連休、どなたさんもどの川にいかれても安全第一、釣果第二で…ごきげんよう、また明日です。




2014年07月17日(木)

今日の阿仁川「温泉下」

今日の阿仁川 「下前田温泉下」



晴れのち曇り、午後から時折ザッァっとごく短時間の雨、水温17℃台~23℃台。水位はほぼ平水からやや少な目、濁りなし。

【写真】今日の阿仁川「下前田温泉下」



最上流部で釣ったアユ

笑内で塚本さんが釣ったアユ43尾


【写真】笑内で塚本さんが釣ったアユ43尾

最上流部で塚本さんが釣ったアユ

函館の方が釣ったアユ21.9㌢106㌘


【写真】函館の方が幸屋渡で釣ったアユ21.9㌢106㌘




天気もよく水温23℃台まで上昇、水もクリアー、コンディションは絶好、中流部で場所さえ間違わなけれそれぞれマズマズそれなりに釣れたんじゃないでしょうか…。

本日もそれぞれ様々な釣果デス。盛岡の吉田さんは砕石場と根小屋堰堤下で67尾、角館の方は午前中最上流部笑内で39尾、午後から小又川で18尾計57尾。能代の塚本さんは最上流部のキツイところ2ヵ所も下り登りして43尾良型揃。しかし、最上流部も人跡未踏のところなどナシ、一頃より、サカナも薄くなりました。良型40尾釣るとなると相当なチャレンジ。盛岡の高橋さんは伏影、降り口探し当て下りたものの3時間かけてたったの3匹、その後中流下部白坂に戻って17尾、大淵で9尾で計29尾、もう疲労困憊、聞いてるだけでも疲れる。阿仁川の終点比立内川と打当川の合流点下では群馬の吉田さんが半日で27尾、大きいもので21センチ弱、型揃い平均19㌢。

東京の大堀さんはアッチコッチで63尾。回ったのは砕石場と、桂瀬、道城の3ヵ所…調子よくポンポ~ンと竿が上がると、ドサッと人が入ってくる。白坂では青森の高木さんが昼過ぎまでやって55尾、引き舟にギュウギュウ詰めのサカナが全滅…お仕舞い「なんぼでも釣れる感じ…」。福島からの方は採石場で45尾。白坂ババヘラでは五城目の方が46尾、瀬ではなかなか来ない、瀬肩、トロで泳がせて…。同じく白坂では群馬の浜名さん38尾、同行の内田さん40尾、結構型もイイ。盛岡の穴窪さんも白坂、昼過ぎまでやって29尾「俺でもこのくらい」……また明日デス。




2014年07月16日(水)

今日の阿仁川「大淵地区」

今日の阿仁川 「大淵地区」



曇り、午後から時折小雨、水温17℃台~19℃台。ほぼ平水、薄濁り。

【写真】今日の阿仁川「大淵地区」

群馬の内田さんはここで48尾。

大淵で釣ったアユ

群馬の内田さんが大淵で釣ったアユ48尾


【写真】群馬の内田さんが大渕で釣ったアユ48尾。

白坂と温泉下で釣ったアユ77尾

八戸の成田さんが釣ったアユ77尾


【写真】八戸の成田さんが白坂と温泉下で釣ったアユ77尾。


米沢さんが白坂で釣ったアユ

米沢さんが釣ったアユ64尾


【写真】雫石の米沢さんが白坂で釣ったアユ64尾




午前中は少し蒸すような感じだったが、午後から時折小雨、気温、水温は上がらず、最高水温は20℃に届かずじまい、川に入っていると寒い。

上のほうはサッパリ…1尾とか、3尾とか、何処のポイントも人がいっぱいだが、全然竿が上がらない…とか入ってくる途中経過は、はかばかしいものではない…今日は釣れない日かな…と、まぁつい悲観に傾いてしまいながら、釣果を待つんですが…

なかなかどうして皆さん結構釣ってます。八戸の成田さんは白坂と温泉下で77尾。白岩では群馬の生方さんが42尾。五味堀では岩手の方が30尾チョイ、大渕では群馬の内田さんが48尾。

上の方はやはり隅々まで徹底的に叩かれた感じ、イイ釣果が出てきません。抜かれているし、補充がナイ、石がぼやけている…雫石の米沢さんは最初上で型のイイ旨いアユを獲ろうと入ったんですが、サッパリ、下に移動して白坂、ここでサスガの64尾、結構型のイイのも混じっています。函館の方は萱草の上で小雨そぼ降る中粘りに粘って21尾、「もう何処にも人の入らないところはナイ」。群馬の吉田さん最上流部ポツポツ拾い釣りして17尾、ぐっと下ってパチンコ下、ここで12尾の計29尾。

五味堀の上小様合流辺りで男鹿の方は35尾、先行者2尾で撤退後の釣果。東京の方、朝一荒瀬でダメ、思案に思案重ねて、アッチコッチ…終わってみれば50に2尾足りずの48尾…。イイところがダメになったり、ダメなところが良くなったり…シーズンコレの繰り返し、明日も何処かで誰かがイイ思!?…ごきげんよう、また明日です。




2014年07月15日(火)

今日の阿仁川「桂瀬採石場」

今日の阿仁川 「桂瀬採石場」



曇り時々晴れ、水位ほぼ平水。水温16℃台~21℃。うす濁り

【写真】今日の阿仁川「桂瀬採石場」

仁賀保の方はここで52尾。

大淵

大淵地区


【写真】大淵地区、群馬の浜名さんはここで64尾。

大淵で釣ったアユ

浜名さんが釣った64尾


【写真】群馬の浜名さんが釣ったアユ64尾。


北海道の方が小又川で釣ったアユ

北海道の方が小又川で釣ったアユ


【写真】北海道の方が小又川で釣ったアユ46尾




水位がガクンと落ちてほぼ平水に回復、日が差して水温は久々に20℃オーバーこうなってくるとやはり釣れます。今日は上から下まで全般「釣れる日」です。

角館の方は午前中、最上流部鳥坂43尾、午後から牛小屋下36尾計79尾。最上流部は体高のある惚れ惚れアユ揃い、中流部はマズマズ中型揃い。同じく最上流幸屋渡に入った千葉の高松さん午前中で仕舞、30尾丁度、これも型揃い。宮城の阿部さんは30分歩いて荒瀬の上の上で32尾。同行の川越の方も40尾ほど、「ここのアユ、釣った直後の美しさと云ったらない」「思わずほおずりしたくなるアユばかり…」

群馬の吉田さんは吉田で3尾、移動…上流部秘密のポイントに行くも先行者あり…第二秘密ポイントには潜入成功21尾、計24尾、数はとれなかったが型は良し。能代の方は荒瀬の橋の下でたったのイッピキ、移動…アチコチ見て回ってたどり着いたのが温泉下…ここで20尾丁度ゲット…一歩間違えばイッピキで仕舞…ホット胸なでおろす。萱草では仙台の方が40尾丁度。小又川では北海道の方が46尾。小又も上の方はマズマズ良型混じり下は中型。午後からシイタケに向かった能代の方30尾丁度、良型混じりの中型揃い。


採石場では仁賀保の方が52尾、同行の方も30尾。白坂上では盛岡の方が47尾、中型中心。大岱で100尾二回の浜名さん、本日は大淵で64尾、大岱は?「あそこはもうサカナがイネェ~」。場所は変われど、釣れる人は変わらず。釣りは釣れるとホントに楽しいですネ。ごきげんよう、また明日。




2014年07月14日(月)

今日の阿仁川「大淵」

今日の阿仁川 「大淵」



曇り時々晴れ、水位+15センチほど。水温16℃台~19℃。うす濁り。

【写真】今日の阿仁川「大淵地区」



最上流部で釣ったアユ

最上流部のアユ


【写真】最上流部伏影で高松さんが釣ったアユ

最上流部で釣ったアユ

高松さんが最上流部で釣ったアユ


【写真】最上流部伏影で高松さんが釣ったアユ30尾丁度


上流部で釣ったアユ

上流部で吉田さんが釣ったアユ


【写真】上流部で群馬の吉田さんが釣ったアユ31尾。




水位がなかなか下がらない先日の大水が治まりきらない。増水前より15~20センチほど高い、場所によっては増水前の腰切りが胸まである。水温も上がらない。阿仁前田周辺で最高19℃台、上流ならもっと冷たい。

多くの人が入れ替わり立ち代わり隅から隅まで攻め立てた日曜日の翌日、さすがに本日は全般釣れない日のようです。
本日の釣果です…上流部荒瀬に入った川越の方、一日ずっと釣り下ってやっと20尾。 温泉下では秋田の2人がアチコチ探って2人で46尾。午後から桂瀬に入った岩手の方は4尾、明日のオトリ。 いつも5尾目標の秋田の方、本日は採石場で5尾、大淵で一人貸切り(上の写真)15尾で計20尾、今季自己最高、Vサイン。

阿仁河川公園に入った千葉の高松さん、探りに探るも抜かれた後…次に向かったのは最上流部伏影、山坂下って釣ったアユが上の写真、30尾丁度、大は206㍉、計って20センチ越えは今季 今の時期ではなかなかのサイズ。群馬の吉田さんも昼頃から上流部に入って31尾、これも良型揃い、「小さいのはポイ、数に入れない」

ソロソロかな~と思いきや、ご安心あれ、本日あたりこの水で根小屋堰堤をかなりの数が越えている。また明日です。




2014年07月13日(日)

今日の阿仁川「下前田温泉下」

今日の阿仁川 「下前田温泉下」



曇り、午後は小雨。水位は+15センチ位、昨日とそんなに変わりません。場所によって丁度良い~少し高め。薄濁り。水温17℃台~18℃台。

【写真】今日の阿仁川「下前田温泉下」



大岱で釣ったアユ51尾

仙台の菅井さんが大岱で釣ったアユ51尾


【写真】仙台の菅井さんが大岱で釣ったアユ51尾

最上流部で釣ったアユ

比立内で角館の方が釣ったアユ


【写真】比立内で角館の方が釣ったアユ


岩野目で釣ったアユ55尾

塚本さんが岩野目で釣ったアユ


【写真】岩野目で塚本さんが釣ったアユ55尾




水温16℃台~18℃台と川に入っていると冷たい…加えて午後からシトシト小雨に濡れるもんだから寒い、寒い。竿を持つ手にぶるぶる震えるが来る、その震えでまたアユが掛かる… なんて数釣る人は軽口叩くけど…
本日は日曜日、人が多いから釣れない人も多くいる。人が入りやすいところは入れ替わり立ち代わり… 釣れないところでヘロヘロオトリを何時間引き回したところで掛かるわけはない。へたすりゃ、タネ切れ、お代わり、なんていうことにだってなりかねない。 やはり、こうなると通い込んで場所を知らないとなかなか難儀。釣る人は人の入らないところ、入らないところと探し探して、頑張って、頑張って釣っている。

さて本日の頑張った釣果です。仙台の菅井さんは大岱で51尾、同行の中学生の息子さんは22尾。秋田の大森さん、何処も人が多く、入るところがナイ、温泉下の下を見たら誰もいない、そこで一日一人42尾。温泉下では群馬の方が 49尾。皆が行く上流を避けて敢えて下の桂瀬に入ったのは青森の高木さん、45尾で正解。最上流部比立内地区に入った角館の方は幅広良型揃いで53尾。岩手の寺沢さんは激戦区の荒瀬、 橋から見えないところまでずっと下ってバタバタ入れ掛かり36尾、午後から移動して温泉下、ここで22尾追加、計58尾、同行の二人も46尾、35尾。

きついのぼり下りも何のその、最上流部岩野目では千葉の高松さんが43尾これも幅広良型揃い。 同じく岩野目に入った能代の塚本さん良型55尾…最上流部のアユはやはり下のものとは違います。最上流部の魅力に取りつかれた人はアブがいようが熊が出ようがもう下には戻れない。

渋い、渋いと関東からのお二方、よくよく聞いて見ますと、早々と川原で一杯…疲れついでにぐっすり昼寝、それで10尾に渋いシブい。ま、それもこれも釣りのうち、楽しければそれでイイ…ごきげんようまた明日。




2014年07月12日(土)

今日の阿仁川「下前田温泉下」

今日の阿仁川 「下前田温泉下」



晴れたり曇ったり、午後からじとじと小雨、水位+15センチ、薄濁り。水温16℃台~19℃台。

【写真】今日の阿仁川「下前田温泉下」



風が強い

下前田温泉下


【写真】こんな浅いチャラでもよく掛かっていた。

白坂で釣ったアユ

白坂で釣ったアユ


【写真】盛岡の高橋さんが釣ったアユ、白坂で46尾、温泉下で7尾計53尾。


大岱で釣ったアユ

大岱で釣ったアユ


【写真】大岱で釣ったアユ71尾


大岱で釣ったアユ

下前田温泉下で釣ったアユ


【写真】温泉下他で釣ったアユ54尾



晴れたり、曇ったり、水位は+20センチほどまでに下がって、場所によって丁度良い~少し高め。薄濁り。水温17℃台~19℃台。

増水で二日休んで本日から再開デス。 本日も場所によって人によって様々、午前中は渋めでも、午後からバタバタ来た人、午前中からポツポツ、午後良くなるかと思ったら、それっきり、とか…

同じところ3回も行ったりきたりで71尾、「一日中差してきている感じ」とは盛岡からお出での方、場所は100尾が2回も出ている大岱。 五城の目の方は朝方白坂で1尾、場所を替えて小学校下でダメ、 阿仁河川公園で17尾計18尾。思ったところで来ない。盛岡の高橋さんは朝方大淵…ダメ、白坂に移って46尾、50は越えたいと夕方温泉下で7尾とって53尾。 角館の方は朝方牛小屋下でポツリポツリ、温泉下の下でもポツポツ、温泉下に移って入れ掛かりで54尾。昼からゆっくり来たのは盛岡の千葉さん温泉下で夕方まで37尾。 荒瀬で53尾釣ったのは十和田の若い方、50尾オーバーは鮎釣り初…

ま、本日も釣れたり釣れなかったりいろいろ有りながら、終わってみればよく釣れてた感じです。明日は更に水が落ちて、増水後のチャンスは広がるとは思うんですが…また明日です。



2014年07月11日(金)

今日の阿仁川「支流小又川」

今日の阿仁川 「小又川平里橋下流」



曇り、時折アオゾラも顔を出す。昨日の大雨で川は増水、茶濁りですが、ドンドン下がって濁りも薄くなってきています。支流小又川では朝から竿を出している人も…

【写真】今日の阿仁川「支流小又川平里橋下流」
(午前9時半頃)


小又川細越地区

支流小又川


【写真】支流小又川細越地区

「通りかかった時、丁度掛かったところでした」

昨日の大雨で川は増水茶濁りですが、ドンドン下がっています。天気は午前中雨の予報でしたがポツリとも来ずハズレ、アオゾラが顔を出しています。支流小又川では朝から竿を出す人も…このままいけば阿仁川本川も明日にはあまり早くない時間帯なら、竿は出せるような感じがします。

悪条件の中で回復を待ってイイとこ取ると上流に向かった人もいました。結果竿を出してもオトリが泳ぐのは増水前の川原…ということでしたが…ま、チャレンジしないことには始りません…また明日デス。




2014年07月10日(木)

今日の阿仁川「阿仁吉田地区」

今日の阿仁川 「阿仁吉田地区」



雨が降ったり止んだり、時折土砂降り、川は渇水から30センチほどの増水、笹濁り。

【写真】今日の阿仁川「阿仁吉田地区」
(午前10時頃)


小又川巻淵地区

支流小又川


【写真】支流小又川巻渕地区


下前田温泉下

下前田温泉下


【写真】下前田温泉下(午後3時過ぎ)




台風の影響で雨です。午前中は+30センチほどとそんなに増水してなくて、濁りも笹濁り程度ですからやってやれない状態でした。が、台風が来るというこんな日に、しかもいつ増水してくるか分からない雨の中で竿を出しているというのも何だか、傍目からみれば普通の光景じゃない気もします。ま、そんな普通じゃない人も2.3人はいましたが…

一日中、強くなったり、弱まったりを繰り返す雨に川は次第に増水、夜になって1メートルほどの増水。この後も降り続ける予報。というわけで本日川は休み、明日も休み、今後の降り方次第では 明後日も休み…適度なところで止んでほしいんですが…。

…この雨の後、誰かがどこかできっとイイ思いするに違いない…また明日です。




2014年07月09日(水)

今日の阿仁川「下前田温泉下」

今日の阿仁川 「下前田温泉下」



雨が降ったり止んだり、時折土砂降り、川は夕方で20センチほど増水、薄濁り、水温18℃台~20℃台。

【写真】今日の阿仁川「下前田温泉下」


萱草で釣ったアユ

萱草で釣ったアユ


【写真】萱草で釣った良型アユ


萱草で釣ったアユ

萱草で釣ったアユ


【写真】萱草で釣ったアユ


五味堀で釣ったアユ

秋田の方が五味堀他で釣ったアユ


【写真】五味堀他で秋田の方が釣ったアユ











予報は雨だが夕方までは何とか出来るべ、と竿を出す人はいましたが、9時前後から土砂降りの雨、「これじゃ、やってられない」この時点で竿をたたんでお仕舞い…。ま、大方はそうしたんですが、その後の雨はたいしたことなく…粘る人は夕方の終了時間までやっておりました。 午後から20センチほど増水して笹濁り。上流のほうでは夕方で茶濁り。

そんな中での本日の釣果デス…採石場では岩手の方が土砂降りの9時頃までで22尾、茨城の4人は湯口内で5尾づつくらいで帰路…。秋田の方は五味堀と湯口内で28尾。温泉下では午後から大宮の方が30尾丁度、もう一人の方は10尾ほど。雨ニモ負ケズ荒瀬で一日中頑張った東京の方は41尾。同じところで二日では型も数もサスガに落ちる。萱草では宮城の方が43尾、同行の方も42尾。ここは型が良く、大きいもので198㍉。明日は一日中、本降り雨の予報…また明日デス。




2014年07月08日(火)

今日の阿仁川「湯口内地区」

今日の阿仁川 「下前田温泉下」



晴れ、水は少なく渇水気味、水温18℃台~24℃台。濁りなし。釣り日和です。

【写真】今日の阿仁川「湯口内地区」


大淵

大淵地区


【写真】大淵地区では地元の方が午前中28尾、一時入れ掛かり。盛岡の高橋さんもここで29尾、前田小学校下で19尾計48尾。


荒瀬で釣ったアユ

荒瀬で東京の方が釣ったアユ85尾


【写真】東京の方が荒瀬地区で釣ったアユ85尾


比立内で釣ったアユ

角館の方が前田小学校他で釣ったアユ54尾


【写真】角館の方が釣ったアユ54尾











解禁から8日目、釣れる人と、釣れない人、差が激しいデス。荒瀬地区で85尾という方もいれば…最上流部で死ぬほど難儀して1ッ匹、その後、中流部アチコチ回って結局この1ッ匹なんていう方も…。

それにしても 釣る人は釣りますネ~。それでもよほど運の悪いことでもなければ10尾前後~20尾前後は釣れる感じ。ま、30も釣れれば御の字、40釣れれば相当イイ方、50以上なんていうのは、よほど腕が良くて、頑張りも凄い…。ましてや85尾なんてのは信じられないという感じ…でしょうか。

さて、本日の釣果です。荒瀬に入った東京の方は85尾、浅い鏡を静かに、サカナを驚かせないように泳がせての釣果。その下に入った川越の方も61尾と好釣「自己新」だそうです。白岩辺りで竿を出した茨城の4人グループは32尾~20尾前後。角館の方は牛小屋下で20尾最上流部で34尾計54尾。最上流部は下りはイイとしても登りが大変、重いオトリ缶かついで、息を切らして、何回も休みながら、死ぬかと思うほど頑張っての釣果。

パチンコでは盛岡の方が36尾、浦田橋上では群馬の2人が45尾と10尾チョイ。盛岡の高橋さんは前田小学校下で19尾、大淵で29尾の計48尾。岩手の方は採石場と小又で40尾丁度。萱草では仙台の高橋さん2人グループが32尾と31尾……シーズンこれからが本番、次第にウデと根性が物を言う(チョイ大げさ)。ごきげんよう、また明日です。




2014年07月07日(月)

今日の阿仁川「下前田温泉下」

今日の阿仁川 「下前田温泉下」



一日中曇り、水は少なく渇水気味、水温18℃台~22℃台。濁りなし。一昨日の泥濁りはスッキリクリアー、川底のドロ被り石もアユのハミでクログロピカピカに回復しています。

【写真】今日の阿仁川「下前田温泉下」


幸屋渡で釣ったアユ

幸屋渡で大原さん釣ったアユ58尾&良型ヤマメ


【写真】大原さんが幸屋渡で釣ったアユ58尾&良型ヤマメ

阿仁川上流部や支流小又川ではヤマメ、イワナが良くかかります。それも良型、アユ掛け針を完全に飲み込んでいるものを今季2.3回見ました。オトリを食いに来ているんですかネ~。

幸屋渡で釣ったアユ

能代の方が幸屋渡で釣ったアユ32尾


【写真】能代の方が幸屋渡で釣ったアユ32尾











昨日の日曜日の混雑とは様変わり、本日、川は静かなムード、水が少ないから流れもゆっくり、時間もゆっくり流れていきます。アユのアタリもゆっくり、ポツンポツン…第一陣の追いッ気の強いアユは殆ど討死したことでしょう。

今は付きかえしを待つ時間帯…、この辺でひとつ雨が欲しいところですがあくまでも適度に。猛烈台風では困ります…。

解禁から1週間、ポイントはどこも抜かれ放題、竿抜けサラ場なんか何処探したって残っていません。そんな中での釣果です。採石場と荒瀬で28尾は秋田の方、東京の方は温泉下で31尾。温泉下と河川公園で釣った五城目の方は28尾。大宮の方は午後から河川公園で28尾、温泉下で竿を出した栃木の方は20尾丁度。全体、10尾前後から20前後といったところでしょうか。

最上流部幸屋渡に向かった大原さんは58尾と好釣、同行の方も32尾とマズマズ…。型も18センチ前後中心。源流部ですから一般的ポイントではありませんが、やはりここまで来るとイイ鮎が釣れる。頑張って行くしかないか…いや待て、そこももう抜かれたか…やはり雨待ちしかないかナ~また明日です。




2014年07月06日(日)

今日の阿仁川「大岱(おおだい)地区」

今日の阿仁川 「大岱地区」


一日中晴れのイイ天気、昨日の濁りもとれ絶好の釣り日和。水は少なく、水温18℃台~24℃。

【写真】今日の阿仁川「大岱地区」


吉田地区

吉田地区


【写真】吉田地区






湯口内地区

湯口内地区


【写真】湯口内地区


上流部荒瀬

上流部 荒瀬地区


【写真】上流部荒瀬地区








角館の方が釣ったアユ

角館の方が釣ったアユ


【写真】角館の方が最上流部岩野目と阿仁前田牛小屋下で釣ったアユ57尾です。









昨日の濁りは殆どとれました。濁りの名残に川底の石は全面ドロ被り、でしたがアユがこれ一所懸命掃除です。夕方には黒々にもどり始めています。たぶん明日一杯かかれば元のピカピカ川底に戻るでしょう。

さて、本日、日曜日とあって川は何処へ行っても釣り人だらけ、ポイント選びに一苦労…「やるところがねぇ~」…。竿を出しても「釣れねぇなぁ」の声がアチコチから聞こえてきます。サンデーアングラーの辛いところです。

そんな中ではありますが…能代の塚本さんは人の入りにくい最上流部、岩野目で63尾と好釣デス。型は17~18センチ台中心、釣れるのはイイとして、急峻な渓谷ですから行き帰りがそりゃ大変…チャラトロ膝下限定の方にはとても、とても…。かてて加えてこれからアブの猛襲、「わぁ~考えるだけでもいやだ」という人も…。しかし、自然真っ只中でのアユ釣り、源流志向にはたまらない魅力がある。運が良ければ熊と出会えるかもしれないし…。角館の方も同じく最上流部鳥坂、午後から中流部の普通なポイント牛小屋下とで57尾。萱草では東京の二方が45尾と41尾。

普通の阿仁川ポイントでは吉田で男鹿の橋本さんが35尾と34センチの大イワナ。湯口内では岩手の寺沢さんが32尾、大岱では東京の方が43尾、午前中は全くダメで8尾のみ、夕方でバタバタときたという。温泉下の下では大舘の二方が38尾と17尾。朝方バタバタと来てあとは夕方までポツリポツリ…。阿仁河川公園では能代の三方が15尾、8尾、もう一方は車で昼寝…。ま、全体、10尾前後から20、30尾。40尾いけば相当イイという感じの日。ごきげんよう、また明日です。




2014年07月05日(土)

今日の阿仁川「温泉下」

今日の阿仁川 「下前田温泉下」


晴れ、今シーズン始まって一番の好天ですが、上流部で局地的に降ったゲリラ雨のためか。川は早朝からドロ濁り、水は全く増えていないのに泥濁りデス。本川では釣りができませんでした。

【写真】今日の阿仁川 下前田温泉下


小又川平里橋下流

支流小又川平里橋下流


【写真】支流小又川平里橋下流

小又川では濁りは関係なく竿が出せています。




支流小又川で角館の方が釣ったアユ

支流小又川で角館の方が釣ったアユ


【写真】 小又川で角館の方が釣ったアユ42尾。

このところ本川の方が釣れていますので小又川はあまり竿が出されていなかったんですが、ま、皆さん逃げ川にしてはそこそこに釣れているようで…
能代の塚本さんは34尾、同行の方は22尾、秋田の伊藤さんは20尾、仙台の佐藤さんは50尾丁度…ツ抜け前後から多い人で50尾といったところでしょうか。

支流小阿仁川で浜名さんが釣ったアユ

支流小又川で角館の方が釣ったアユ


【写真】 支流小阿仁川で浜名さんが釣ったアユ21尾。

支流小阿仁川でも濁りはありません。









晴天のドロ濁り…水は全く増えていないのに泥濁りです。全く予想外の展開、釣り人は支流小又川か、小阿仁川、濁りの到達していない下流域、あるいは近隣の河川に逃げ込むしかありません。せっかくの土曜日、爆釣を期待して来たのに…まことに残念な展開となってしまいました。

濁りは少しづつ収まりつつありますが夕方でもマダマダ結構な濁り…それでも収まり具合を見てますと…明日には、濁りは残るものの、何とか竿は出せそうな感じがします。今日がほどよい川休みになったのかどうか…明日のお楽しみです。



2014年07月04日(金)

今日の阿仁川「湯口内地区」

今日の阿仁川 上流部 「湯口内地区」


曇り時々晴れ、午後ゴロゴロ雷、土砂降りがあったが、極めて局地的。水は清澄、水位変わらず低め、水温18℃台~22℃台。

【左の写真】今日の阿仁川上流部「湯口内地区」

浜名さん100尾アユ

群馬の浜名さん今季2回目の100尾達成!!


【左の写真】群馬高崎の浜名さんが又してもやりました!!


前回と同じ大岱で「100尾達成!!」


佐藤さん100尾アユ

仙台の佐藤さん100尾!!


【左の写真】一昨日の浜名さんの106尾に居ても立ってもいられず、仙台から駆け付けた佐藤さん、パチンコ下で93尾、足りない分7尾を温泉下で追加、

「見事、100尾達成!!」

湯口内で釣ったアユ

湯口内で菅原さんが釣ったアユ


【左の写真】湯口内で菅原さんが昼過ぎまでで65尾



幸屋渡アユ

最上流部の幸屋渡のアユ


【左の写真】最上流部「幸屋渡」のアユです

アユは最上流部幸屋渡まで達しているようです。能代の塚本さんが21尾デス。

ここまでアユがいれば阿仁川中どこへ行ってもアユのいないところはない。






解禁から4日目の本日も好釣果の方が出ています。「阿仁川、絶好釣!!」なんて見出しでも付けたくなるような釣れっぷりデス(今のところ)。

一昨日106尾の群馬の浜名さんは本日も100尾達成です。しかも場所が前回とほぼ同じところ…ドンドンアユが差してきている感じです。

浜名さんの106尾を見て矢も楯もたまらず駆け付けた仙台の佐藤さんも100尾達成です。100尾のうち93尾釣ったパチンコ下も毎日竿の出ているところ、竿抜けというわけではないところデス。やはりここも差し込んできているんでしょう。「ただ引いてるだけでググーン…水が綺麗だからキラッと光って掛かるのが見える…一日中一人だけ…入れ掛かり…たまんネェ~」

パチンコのすぐ上の湯口内では能代の菅原さんが昼過ぎまでで65尾、そのすぐ上の阿仁河川公園で竿を出した方は夕方までやって50尾丁度。練馬の団長はもう少し上の方で昼まで44尾、同行の方も36尾。もっと上の阿仁川の終点間近の幸屋渡では能代の塚本さんが21尾デス。アユは毎日毎日、上へ、上へとスピード行軍中という感じです。好天が続きで水温が安定している事もあるかもしれません。

一方、下の方は差し替えし感がありません。イイところは抜かれてしまって竿抜け探し…盛岡の佐藤さんは白坂で41尾。同じく白坂で盛岡の薄木さんが午前中18尾。
大釣りスマイルの陰で「何処へ行ったらそんなに釣れるんだぁ~」という人も…

明日は土曜日、どちらさんもどの川行かれましても、安全第一、釣果は第二で…ごきげんよう、また明日デス。



2014年07月03日(木)

上流のアユ

イイ鮎ですネ~


晴れ時々曇り、朝方は涼かったが、日中が蒸し暑い。水は清く、少なく…水温17℃~23℃台。絶好のアユ釣り日和。


桂瀬で盛岡の方が釣ったアユ

桂瀬地区で盛岡の薄木さんが釣ったアユ65尾


【左の写真】盛岡の薄木さんが桂瀬で釣ったアユ65尾。


上流部吉田地区

上流下部「吉田地区」


【左の写真】上流下部の吉田地区です。朝方橋の上から鮎は見えません。いるのか、いないのか…
ま、やって見ないとワカラナイということで竿を出したのは東京の3人グループ。
10時頃までは反応ナシ…昼前頃からバタバタ掛かり出して多い方が45尾、続いて35尾、18尾とマズマズ…「来た甲斐アリ」。動体視力の衰えか「受け損ないが多数アリ…」

大岱

上流下部「大岱地区」


【左の写真】昨日106尾釣れた辺りです。



大淵

中流下部「大淵地区」


【左の写真】ぐっと下って中流下部、大淵地区。「通りかかった時、丁度一番下の人が掛かったところ」でした。


白坂上

大淵の下「白坂」


【左の写真】大淵の下白坂。「通りかかった時、丁度手前の人が掛かったところ」でした。







解禁から3日目、追いのイイヤツは大分抜かれてしまった感ありデス。こうもグッドなコンディションが3日も続けばそれも仕方のないところ。毎日、釣れなくなるまで攻め続けるわけですから…

時間帯もあるでしょうが、まともなポイントでやっても一発ググッと来て…あとはパッタリそれっきり…「こりゃ、完全に抜かれてる」…移動…そんなパターンが多くなってきました。

三流ポイントを、上に飛ばして…来なけりゃ向こう岸をじっくり泳がせて…ググーン…なんていう芸当を持ち合わせていないと、数は伸びません。「技を使わないと釣れない」という感じでしょうか。盛岡の薄木さんはこの手で桂瀬65尾。練馬の団長もこの手の技が極めて得意、午前中パチンコで40尾ほど、午後から少し上流で良型20尾チョイ、本日も60尾越え。五城の目の門間さんも泳がせ名手、ババヘラ、根小屋、前田小学校と3ヵ所歩いて52尾、数える時2尾逃して50尾丁度。

適度に雨が降って、適度に増水したりしてくれればまた、イイ展開もあるでしょうが…ま、当分それも期待薄…ま、天気頼みよりワザ磨けということか…ごきげんようまた明日。


2014年07月02日(水)

下前田温泉下

朝の下前田温泉下


晴れたり曇ったり、釣り日和です。水は少々少な目、濁りなし。水温朝方16℃台、日中で21℃台。

久々の解禁フィーバーをうけた本日、続いての好釣を期待して釣り人は繰り出しています…が、釣り人の数は意外に少なめ…

大岱アユ106尾

群馬の浜名さんが釣ったアユ


【左の写真】は群馬の浜名さんが大岱で釣ったアユ、釣った数はなんと106尾、根小屋堰堤から上の阿仁川主戦場での100尾越えはそう出るもんじゃありません。サスガです!!





大岱アユ106尾

今の時期にしては型も揃っています


今シーズン、解禁直後にしては型も揃っています。遠い道のりを「通い続けた成果!!」


解禁のアユ

本人もビックリの106尾


阿仁川100尾越え達成に「本人もビックリ!!」
一日中、コンスタント釣れたものの、「99尾からが長かった」ということです。









昨日は解禁で釣り放題、皆さん釣れなくなるまでかき回した後ですから、今日は苦戦する方が多かったのも事実、アッチで三つ、コッチで四つと動き回る方も結構おられたようです。

そんな中、比較的良かったのが上の方…阿仁河川公園では練馬の団長が昼までに40尾ほど、同行の滝川さんは朝一採石場に入るもダメで河川公園に移って38尾。パチンコ下では盛岡の2人が「二人で70尾」等々…

抜かれた後に入るアユの予備軍はいっぱいいるんですが、アユがその気にならないことには始まりません。ま、本日、100尾越えの浜名さんは別格にして、「昨日は良かったのに…」と思わずボヤキが出る日。ま、自然界、この後何がきっかけでスイッチが入るかワカリマセン!! ごきげんようまた明日。



2014年07月01日(火)

解禁アユ釣り

早朝の下前田温泉下


「阿仁川鮎釣りシーズン 沸騰遡上そのまま、絶好釣の幕開けです!!!!」

朝方曇り、日中は日の差す時間帯もあり、マズマズの釣り日和。水は少々少な目、濁りなし。水温16℃台、日中で20℃。

解禁アユ

解禁のアユ


待ちかねた阿仁川ファンが繰り出し、早い人は夜明けとともに竿を出していましたが…

今シーズンの阿仁川、期待にたがいません。沸騰遡上そのまま、狙いのポイントに入った人は竿を出すなり、ガッツーンです。

何しろ相手は何も知らない追星マッキッキの天然アユ、縄張りに入れば一発です。

解禁のアユ

解禁のアユ


ポイントを丁寧に攻めて昼前で30尾、、40尾前後の方は結構おりまし、午前10時半頃には早々と50尾突破という方も…。

型は計って16センチ前後~18センチ前後と期待よりは少し小さ目ですが、型と数は反比例、どっちを取るかで致し方ないところ…。それでもこの時期にしてはこのくらいで十分でしょう!!

解禁のアユ

解禁のアユ


見ていても一日中竿がポツポツ誰かが上がってはおりました。ま、それでも一向に自分の竿が曲がらないという方も…

ま、釣りですからそれもまぁ、ウンやら何やらありますでしょうから…それもまたそれで仕方がない。

それでも本日は、一日やってツ抜けならずというボヤキ、風聞は聞きません。

解禁のアユ

群馬の浜名さんが採石場で釣ったアユ72尾


ポイント的には根小屋堰堤を越した辺りから阿仁前田を中心としていますが、下流、中流、上流問わず、まんべんなくどこでも釣る人は釣っていたようです。

さて、本日の釣果です。
早朝から大岱に入った能代の塚本さんは午前中で61尾、午後から阿仁河川公園で21尾追加して計82尾、大したもんですネ~。阿仁川解禁80尾台は久々です。

解禁のアユ

塚本さんが釣ったアユ82尾


五城の目の方は一日中温泉下で午前中38尾で午後から14尾の計52尾、能代の芳賀君は午前だけで30尾丁度。東京の滝川さんは午前中温泉下で40尾ほど、午後から場所を替えて湯口内、ここで20尾以上、うまく数えれば60尾以上(どういう意味か)。
練馬の団長はパチンコ他2ヵ所で貫禄の72尾。白岩で竿を出した盛岡の方は30尾ほど。

小学校下では八戸の方が30尾ほど。採石場に入った群馬の浜名さんはサスガの72尾。桂瀬では4人グループが最高で65尾~10尾チョイ。阿仁河川公園では能代の2人が57尾と47尾。白岩では秋田の方が70尾丁度。湯口内でも盛岡の方が70尾ほど。上流の荒瀬では千葉の高松さんが36尾、大物狙いでしたが、型は下と同じ…。下流の道城では地元の方が6時から昼まで60尾ほど、ですが型は小ぶり混じり、オトリより小さいのが多数…。

ま、釣れた人、釣れない人、色々、様々でしょうが、総じて「阿仁川解禁は好釣~絶好釣!!」

今後がマスマス楽しみです。ごきげんよう、また明日…。





このページのトップへ


2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
             






http://www.kumagera.ne.jp/kikuti/
モバイル